SUV

グランドチェロキー中期型を後期フェイスへ

SENS CUSTOM BRAND BCD Jeep Grand Cherokee

SENS CUSTOM BRAND BCD Jeep Grand Cherokee

SENS CUSTOM BRAND BCD Jeep Grand Cherokee

AMERICAN TRUCK & SUV ピックアップトラック&SUVの無限なる可能性

グランドチェロキー用のエアロパーツを展開するカスタムブランドBCD。今秋、新たに登場したのが、中期型を後期仕様へ変化させるBCD後期ルックグリルだ。

さりげなく違いを演出するBCDのこだわり

ラングラー人気と共にジープブランドに注目が集まり、フラッグシップのグランドチェロキーは都会派SUVとして人気が上昇傾向にある。しかしながら、ラングラーと比べると圧倒的なアフターバーツの少なさもあって、個性を引き出したいユーザーには物足りなさもあった。そこで注目なのが、グランドチェロキー用エアロパーツを販売するカスタムブランドBCDだ。

BCDは、オフロード色が強いグランドチェロキーのアフターバーツとは真逆のアーバンスタイルを目指す。大きな違いを生み出しながらも、過度な演出をしない絶妙なデザインが特徴で、細かいデザインが異なる中期型(2014~2016)、後期型(2017~2020)にも対応するラインナップを揃える。また、単体パーツでの装着も違和感なくフィットすることを想定している。

_MG_6258

そして2020秋、新たに発売が始まったのがBCD後期ルックグリル(¥86,600 税別)だ。中期型モデルのセブンスロットグリルは直線的かつ平面的な印象がある一方、後期型は立体的でデザインに動きがあることから、力強さと先進性が感じられる。このデザインを中期型に反映すべく、中期型グリルを加工無しで後期フェイスへ変化させるグリルを開発したのである。

現在BCDは、グランドチェロキーの新たなグレードに装着できる新パーツを開発中とのことで、オーナーは今後も要チェックだ!

グランドチェロキー中期型をベースにBCDフルキットを装着し、新登場したBCD後ルックグリルを装着する(左の写真)。取り付けは加工不要。見た目のデザインを後期型にしたいというオーナーの声も製品化のキッカケだ。右の写真はBCD後期ルックグリルを装着していない中期型モデル。

中期型グランドチェロキー(2014 ~ 2016) BCDフルボディキット装着。フロントバンパー・¥179,000 /サイドスカート・¥75,000 /リアバンパー・¥153,000 /オーバーフェンダー/¥83,000 /リアゲートスポイラー・¥48,000 /ローダウン(エアサス装着車)・¥60,000/ワンオフ4本出しマフラー・¥150,000 ※価格はすべて税別です。


オトナのシャープなグラチェロカスタムは、オーバーフェンダーレスもキマる

使用シーンを問わずにキマる。グランドチェロキー+BCDボディキット

グランドチェロキーをより華麗にさせるBCDエアロの魅力

ワイドな3連スリットが特徴的なフロントバンパー


SENS CENTURION GROUP
所在地:愛知県名古屋市中川区荒子2-14-1
TEL:052-363-1100
定休日:水曜日
営業時間:10:00 ~19:00
HP:http://sens.centurionworld.jp


写真&文/ KAZUTAKE SOMA
アメ車マガジン 2021年 2月号掲載


関連記事

  1. ジープグランドチェロキー、JEEP GRAND CHEROKEE SENS CUSTOM BRAND『BCD』 プレミアムSUV用エアロブランド「BCD」は、派手すぎず、シンプ…
  2. 1997 Chevrolet Tahoe 2 Door 初代タホならではの2ドアモデルが 引き締まったプロポーションでス…
  3. 2017 Cadillac Escalade Platinum キャデラックを見事に復活させた プレミアムSUVのトップランナー…
  4. Jeep Patriot、ジープパトリオット ファミリーカーとして使える、グッドルッキングなパトリオット
  5. 2012 TOYOTA SEQUOIA 16インチにも及ぶモンスター級のリフトアップによる圧巻のインパク…
  6. 2008 HUMMER H2 ブランド自体が消滅して8年だが 今も熱烈なファンに支えられている…
  7. ジープグランドチェロキーSRT、JEEP GRAND CHEROKEE SRT 漂う新時代の予感、グランドチェロキーカスタム
  8. シボレーサバーバン、シボレータホ リフトアップの定番とは異なる 異端児的なタホとサバーバンを徹底リ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×