GMC

強烈なインパクトを放つシエラとシルバラードをロックオン!

2020 GMC SIERRA / 2019 CHEVROLET SILVERADO

2020 GMC SIERRA / 2019 CHEVROLET SILVERADO

2020 GMC SIERRA / 2019 CHEVROLET SILVERADO

AMERICAN TRUCK & SUV ピックアップトラック&SUVの無限なる可能性

アメ車ファンにはもうおなじみのショップだろう、ハマーH1のスペシャリストでありながら、アメ車、欧州車、そして国産逆輸入車、キャンピングトレーラーなどなど、取り扱わない…いや、取り扱えないクルマはないのが「スカイオート」だ。今回はフルサイズピックアップの2台に注目!

ザ・アメリカのGMのフルサイズピックアップトラック2台が日本上陸!

輸入車全般を手がけるプロショップ「スカイオート」は、ハマーH1のスペシャリストとしても、あまりにも有名。ただ最近はピックアップトラックやJeep、SUVなどの取り扱いも増えていて、GMやフォード、クライスラー、TOYOTAなど、各自動車メーカーの正規CPU診断機を完備。質のいいクルマを販売するだけでなく、信頼性の高いアフターフォローの体制も、多くのユーザーからの支持を集めている。

そんなスカイオートが今回、手がけたのは、2台のフルサイズ・ピックアップトラック。シボレーのシルバラードと、GMCセグメントからりリースされる兄弟車、シエラだ。

2020 GMC SIERRA

2019 CHEVROLET SILVERADO

いずれもダブルキャブより後席スペースを大きくとった「クルーキャブ」仕様。装備も本革シートなど、超ゴージャスな内容で、ちょっとした高級SUVより豪華な印象だ。

ただし搭載エンジンは、今回それぞれ異なるモデルを輸入している。シルバラードには5.3ℓV8ガソリンが、そしてシエラには3.0ℓ直6ターボディーゼル「DURAMAX」が搭載されているのだ。ディーゼルエンジン…ということで気になる、日本での登録の問題だが、スカイオートではすでに排ガスもクリア。今どきのディーゼルは尿素システムが採用されているので、比較的、排ガスの壁は低いのだとか。

ともあれ、昨今の日本のピックアップブームに決着をつけそうな2台。こいつらに乗っていれば、他の人に差をつけられること間違いなしだ!

2020 GMC SIERRA

マルチプロテールゲートに注目!

2020 GMC SIERRA

GMのコマーシャルビークル専門セグメント「GMC」からリリースされるフルサイズピックアップが「シエラ」。シルバラードと基本的に中身は共通なのだが、エクステリアやちょっとしたユーティリティに違いがあり、あえてGMCの方を選ぶ…なんてユーザーも日本には多い。

今回のモデルは「AT4」グレード。ノーマルのままで2インチリフトアップサスペンションを装着し、ランチョ・ショックアブソーバーも装備。リヤゲートは「マルチプロテールゲート」と呼ばれ、開閉時に階段のようにアレンジできる。これはGMCモデルのみのユーティリティだ。

そしてエンジンは、DURAMAXディーゼルターボ。10速ATと組み合わされ強烈なパワー&トルクを発揮するとともに、尿素システムなどの採用でエコ的にも優れたユニットなのだ。

2020 GMC SIERRA

全長5885mm、全幅2063mmの巨大なボディはシルバラードと共通だが、シエラは大きな台形グリルを採用しているのが特徴。ヘッドライトの形状もカッコ型で、個性的な表情を見せる。今回のAT4グレードは純正で2インチアップ。

インテリアは高級SUVさながらの雰囲気で、トラック的な味はない。ステアリング、インパネ、シートはレザー張りでブラウンのステッチがオシャレ。セカンドシートはアレンジも可能。

3.0ℓDURAMAXディーゼルターボは277馬力

3.0ℓDURAMAXディーゼルターボは277馬力、最大トルク63.6kg-mはわずか1500rpmから発生する。燃費は街中で約9km/ℓ、高速で約13km/ℓといったところか。トランスミッションは10速AT、4WDシステムはパートタイム式で、4WDオートのモードも持つ。

シエラのテールゲートはGMCならではの“ マルチプロゲート”。ゲートを階段状にアレンジすることができる。手でつかむグリップも出てきて、荷台へのアクセスも楽々なのだ。

サスペンションはフロント独立式、リヤリーフ・リジッド。リフトアップスプリングと、ランチョショックアブソーバーを組み合わせている。タイヤはグッドイヤーのオールテレーンタイプの275/65R18。ホイールはGMCオリジナル。

2019 CHEVROLET SILVERADO

オフロード向け装備も充実の“ZL1”

2019 CHEVROLET SILVERADO

シボレーのフルサイズ・ピックアップシリーズが「シルバラード」。今回のモデルはライトデューティな1500仕様で、乗用指向の強いモデル。ヘビーデューティな3500仕様もあるが、それはちょっとオーバースペック?

グレードは「RST」という中間的なモデルだが、後席スペースを最大に取ったクルーキャブ仕様。もちろん本革シートなど豪華装備も大充実だ。

またオフロード向け装備を充実させた「ZL1」パッケージとなっているので、リフトアップサスに、ランチョ・ショックアブソーバーをプラス。リヤデフロックやヒルディセントも標準装備だ。

エンジンは5.3ℓV8、トランスミッションは8速ATを組み合わせている。このほか6.2ℓV8や、3.0ℓDURAMAXディーゼルターボなど、パワートレーンは計5タイプが用意されている。

2019 CHEVROLET SILVERADO

ボディサイズは今回のシエラ同様、巨大。こちらのマスクは従来のシボレー顔の印象を残すものだが、LEDのライト類で現代的なシャープな表情に。全体のイメージも、シエラは軽快なスポーティな雰囲気だが、こちらは重厚な存在感。

標準的なグレード、ということで、決してハデなイメージはないが、電動式の本革シートや、きめ細かく設定できるエアコン類など、高級装備は充実。快適な居住空間を演出する。

パワートレーンは5.3ℓV8ガソリン+8速AT。355馬力&53kg-mの強力なユニット

パワートレーンは5.3ℓV8ガソリン+8速AT。355馬力&53kg-mの強力なユニットだ。4WDシステムはやはりパートタイム式で、4WDオートのモードも備える。リヤデフロックやヒルディセントコントロールなども標準。

シルバラードはEZ Lift power lock and release tailgateを採用。リヤゲートを押し上げる時にパワーサポートが入るので、楽に扱えるのだ。荷台にはインナーパネルも張られ、傷つきを防止。

Z71オフロードパッケージは、リフトアップサスペンションとランチョ・ショックアブソーバーを装備。タイヤはグッドイヤーのオールテレーンタイプで、275/60R20という、少しロープロファイルなサイズ。ホイールはシボレーオリジナル。


シェビーのミドルサイズトラック、シボレーコロラドは走りもサイズ感も絶妙

女子ウケもバツグンのシルバラードにズームアップ!!

’75モデルのシボレーC-20はクラシカルなスタイルと現代でも通用する性能を備える。

GMC C-20は、フルサイズトラックのルーツともいえるピックアップなのだ。


SKYAUTO【スカイオート】
所在地:埼玉県越谷市南荻島708-1
TEL:048-976-1235
URL:https://www.skyauto.co.jp


PHOTO★古閑章郎
TEXT★高坂義信
アメ車マガジン 2021年 2月号掲載


関連記事

  1. Chevrolet Camaro、シボレーカマロ カマロのカスタムに込めた “ ワクワク感” あるカーライフ
  2. 1971 Chevrolet Elcamino、1971 シボレー エルカミーノ 71年型はビッグブロックが搭載された最後のエルカミーノ
  3. タンドラ、ハマーH2 魅せることにこだわって大胆なアプローチを試みたタンドラとH2
  4. _N6I9780_opt BOSS302カムを搭載したフォードトリノGT / マリーナブル…
  5. 1989 CHEVROLET CAMARO RS、1989 シボレー カマロRS 入手困難になりつつあるサード・カマロ ミントコンディションの美し…
  6. FORD F150 RAPTOR 史上最強のトラック“ラプター”を仲間と共に飼い慣らす快感!
  7. 1968 Chevrolet Elcamino、1968 シボレー エルカミーノ もっとも人気の高いセダンピックアップのエルカミーノ、スタイルよし…
  8. 2014 トヨタ タンドラ TRD PRO タンドラ TRD PROで遊びも走りも豪快に! アウトドアで映え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×