ピックアップトラック

本気でラプターが欲しいアナタに新旧&第3の選択肢を提案する

フォード F150 ラプター

フォード F150 ラプター

FORD F-150 RAPTOR

AMERICAN TRUCK & SUV ピックアップトラック&SUVの無限なる可能性

アメ車はもちろん、世界最強(最凶?)のトラックといえば、やはりFORD RAPTORだと言えるだろう。ハイアウトプットなエンジンパフォーマンスだけでなく、本気でオフロードを攻められるFOXのサスペンションなど、まさにFORDの本気が随所に感じられる、特別な1台だ。

新旧のモデルだけでなく、ラプター仕様も在庫中!

JEEPやマッスルカーに加え、ピックアップも積極的に取り扱うトップスピード。なかでもラプターはとくに力を入れているモデルで、新車・中古車を問わず豊富に在庫を取り揃えている。トップスピードの宮本店長は「カッコ良さで言えば、断然現行型ですね!でも、長年アメ車に乗り続けて来た人は、V6や3.5ℓという排気量がネックになるのは事実。そういうベテランユーザーの方は、やはり初代ラプターの方がしっくりくるでしょう。大排気量特有のゆとりのある走りは『アメ車らしさ』を存分に味わえます」とのこと。もちろん価格面でもかなり違いがあるので、予算に限りがあるという人は、まずは初代ラプターを狙ってみるのが賢明だ。

2020 FORD F-150 RAPTOR

2012 FORD F-150 RAPTOR

とは言っても、そこはやっぱりラプター。タマ数は少ないし、旧型でもまだまだ高値を維持している。一般的には新旧の2モデルからチョイスすることになるが、カスタムを得意としているトップスピードでは、F-150をベースにした、ラプタースタイルへカスタムした車両も在庫中だ。

「ラプターのフロントマスクはたまらなく好きだけど、実際オフロードを走る予定はないなぁ…」とか「経済性が気になるけど、やっぱり一度は乗ってみたい!」という人にオススメしたい第3の選択肢がコレだ! 比べれば大きな違いはあるしFOXのサスペンションは反則技と思えるほど快適な乗り味だが、余程のマニアでない限り分からない。何より「カッコ良いトラックに乗りたい!」と思うなら、ラプタースタイルというのは十分アリと言えるだろう。

2020 FORD F-150 RAPTOR

2020 FORD F-150 RAPTOR

先代モデルにも採用されているが、ラプターのテールゲートにはステップが内蔵される。ちなみにバンパーは前後ともスチール製で、ヘビーデューティーな走りにもしっかり対応する。なお、前後のフェンダーは、ブリスター化された上にオーバーフェンダーを追加しているのが外観上の違いだ。

_N6I1340

3.5ℓV6のエコブーストツインターボエンジンは、排気量から想像できない大パワーの450hpを発揮。510lb-ftの圧倒的なトルクに加え、10ATを組み合わせることでトラックとは思えない俊敏な走りを実現。

前後ショックは先代モデルに引き続き、FOXのバイパスショックを採用。直径3インチ(75mm)という、本格的なオフロードレースマシンに採用される極太ショックを採用することで、非常にしなやかな乗り味と言える。

標準モデルのF-150がコラムシフトを採用するのに対し、ラプターはフロアタイプの10ATを採用。そのため乗車定員は5名で、シートもホールド性を重視した形状となる。こちらの車両にはカーボンパッケージと呼ばれるオプションも装備され、よりスポーティな雰囲気が高められている。

2012 FORD F-150 RAPTOR

2012 FORD F-150 RAPTOR

先代モデルとなったものの、今でも充分インパクトのある初代ラプター。6.2ℓV8ガソリンエンジンは極太のトルクを発生させるので、最新モデルにはないアメ車らしさが堪能できる。ノーマルでFOXのショックを採用しており、35インチのMTタイヤが難なく装着可能。センターコンソール部分に設けられたスイッチ類が、オーナーに特別感を抱かせてくれる。

豊富な純正オプションをチョイス可能!RAPTOR OPTION

_N6I1475

トップスピードでは、カーボンパッケージ以外にも純正オプションのチョイスが可能。一例としてこちらの2020年モデルには、リアフェンダーのステッカーや、本物の鍛造ビードロックホイールを装着。よりアグレッシブな走りを楽しみたい人には、見逃せない装備だ。

RAPTOR STYLE

_N6I1030

ラプターが欲しいけど手が届かない…という人に提案したいのが、ラプタースタイルへのカスタム。フェイスリフトやオーバーフェンダーを追加し、らしさをアピール。リアルラプターとの価格差は正直言って大きいし、差額でさらにカスタムも可能。22インチのXDホイールやデューリー用のミラーも装着済みだ。


初夏を満喫するツーリング、海沿いBBQで和気あいあい。ガレージトップスピードツーリング


THANKS:TOPSPEED inc
TEL:058-322-7547
HP:https://www.garage-topspeed.com


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2021年 2月号掲載


関連記事

  1. 2018 FORD MUSTANG PREMIUM Eco Boost Performance PKG 走りと経済性のバランスが取れた、マスタングエコブーストモデル
  2. 1976 FORD MUSTANG GHIA、1976 フォードマスタング GHIA 人気のファーストの後、74年に登場したセカンドジェネレーションの…
  3. Ford Explorer 2.3-litre Eco Boost 4WD エコブースト2.3ℓのハイスペックダウンサイジングを組み合わせた…
  4. マスタングエコブーストプレミアム、レネゲードリミテッド マスタング愛が強すぎてどんな理由でも手放せない!
  5. 2019 トヨタ タコマ ダブルキャブTRD、2019 トヨタ タコマ ロングTRD スポーツ 迫力と信頼性の良いとこ取り 検討に加えたいUSトヨタタコマ
  6. 1999 Ford SVT Lightning F150をベースにモディファイされた、マッスルトラック「ライトニ…
  7. 1986y CHEVROLET C10、1986y シボレーC10 ショートモデルながら十分な大きさの荷台を持つC-10。アウトドア…
  8. 1995 FORD F-150 【フォードF-150】90年代らしさを残した、正統派リフトアップ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×