クーペ

【C3 コルベット】オリジナルボディの優雅で洗練されたフォルム / ワイドボディはC3の王道スタイル

CHEVROLET CORVETTE C3

CHEVROLET CORVETTE C3

CHEVROLET CORVETTE C3

THE VINTAGE ビンテージアメリカンの魅力

長きに渡りワイドボディやハイパフォーマンスチューニングを施すC3と向き合い続ける大阪の「ファースト」。別冊のカバーカーにも採用されたバリ物の個体や、東京オートサロンで度肝を抜くトリプルフレイムスを纏ったC3をプロデュースするなど、その実績と経験は周知のとおり。そんな同社がここ数年、オリジナル志向の濃い個体の保護に力を注ぐ。まるで絶滅危惧種を保護する様な言い回しではあるが、オリジナルボディの優雅で洗練されたフォルムはワイドボディとはまた異なり、どちらも甲乙付けがたい魅力を放つ。年々その個体も減少傾向だからこそ、大切に保護する意義があると言える。

ビンテージカーのカスタム車両と聞くと、何かと我慢を強いられる仕様でそれなりの覚悟が必要とされるイメージを抱きがちではあるが、その道のプロにしっかりと対策を講じてもらえば快適に乗れるもの。その代表作といえる存在がこの73年型C3である。片側約6cmのワイドフォルムに、現在で言うディープリムな履きこなしで、サイド出しマフラーの王道スタイルながら、ファーストでチューニングを施したLS‐5、454換装にアルミラジエーターや電動ファンを追加して熱対策を徹底。我慢を強いられながら乗ると言うよりも、いつまでも運転席でアクセルを踏みたくなる仕様へ仕立てられている。

1979 Chevrolet Corvette
希少なディーラー車はオリジナルの雰囲気で乗りこなす

1979 Chevrolet Corvette

アメ車マガジン2020年8月号のコルベット特集において紹介され、表紙を飾ったF.A.S.TのC3。ワイドボディを纏わぬオリジナル志向の高い個体。これこそが人々を魅了する秘訣。

当時のC3は高嶺の花だからこそ、オリジナル志向で作り上げる

C3の中でもアニバーサリーイヤーと言われるのが78年モデル。紹介する車輛はその一年後に当たる79年式ではあるが、実は玄人にしてみるとこの79年モデルこそ大きな転換期。翌年80年式よりアイドリング時にコンピュータ制御機能が追加され、デスビやキャブ、O2センサーに電子制御がかかる事になった為、正真正銘リアルなキャブ車で言うと、79年式はキャブの最終モデルと呼べる個体。電子制御に左右されない解放感とダイレクトなドライビングフィールは、一度味わうと病みつきになる。

エンジンはオリジナルの350 V8。様々なエンジンチューンや、エンジン換装の経験を持つF.A.S.Tからすれば、ハイパフォーマンス化や快適装備の追加も容易いが、オリジナルの綺麗な個体が減少する昨今、あえてオリジナルをグッドコンディションで保つ事も使命。

レッド基調のインテリアは当時物をグッドコンディションで維持。ひび割れや破れもなく張り替えられた形跡もないオリジナルシートが、40年の時を経てもクォリティーを保っている点も特筆物、屋内保管を徹底していたおかげで炎天下の太陽光による至芸線の影響を受けてこなかったこともコンディションを保てた理由の一つだ。

1973 Chevrolet Corvette
王道のハイパフォーマンス、チューニングで他を圧倒させる

1973 Chevrolet Corvette

フッカーサイド出しマフラーにアメリカンレーシング×ホワイトレターのラジアルタイヤをリア太めで履きこなすワイドボディはC3の王道スタイル。エンジンも徹底的に仕上げられた1台である。

C3王道スタイルを我慢して乗るのではなく、市街地からハイウェイまでを快適に堪能

72年を最後にC3アイアンからウレタンバンパーへと移り変わる転換期。撮影車両の73年型はリアのみアイアンバンパーの名残りがあるモデルとなる。リアから見た印象はアイアンそのものなのに、前から見るとC3後期のウレタンバンパーと言うレアなキャラクターがC3マニアたちを虜にして止まない。ちなみに、各モデルイヤーで微妙に表情を変化させており、ナンバーポケットの両サイドに衝突防止の突起が存在しないところが識別のポイントとなる。

片側約6cm、両側で12cmのワイドフォルムに、ワイルドなフッカー製サイド出しマフラーが魅せる迫力のスタイリングはC3カスタムの王道。アメリカンレーシングのディープリムホイールにホワイトレターのラジアルタイヤも当時らしいカスタムとなり、時代背景に沿ったモディファイとアイアンバンパーが醸し出す、荒々しさと洗練された独特のフォルム造型美も特筆物。

LECARRAステアリングへの換装やボウタイ型のルームミラー、ビレットペダルなど当時物のギミックを色濃く感じさせる。ツィンターボボンネット越しの極上なエンジンルームは眺めるだけでも満足度大!

DSC_0122

ファーストが独自にチューニングを加えたLS-5、454エンジンに換装しており、アルミラジエターや電動ファンの追加によって熱対策を徹底。炎天下や渋滞時でも心配なく快適に走らせる事が可能。オリジナルエンジンとはまた異なるチューンドエンジンならではの面白さがあり、白黒甲乙付けがたい魅力を放つ。


コルベットC3をオリジナルボディで魅せる、優雅なコークボトルライン!

インジェクション式の唯一のC3【1982 Chevy C3 Corvette】

大胆メイクでヴィンテージマッスルカーの新境地を開拓! その名は「キャノンボール」CHEVROLET CORVETTE C3

【1976y シボレーコルベット スティングレイ】絶妙なクビレがSEXYなC3

希少価値の高いC2コルベットスティングレイのスプリットリアウィンド


取材協力:F.A.S.T
HP:https://fast1976.jp


PHOTO&TEXT:編集部
アメ車マガジン 2021年 1月号掲載


関連記事

  1. 2020 フォードマスタングシェルビーGT500 公道走行認可最大スペック760馬力の猛馬 マスタングシェルビーG…
  2. 2012y DODGE CHALLENGER SRT8 ハマーH2から、チャレンジャーSRT8のマニュアル仕様に乗り換え…
  3. 2018 FORD MUSTANG GT Fastback さらに睨みを利かせた顔付きのマスタングGTファストバック、ライバ…
  4. _N6I5767 魅力溢れる80~90年代のアメ車たち【C3 Corvette/C…
  5. ’07 シボレーサバーバンLTZ、’07 Chevrolet Suburban LTZ、アメマガガール サバーバンに乗って、子供と一緒にドライブデート
  6. _N6I9780_opt BOSS302カムを搭載したフォードトリノGT / マリーナブル…
  7. _N6I4045 アメ車が繋いだ深い親子の絆、親子と言うよりむしろ共通の趣味人
  8. 1973 プリマスバラクーダ AARクーダルック 73年型バラクーダに70年型AARのカッコ良さを盛り込んだチュー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×