シボレー

カスタムよりも荷台をどう活かすかに情熱を注ぐ究極のアウトドアスタイル!【アバランチ Z71】

2006 CHEVROLET AVALANCHE Z71

2006 CHEVROLET AVALANCHE Z71

2006 CHEVROLET AVALANCHE Z71 OWNER : 7upkaz

AMERICAN TRUCK & SUV ピックアップトラック&SUVの無限なる可能性

スラムドスタイルかリフトアップかの二極化が進む一方で、フルオリジナルをこよなく愛するオーナーも一定数存在する。その中で荷台部分を駆使して自分のやりたいことをとことん詰め込んだ、トラックのトラックらしい使い方を地で行くオーナーに密着!

奇跡の実走行1.5万kmに出会って乗り換えを決意!

2020年の夏に行なわれた淡路島のトラックミーティング&ツーリングで、カスタムトラッキンたちに紛れてひと際異彩を放っていたアバランチがどうしても気になって連絡を取ったのが紹介する7upkazさん。当時はラジオフライヤーをトノカバー上に載せて、今の様なトラック・オン・カヌーではなかったが、それでもほかのトラックオーナーとは一線を画す個性が際立つ存在だった。あれからたった数カ月でDIYカヌーラックを製作し、ルーフバックを逆付けして積載性をアップするなど、さらに工夫を凝らして進化。

2006 CHEVROLET AVALANCHE Z71

2006 CHEVROLET AVALANCHE Z71

彼がアバランチに乗るきっかけは二人目の誕生である。それまではB2200を愛車に妻と長女の3人でトラッキンライフを謳歌してきたが、次女が産まれてさすがに厳しくなったところで新たなトラックを物色していたと言う。そんなタイミングで行きつけのショップに舞い込んできたのが実走行1.5万kmというかなり貴重なアバランチだった。聞くとスーパーカーなど複数台所有するオーナーが遊び用にと購入したものの、あまり出番がなく室内保管されたまま眠っていた個体で、エンジンルームも10年以上経過しているとは思えないクリーンな状態をキープ。これはもう運命とばかりに即決で購入を決めたそうだ。

普通ならこの極上状態を保ちたいと思うかもしれないが、彼の場合はトラックらしく河原へ突っ込んだり林道で擦ったりしてもまったく気にしない。「そもそもこのツートンボディは腰下をワイルドに使って下さいとばかりに塗り分けてあるのでは?」と説得力のある返事で細かい傷は味として嗜む。

2006 CHEVROLET AVALANCHE Z71

アバランチの魅力と言えば4枚ドアで後部座席の折り畳みが可能な点。実はベッド部分と連結させることもでき、マットレスで荷物との境界線を作って車中泊仕様へとアレンジすることも可能。この空間は主に愛娘のセリカちゃんとソアラちゃんや愛犬ウージー(雄)とローリン(雌)の休憩スペースとして活躍している。

けん引ロープの赤いアクセントを追加する程度でオリジナル志向の高いZ71オフロードパッケージ。純正のアルミホイールもお気に入りで、エンジンルームは低走行らしくクリーンな状態をキープ。インテリアも10年以上前とは思えないグッドコンディションを保っている。ちなみに2006年モデルは初代の最終型で、この顔に惚れ込んだのも購入理由の一つだ。

2006 CHEVROLET AVALANCHE Z71

大きなカヌーの存在感が強すぎるが、アバランチのベッドスペースには従来愛用してきたアウトドアギアもすべて完備しており、行き先も決めずに出かけては即席でキャンプやBBQを行なうことも。行き当たりばったりでも道具に困らない様に常備していれば安心。純正車高だとちょうど良い高さで即席BBQも簡単にレイアウト!

大まかな寸法を測り、ホームセンターの木材を購入してDIYで仕上げたカヌー用のラック。一人で積み下ろしができる様に高さや位置関係を工夫し、ラッシングを駆使して設置。本来は荷台部分に荷物を満載するべきではだが、できる限り車中泊スペースを確保すべくラックとトノカバーの隙間部分にできたデッドスペースを有効活用する目的でYAKIMAのルーフバックを逆付けするなど志向を凝らしたアイデアが満載!


Thanks:MDS Custom Factory
TEL:06-6747-0101


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 2月号掲載


関連記事

  1. 2007 TOYOTA TUNDRA LIMITED マットラッピングで楽しむアイランドスタイルの真骨頂!
  2. 2016y CHEVROLET CAMARO、2016y シボレー カマロ 究極のスラムドスタイルにグラインダー タトゥ―・ゴーストペイント…
  3. 1986y CHEVROLET C10、1986y シボレーC10 ショートモデルながら十分な大きさの荷台を持つC-10。アウトドア…
  4. 2019 RAM1500ビッグホーン ブラックアピアランスパッケージ 新型ラムはこれまでのイメージを覆すほどに上質な仕上がり
  5. 2017 TOYOTA TUNDRA CrewMax SR5、2018 TOYOTA TUNDRA CrewMax SR5 2台のタンドラに施されたカスタムは、両極端なリフトアップとローダ…
  6. トヨタタンドラ、TOYOTA TUNDRA、Honey D、ハニーD ハニーDがタンドラカスタムシーンの可能性をより一層深める
  7. 1972 GMC C1500 目力の強い精悍なマスクが魅力のGMCのピックアップトラック
  8. Toyota T100、トヨタT100 タンドラの前身としてフルサイズ市場へと挑戦したのがT100

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×