クーペ

【シェルビーGT500】まさにアグレッシブの極み760hpのモンスターポニー

2020 FORD MUSTANG SHELBY GT500

2020 FORD MUSTANG SHELBY GT500

2020 FORD MUSTANG SHELBY GT500

かつてのマッスルカーがそうであったように、モダンマッスルもライバルに負けるものかとパワーウォーズを繰り広げているが、そんなライバルたちの戦略を見守るなか、遂にフォードが動き出した。その答えがシェルビーGT500だ!!

可愛らしさは微塵もなくまさに「暴れ馬!!」

2019年モデルまでのマスタングでフラッグシップを担っていたのはシェルビーGT350だが、2020年モデルからはシェルビーGT500がラインナップに加わったことで、ハイパフォーマンスモデルを繰り出すチャレンジャーやカマロといったライバルを猛追する体制を整えたマスタング。GT350はドーピングなしの自然吸気で526hpを弾き出していたが、GT500は5.2ℓV8に空冷式インタークーラーを装着したスーパーチャージャーを組み合わせて、ストリートリーガルとしては過去最大となる760hpを絞り出す。もちろんこの数字は単にスーパーチャージャーを組み合わせて成し得た数字ではなく、気筒室内のフリクションの低減や補器類の見直しなど、細部にわたって検証を行なった結果である。

2020 FORD MUSTANG SHELBY GT500

2020 FORD MUSTANG SHELBY GT500

そんなGT500を日本へインポートした第一号車をアメ車マガジン2020年9月号にて紹介しているが、筆者はその場に立ち会っていなかったため、生でお目に掛かるのは今回が初。GT350もかなり攻撃的なデザインだと思っていたが、GT500はそれを遥かに凌ぐ。ジェット戦闘機からヒントを得たというエアロを身にまとい、巨大な開口部を持つフロントバンパーがとにかく強烈なインパクト。さらにエンジンをかければ、可変バルブ機構を備えた4本出しマフラーからはけたたましい咆哮を放つなど、ポニーなんて可愛らしさはなく、まさに暴れ馬。GT500はキャルウイングのショールームに展示されているので、この猛馬の雄姿をぜひとも見てほしい。

2020 FORD MUSTANG SHELBY GT500

開口の大きなフロントグリルは2段となり、エンジンルームへの空気吸入量はGT350と比較して50%向上させている。ホイールはフローフォームハイグロスブラックの20インチで、その奥にはレッドペイントされたフロント6ポッド、リア4ポッドのブレンボ製ブレーキシステムがインストールされ、高い制動性能を確保。一見すると地味なサイドスカートだが、フロント側を2段構造としてスタイリングに貢献。リアスポイラーはスタンダード仕様。オプションにはカーボン製GT4ウイングをラインナップ。マフラーは可変バルブ機構を備えたデュアルエキゾーストクワッドチップ。手元の操作で「ノーマル」「クワイエット」「スポーツ」「トラック」のモードが選べる。

インパネのレイアウトは他グレードと共通となっているが、TREMEC製7速デュアルクラッチの採用により、シフトはノブではなくダイヤル式で操作はパドルで行なう。シートはオプションであるレカロを装備。コブラのロゴがあしらわれ、ホールド性はバツグン。

5.2ℓV8に空冷式インタークーラーを装備した2.65ℓのルーツ式スーパーチャージャー

睨みを利かせたコブラのロゴをスーパーチャージャーのケースに施すことで、まさに只者ではないオーラを醸し出すパワートレーン。5.2ℓV8に空冷式インタークーラーを装備した2.65ℓのルーツ式スーパーチャージャーを組み合わせて760hp /625lb-ftを出力。フードは室内のレバー及び前面のボタンにて開く仕組み。


ラングラーに続くBADシリーズ第二弾『ダッジチャレンジャー』

日本に初上陸したリンカーンナビゲーターブラックレーベル

カマロ譲りのディテールで、スポーティ感が際立つブレイザー

カリフォルニアマッドスターのJLラングラー用オーバーフェンダー!


CALWING / 213MOTORING
TEL:04-2991-7770
HP:http://www.calwing.com


■ PHOTO&TEXT:編集部
アメ車マガジン 2021年 1月号掲載


関連記事

  1. 1972 Pontiac Lemans GT Sport、1972 ポンティアック ルマン GT スポーツ GTOのベースモデルの「ルマン」に、455HOを搭載する激レアな…
  2. 2016 FORD MUSTANG EDGE CUSTOMS R-line 色褪せぬ圧倒的存在感『EDGEカスタムズ マスタング R-LIN…
  3. 2002 FORD MUSTANG GT 初めての愛車がこのマスタングしっかり乗りこなしてみせます!
  4. The 2017 Camaro ZL1 is poised to challenge the most advanced performance cars in the world in any measure  Ewith unprecedented levels of technology, refinement, track capability and straight-line acceleration. A cohesive suite of performance technologies tailors ZL1’s performance, featuring an updated Magnetic Ride suspension, Performance Traction Management, electronic limited-slip differential, Custom Launch Control and Driver Mode Selector. The ZL1 Convertible’s modular underbody bracing provides the same sharp, nimble handling as the coupe, while its fully automatic top can be raised or lowered with a single button while driving up to 30 mph, or lowered remotely with the keyfob. 最強のカマロがさらに最強になった!ヘルキャットも凌駕する!? 2…
  5. 1969y CHEVROLET IMPALA COUPE、1969年シボレー・インパラ クーペ フレームオフレストアにより、美しく生まれ変わったインパラ・クーペ…
  6. 1965y フォード マスタング ファストバック GT350H、1965y FORD MUSTANG FASTBACK GT350H フォードマスタングの専門店「ガレージK&M」の2台の6…
  7. 1973 Plymouth Satellite、1973 プリマス サテライト サテライトをベースにロードランナークローンとして仕上げたストリー…
  8. アメ車しかもマッスルカーを好む人々は自然とウイングオートに集結す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×