オープン

BUBU阪神が猛烈プッシュするのは魅力満載のマスタング

2020 FORD MUSTANG GT PREMIUM CONVERTIBLE

2020 FORD MUSTANG GT PREMIUM CONVERTIBLE

2020 FORD MUSTANG GT PREMIUM CONVERTIBLE

ここ数カ月、いつ伺っても常に数台のマスタングがショールームに展示されているBUBU阪神。この撮影当日も、チャレンジャー1台に対してマスタングが3台、店舗の外にも4台ほどのマスタングが並んでいる状態。何故マスタングが集まるのか?その理由と魅力について話を伺ってきた。

どれを選んでも楽しめる、しかし欲を言えばV8コンバーが大本命!

シェルビーGT350や、ブリッドなどのプレミアム性の高いモデルから、2.3ℓ直4のダウンサイジングエンジンを搭載するモデルまで、幅広い選択肢を持つアメリカ生まれのポニーカーであるマスタング。ひと昔前まではV8が最高峰、小さくてもV6で3ℓを切るなんて思いもしなかったが、時代の流れと共に日本を走るマスタングの多くがダウンサイジングエンジン優勢であることは否めない。紹介するコンバーチブルモデルにおいてはその傾向がさらに如実で、噂によると日本国内の現行マスタングにおけるコンバーチブルモデルの大半が、2.3ℓ直4エンジン搭載なのでは?と言われる程だ。

DSC_5393

そんな中、強気の姿勢でダウンサイジングエンジンではなく、V8にこだわって本国より良質な個体を日本へデリバリーしているのがBUBU阪神。2018年より燃料噴射仕様変更に伴い460hpへとパフォーマンスを拡張し、10速AT化の恩恵を受けたストレスフリーなシフトチェンジによるスムーズな加速感の魅力も去ることながら、ロックを外してボタンを押すだけのわずか10秒で開閉可能なコンバーチブル機能を持つGTコンバーチブルは、ほかのモデルとは一線を画す解放感があると語る。確かに屋根を開けて走る行為はそれだけで解放感抜群。それに加えて4本出しのマフラーが奏でる重厚感溢れるV8サウンドを壁一つ隔てることなくダイレクトに堪能できる点は、このモデルならではの特権と言って良いだろう。

また、先代後期から採用された電動パワーアシストのナチュラルかつ剛性感の高いステアリングフィールにより、格段に進化した世界品質のクォリティーは、今までアメ車を毛嫌いしていた方をも唸らせる魅力に満ち溢れている。中国の様にいつガソリン車が廃止になるかわからない昨今だからこそ今買うべきモデルが何たるかを見据え、乗れる内に手に入れておくべきではと、筆者は切に願うばかりだ。

DSC_5361

2017年までは435hp、最大トルク400lb-ft だった5.0ℓV8エンジンが、翌年から高圧のデュアルダイレクトインジェクションシステムと低圧のポートインジェクションシステムを導入して、460hpを誇る高トルク、高回転まで伸びの良いエンジンへ進化を遂げた。

2018年にパワートレインを変更し、10速ATとなったことでV8のパワーバンドをロスすることなく素早くシフトチェンジを施す様に進化。ドライビングモードセレクトも装備されており、電動アシストパワーステアリングとの連動性でお好みのドライビングフィールのセレクトが簡単に行なえることも特筆物だ。

プッシュスターターのボタンを押すと図太い重厚なV8サウンドが響き渡る。その音質をより官能的に味わえいたければ、パドルモードに変更することでそのサウンドを余す事なく任意のシフトチェンジで堪能できる点も、古き良きアメリカのポニーカーらしいトラディッショナルな部分を継承している点と言える。


1968マスタングGT390ファストバックの現代版復刻トリビュートモデル

大排気量NAエンジンを6速マニュアルで思いのままに!マスタングシェルビーGT350

マスタングの最高峰と言えばGT350、記念すべき納車の日に取材敢行!

2012&2013年の2年間限定で、復刻した伝説の名車BOSS 302


BUBU HANSHIN
TEL:06-6427-5151
HP:https://www.bubu.co.jp


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 1月号掲載


関連記事

  1. _N6I5137_ マスタングオーナーたちをウイングオートがサポート
  2. _DSC2808 本国ユニバーサルエアがジェットシティを単独指名
  3. 2018y FORD MUSTANG 6MT、フルハウス マスタングの第6世代では、直列4気筒のエコブーストが設定された。…
  4. 239 男子にも負けたくないから,最先端カスタムを取り入れる!【アズール…
  5. FORD F-150 RAPTOR、フォード F-150 ラプター フォード・F‐150ラプターを超絶ワイド化して独創的にアレンジ
  6. シェルビーコブラ、完全復刻 キャロルシェルビー公認のリプロダクションモデル・MKⅢ
  7. 2018 FORD F-150 LARIAT SUPER CREW 4×4 FX4 Off-Road Package アメリカ国内のパーソナルカーで 販売台数が一番多い人気車なのだ!…
  8. 幼なじみがそろって選んだ、フォード元ディーラーというパートナー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×