クーペ

レーシーさというテーマに異なる手法で理想を追求した2台のチャレンジャー

2018 DODGE CHALLENGER 392HEMI SCATPACK SHAKER EDGE CUSTOMS DDOGE CHALLENGER R Produced by LUXZ

2018 DODGE CHALLENGER 392HEMI SCATPACK SHAKER EDGE CUSTOMS DDOGE CHALLENGER R Produced by LUXZ

2018 DODGE CHALLENGER 392HEMI SCATPACK SHAKER
EDGE CUSTOMS DDOGE CHALLENGER R Produced by LUXZ

2008年に登場し、すでに日本では干支が一回りした現行型チャレンジャー。その勢いは衰えるどころか日々増すばかりで、まさに今が最高潮。チャレンジャーに誰よりも早く着目し、炎を燃え上がらせたLUXZだが、最大の魅力は「マッスルカーに相応しいスポーティーさ」と言えるだろう。

エアロとカナードの融合で新しいスタイルを創造

2015年に登場し、未だその存在感は色褪せることはないEDGEカスタムズのRライン。それまでカナードはエアロパーツに貼り付ける、言わば添え物的な存在に過ぎなかった。だがその流れを一変させたのがこのRラインで、チャレンジャーのカスタムにおいて、ターニングポイントとなるマイルストーンとなったのは間違いない。エアロパーツは敢えてフェンダー全体を覆い尽くす形状を採用し、一体感よりも存在感をアピール。またボルト留めという、従来のマッスルカーには見られない大胆な手法を採ることで、「レーシング&ワイルド」という、新たなスタイルを生み出したと言える。

2018 DODGE CHALLENGER 392HEMI SCATPACK SHAKER EDGE CUSTOMS DDOGE CHALLENGER R Produced by LUXZ

2018 DODGE CHALLENGER 392HEMI SCATPACK SHAKER EDGE CUSTOMS DDOGE CHALLENGER R Produced by LUXZ

最大のポイントは、やはりLUXZがトータルコーディネイトした、バランスの高さ。フロントからワイドフェンダー、さらにリアへと繋がるラインは、もはや造形美と言えるほどで、止まっていても疾走感すら感じさせてくれる。

ボディ各部はブラック&ホワイトで統一されているが、それをさらに引き立ててくれるのが、足もとに備わる20インチの鍛造ホイール。新たにリリースされるこのリムはラグジのオリジナルだが、メイド・バイ・WORKと聞けば、その品質の高さは自ずと創造できるだろう。ディスクデザインはワークエモーションT5Rを踏襲するが、独自の3ピース構造を採用。オーダーメイドスーツのような存在でもあるEDGEカスタムズを、完璧なモノに仕上げるためには欠かせないアイテムだ。ボディパーツだけでなく、そのサイズに合わせた、最適なシューズまでも提案する。オンリーワンなカスタムを追求するユーザーのために、決して妥協しないのだ。

フロントからリアに至るまで、EDGEカスタムズのRラインをフル装備。フロントリップの下にはAPRのスプリッターを追加しており、統一感すら感じさせてくれる。特に下回りのアイテムは塗り分けを施すことで、立体感を強調。またダッジらしさを際立たせてくれるサイドデカールの効果も非常に高く、カスタム車両にありがちな「いかにもパーツを追加した」というわざとらしさもなく、ベースのチャレンジャーと見事に融合している。

「クルマにとってホイールはシューズのような物で、ホイールスペーサーなどは靴の中敷。まさに百害あって一利なし!」と語るLUXZ島澤氏。そこで完璧を目指すため、オリジナルホイールをついにリリース!色も自由にチョイスできるので、まさに究極のオーダーメイドカスタムだ。サスペンションはエアフォースに変更し、マフラーはJWOLFのワンオフを装着。可変バルブも内蔵しており、住宅街ではジェントルに、ハイスピード域では心に響くエキゾーストノートを楽しむことが可能だ。

2018 DODGE CHALLENGER T/A 392

2018 DODGE CHALLENGER T/A 392

島澤氏も唸る本気で走りたいオーナーに最適なチャレンジャーを販売中

サーキット走行が楽しめる本気仕様のチャレンジャー

さて、ここで紹介するもう1台のチャレンジャー。実はLUXZのパーツは一切装着されていない。では何故?と思うだろうが、実はこのクルマには、日本のチャレンジャーオーナーでも殆ど目にしたことがない、激レアな走りに関するパーツが2つ装着されている。それがある意味、島澤社長の琴線に触れ、せっかくだから紹介しようということになった。

2018 DODGE CHALLENGER T/A 392

ベース車両は2018年型のT/A 392。サーキット走行のためにローダウン&エアロなどを装着しており、MOPAR純正のタワーバーやスロットルスペーサーなどを装備。比較的ライトな内容に見えるが、ディアブロによるコンピュータチューニングも施す。

最大のポイントは、ワンオフで製作された斎藤ロールケージ製のロールケージ。本気でサーキットを走る人なら知らない人はいない憧れのアイテムで、6点式に加えさらに2本の斜行バーも追加。さらにリアシートは撤去されるが、純正オプションに設定されるデリートキットを装着。ちなみにLUXZで絶賛販売中なので、思いっきりサーキットを走りたい人に、最適な1台だと断言しよう。

搭載エンジンは392HEMI。MOPAR純正のストラットタワーバーやエアクリーナーを装着。また、スロットルボディにはスペーサーを追加し、スムーズな加速を実現。ほかにもディアブロのコンピュータチューニングを施しており、速さだけでなくボディの剛性も考慮したカスタムを施している。

フロントスポイラー、サイドガーニッシュ、リアスポイラーを追加。前後バンパーにはアウトレットを設ける。ホイールはWORK EMOTION T5R2Pで、前後とも285/35R20を組み合わせる。また前後にはトゥループも装備しており、購入したその足でサーキットデビューができる仕様だと言えるだろう。

シートはBRIDEに変更。運転席はフルバケ、助手席はセミバケをチョイス。ロールケージはインパネを避けるように設計。デリートキットの存在は知っていたが、目にするのは初めてで、荷物が固定できるようにネットが付属。なお、純正リアシートも付属する。


日米のチャレンジャーファンを魅了する!深い海をイメージした作品!

チャレンジャーSの物理的な立体感にローハンの視覚的な立体感が合体

機能とスタイルを融合させたエアロ【DODGE CHALLENGER R】

LUXZ初のコンプリートモデル、斬新のボディラインを見よ!


Thanks:LUXZ
TEL:058-259-3922
HP:https://luxz.jp


Photo:浅井岳男
Text:空野稜
アメ車マガジン 2021年 2月号掲載


関連記事

  1. 2010 FORD MUSTANG SHELBY GT500 オリジナルのGT500をはるかに凌ぐ、ポテンシャルと存在感を実現…
  2. 2012 DODGE CHALLENGER キャンディーゲートのデモカーにさらなるカスタムを施して進化したチ…
  3. 1969 CHEVROLET CAMARO、1969 シボレー カマロ LS7エンジン×6MTを搭載した、エキサイティングな1969年型…
  4. 2019 ダッジチャレンジャーR/T SCATPACK、2019 ダッジチャレンジャー R/T SHAKER Package グレードが整理された2019年モデル、狙い目チャレンジャーに変化…
  5. 1966 Buick Riviera Gran Sport、1966 ビュイック リビエラ グランスポーツ セカンドジェネレーション初期の66年型 ビュイック・リビエラ
  6. ダッジチャージャーワイドボディカスタム、DODGE CHARGER WIDEBODY CUSTOM チャレンジャー用をチャージャーで着こなすテーラーメイドが肝
  7. 2015y フォードマスタング エコブースト、2015y FORD MUSTANG Eco Boost 派手さは不要だが、違いを見せる姿へ、ライオン流カスタムスタイル
  8. チャレンジャー、ライオンハート 新車のチャレンジャー中心だが手の届きやすい価格も両立する良心派

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×