シボレー

C1500の中でも激レアなモデルが454エンジンを搭載した「454SS」だ。

1990 CHEVROLET C-1500 454SS × BIG BLOCK JUNKIE

DSC_0878

1990 CHEVROLET C-1500 454SS × BIG BLOCK JUNKIE Owner:ジョニー

AMERICAN TRUCK & SUV ピックアップトラック&SUVの無限なる可能性

ビッグブロックが面白過ぎてこれ以下には戻れない

26年前に1996年型のカプリスセダンから始まったアメ車生活。現在に至るまでに数台乗り換えているが、そのすべてがアメ車。ドップリとアメ車に魅了されたベテランが辿り着いたのは、ビッグブロックエンジンを搭載する454SSだった。

26年のアメ車生活を送るベテランが選んだ激レア車

シボレー・C1500。C/Kシリーズのフォースジェネレーションとしてデビューしたのが1987年(1988年モデル)。日本でもアメ車ブームとなった90年代には爆発的に人気を博したモデルである。ちなみに現在もリバイバルヒットしていて、入手困難な状態だったりする。さらにC1500の中でも激レアなモデルが存在する。それが何かと言うと、454(7.4ℓ)エンジンを搭載したハイパフォーマンスモデル「454SS」だ。SSはスーパースポーツの頭文字。しかも製造していた期間は90~93年の4年間のみということで、これもまたレア度を高めている要因だったりする。アメリカンクラシックスの武藤代表に相談してみると「454SSに乗るオーナーさんがいるよ!」とのことで紹介してもらったのがジョニーさんだ。

1990 CHEVROLET C-1500 454SS × BIG BLOCK JUNKIE

DSC_0884

早速話を伺ってみると、購入したのは約3年前で、その前は2000年型のF150に6年乗っていたそうだ。気になったのでさらに遍歴を深掘りしていくと、1972年型シェベルワゴンに8年乗り、1987年型エルカミーノは2年、1996年型カプリスセダンは7年所有していたということで、合計すると約26年をアメ車とともに過ごしてきたこととなり、もはやアメ車のない生活は考えられないと言う。

DSC_0844-1

少しそれてしまったが本題の454SSの話に戻そう。実はこの454SSは前オーナーが所有している時から気になっていたそうで、アメリカンクラシックスを訪れるたびに羨望の眼差しで見ていたとか。そんなジョニーさんの想いを知っていた武藤代表が「下取りで入ってきたよ」と連絡すると、すぐさま駆け付けてその場で乗り換えたのは言うまでもない。「いつかはビッグブロックに乗ってみたいという思いがあったので、その思いが叶いました。それしてもビッグブロックのグイグイ押し出す感じがたまりません。もう病み付きになってしまって、これより低い排気量のは乗れないかもしれません」

ドップリと454SSの魅力に取りつかれてしまったジョニーさん。これ以上となるとSRT10とかですかね~(笑)。

DSC_0824

搭載するエンジンは454(7.4ℓ)V8。モデルイヤーは90年ということで、カタログ的には最高出力は230hp(翌年から255hp)。組み合すミッションは3速AT(翌年から4速AT)。納車時に調子の悪かった箇所をしっかりと直しているため、これまでノントラブルだと言う。

ボトムスはバセットホイール(15インチ)にBFグッドリッチ・ラジアルT/A(235/70R15) を組み合わせて、往年のアメ車らしいスタイルを形成。マフラーは納車時にステンで換装しており、エンドはリアタイヤ前から出してサイド出しに。

ドアを開けると、まさしくこれぞ“ザ・アメ車”と言わんばかりの雰囲気が漂うインテリア。レッド(ガーネット)を基調にダッシュパネルを始め、ドアパネルにピラー、シートにカーペットまで、インテリアを構成するすべてを同色で仕立て上げられている。それにしても30年が経過しているというのに状態の良さがスバラシイ!


古き良き時代のアメリカを連想させるファームトラックスタイル

レトロスタイルで映える、魅力溢れるシェビーバン


Thanks:AMERICAN CLASSICS
TEL:0467-75-2221
HP:http://www.american-classics.com


Photo&Text:編集部
アメ車マガジン 2021年 2月号掲載


関連記事

  1. DSC_9882 セミファストバック形状のフォルムへと進化した2代目モデル 197…
  2. 239 男子にも負けたくないから,最先端カスタムを取り入れる!【アズール…
  3. IMG_1038 絶対に浮気なんてしませんよ! 嫌いになる理由がないですから!20…
  4. 2011 TOYOTA SEQUOIA / 2013 JEEP WRANGLER UNLIMITED 本場流の最先端カスタムを地で行くセコイア&ラングラー・アンリミテ…
  5. 1965 CHEVROLET IMPALA、2005 HUMMER H2 with JAYCO JAY FLIGHT インパラでアウトドアは厳しいだからこそH2は手放せない
  6. 価値観が同じ妻と共に、楽しむアメ車ライフ!
  7. The 2017 Camaro ZL1 is poised to challenge the most advanced performance cars in the world in any measure  Ewith unprecedented levels of technology, refinement, track capability and straight-line acceleration. A cohesive suite of performance technologies tailors ZL1’s performance, featuring an updated Magnetic Ride suspension, Performance Traction Management, electronic limited-slip differential, Custom Launch Control and Driver Mode Selector. The ZL1 Convertible’s modular underbody bracing provides the same sharp, nimble handling as the coupe, while its fully automatic top can be raised or lowered with a single button while driving up to 30 mph, or lowered remotely with the keyfob. 最強のカマロがさらに最強になった!ヘルキャットも凌駕する!? 2…
  8. _N6I9780_opt BOSS302カムを搭載したフォードトリノGT / マリーナブル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×