アメマガガールズ

C7を一際ワイドフォルムへと仕立て上げたコルベットグランスポーツ

CHEVROLET CORVETTE GRANDSPORT

CHEVROLET CORVETTE GRANDSPORT

CHEVROLET CORVETTE GRANDSPORT owner:RIE

彼女たち流のアメ車との付き合い方
#アメ車女子のライフスタイル

次世代のグラマラスボディを華麗に操る!

C8が登場したとはいえミッドシップは賛否両論。C7こそコルベットの最先端にして最高峰モデルとの声も多い。そのC7を一際ワイドフォルムへと仕立て上げたグランスポーツに乗る美女が紹介するRIEさんだ。

都会や街中を走らせても映える魅惑のシルエット

デニムにTシャツやスウェットといったカジュアルな服装でフルサイズトラックやSUVを乗りこなす女性がいれば、「本当に乗ってる!?」と疑問を抱く様なギャップ感満載の女性まで多種多様なオーナーが登場するアメ車女子企画。今回紹介するのは清楚な大人系のRIEさんだ。

CHEVROLET CORVETTE GRANDSPORT

撮影の企画や趣旨を伝えると普段どおりの雰囲気でお願いしたいとの申し出により、港や大きな駐車場のある公園といった定番のロケ地を避けて大阪市北区の街中で撮影した次第。石畳と重厚な建物をバックに颯爽と現れたのは黒いC7。それも一際ワイドシルエットに仕立て上げられたハッシュタグ付きのグランスポーツに乗って登場。ボディにマッチさせるかの如くモノトーン基調の清楚な服装で登場してくれた彼女。

CHEVROLET CORVETTE GRANDSPORT

昔からスポーツカーや速いクルマに興味があって、共通の友人を介して知り合った大阪のファースト大森氏と出会い相談してみると「ええのんあんで!」と提案されたのがこのC7だった。ファーストと言えばC3の印象が色濃く、高年式モデルはある意味アウェイなイメージだったが、話を伺うとC5~C7のオーナーも増加傾向とのこと。むしろコルベットに限らず新旧全般のオールジャンルなアメ車が頼りどころをなくして駆け込む最後の砦の様な存在だけに、高年式モデルのトラブルシューティングやメンテナンス、カスタムもたやすい。今までクルマに無頓着だったRIEさんが突如コルベットを何の躊躇もなく思い切って乗り出せたのも、「大丈夫や! 壊れへん! 乗りやすい!!」とあっさり背中を押してくれる大森氏が居たからこそであり、その説得力と存在感はアメ車を乗り始めるオーナーにとって、とてつもなく大きい。RIEさんのアメ車ライフはファーストと共にあり、駆け込み寺の安心感があるからこそステアリングを握りアクセルを踏める。二人三脚のアメ車ライフは、まだまだ始まったばかりだ。

サイドスカート、フロントスプリッター、グランスポーツエンブレム入りのサイドダクトなど、ワイドフォルムを引き立てるグランスポーツ。ハッシュタグの赤い差し色にマッチする赤黒のコンビアルカンターラレザーのインテリアや、フロント285/30R19、リア335/25R20の異径の履きこなしにブレンボブレーキを装備する本気モードは、まるで美女と野獣の様な感覚。

DSC_7480

搭載するエンジンは6.2ℓのV8で466hp。8速オートマティックで操る次世代のハイパフォーマンスモデルとしては女性でも扱いやすく、その気になればパドルシフトを介してスポーティーに乗りこなすことも可能だ。

CHEVROLET CORVETTE GRANDSPORT


コルベットC3をオリジナルボディで魅せる、優雅なコークボトルライン!

希少価値の高いC2コルベットスティングレイのスプリットリアウィンド

【F.A.S.T 1976y シボレーコルベット スティングレイ】絶妙なクビレがSEXYなC3

大胆メイクでヴィンテージマッスルカーの新境地を開拓! その名は「キャノンボール」CHEVROLET CORVETTE C3


Thanks:F.A.S.T
TEL:06-6784-1976
HP:http://fast1976.jp


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 3月号掲載


関連記事

  1. 1969y CHEVROLET IMPALA COUPE、1969年シボレー・インパラ クーペ フレームオフレストアにより、美しく生まれ変わったインパラ・クーペ…
  2. 1990 CHEVROLET K5 BLAZER 史上最大の仕事は、愛車K5ブレイザーの35インチのタイヤ交換!
  3. 1967y CHEVROLET C10 レアな二台!ポンテアック・グランプリ、そして丸目4灯フェイスのC…
  4. 1970y PLYMOUTH DUSTER、1970年 プリマス ダスター アメ車としては比較的コンパクトなボディのダスター。最強モデルと言…
  5. ダッジマグナム、DODGE MAGNUM ダッジマグナムを愛車に子育てを満喫。使い勝手に優れるステーション…
  6. 1985 CHEVROLET K5 BLAZER × LIFT UP 元祖アメリカンSUVとして人気を博すK-5ブレイザー
  7. 1969 CHEVROLET EL CAMINO SS396 巡り巡って覚醒させる運命を感じた憧れのエルカミーノSS396
  8. 1960 CHEVROLET IMPALA / 1936 FORD ROADSTER 60年型インパラと36年型フォード・ロードスターの2台を所有しア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×