オープン

ローライダーでありつつ、ビンテージ感も演出するシボレーベルエア!

1956 CHEVROLET BELAIR

1956 CHEVROLET BELAIR

1956 CHEVROLET BELAIR

EXTREME CUSTOMS 「自分色に染め上げる」それがカスタムの醍醐味

アメ車の販売だけでなく、カスタムにはとくに力を入れているクアート。X5に数多くの車両を輩出しており、2020年末に開催された2020のFINALに、個性豊かなアメ車をエントリーしていた。年代もスタイルもまったく異なるが「ナチュラルカスタム」が共通のテーマだ。

2ドア&オープンにアレンジするが、カタログモデルの様に見えるほど

丸味を帯びたそのボディは、どことなく愛らしささえも感じさせるベルエア。ローライダーのベースに愛用されることも多く、この車両も御多分に洩れずハイドロを組み込み、低さを強調。オリジナルは失礼ながらずんぐりむっくりした姿だが、それを見事に払拭しロードスター的なスタイルを実現している。とは言うものの、派手なペイントやミューラルなどの装飾は行なわず、色こそアレンジされているが、基本的にはオリジナルの塗り分けを遵守。内外装ともストックに近い状態を保ち、どちらかと言うと控えめな仕様に見えなくもない。

1956 CHEVROLET BELAIR

だが、その見た目に騙されちゃいけない。実はこのベルエア、ベースは4ドアのハードトップだが、ルーフを取り払ってリアドアをスムージング。オリジナルの2ドアはドアの直後にウエストラインの〝くびれ〟が入るが、このベルエアは微妙なクリアランスがあるが、言われなければ気づかなかったほど自然な仕上がり。エクステリアに合わせてシートや内装も同系色に張り替えているが、インパネ周りなどは極力オリジナルをキープしており、ローライダーとしてだけでなくビンテージカーとしての顔も持ち合わせていると言えるだろう。

サイド出しマフラーに見せるレークパイプを装着し、リアフェンダーにはさりげなくピンストも施す。確かにガッツリカスタムするのもアリかもしれないが、度が過ぎると痛々しく見えてしまうことにもなりかねない。やり過ぎず、でもノーマルとはさりげなく違う。まさにこのベルエアは、分かる人には分かる、ツウ好みのカスタムと言えるだろう。

フロントマスク周辺は、オリジナルを忠実にキープ。ワンタンクのハイドロで車高をダウン。刃の様なスポークが特徴的なFORGIATO・AVVIATOのオールクロームを組み合わせ、フロントは245/35R20、リアは275/35R20をセット。テールレンズは1959年型のキャデラックに変更する。

インテリアは張り替えこそ行なわれているが、基本的にはオリジナルをキープし、カセットデッキもそのまま!リアドアの内側も綺麗に処理されており、ドアがあったという面影は微塵も残されておらず、違和感をまったく感じさせない仕上がりだ。

1956 CHEVROLET BELAIR


インパクト絶大なチャレンジャー、一度見たら忘れられない存在

ラグジュアリーSUVの代名詞的存在で、根強い人気の第3世代エスカレード

半世紀の時間を超えて実現した、ビンテージカーと最新ホイールの共演【シボレーインパラSS】


QUARTT FAB
TEL:058-381-9167
HP:http://quartt.jp


★ PHOTO:浅井岳男
★ TEXT:空野稜

アメ車マガジン 2021年 3月号掲載


関連記事

  1. 1979 シボレー コルベット スティングレイ、1979 CHEVROLET CORVETTE STINGRAY コルベットC3をオリジナルボディで魅せる、優雅なコークボトルライ…
  2. _B0V49044 ニュースタイルローライダー シボレーカマロ /カスタムは実用性重…
  3. 2019 ALL-NEW CHEVROLET BLAZER RS 『シボレーブレイザーRS』次世代型クロスオーバーSUVとして登場…
  4. 1993y CHEVROLET C1500、1993y シボレーC1500 オフセットも細かく調整したフォージアート22インチを装着したC1…
  5. IMG_9646 「ザ・アメ車」の存在感 1953 キャデラック エルドラド【バー…
  6. 0S7A9376 実は絶滅危惧種のサードIROC-Z【1990 Chevy Cam…
  7. DSC_6845 アバランチなのにシエラ!? 究極のスラムドで魅せる シボレーアバ…
  8. DSC_9875 9人兄弟の五男と七男が選ぶ、大家族にマストなアメ車!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×