キャデラック

X5のマイルド部門を意識してノーマルっぽさを残した仕様のキャデラックATS

2013 CADILLAC ATS

2013 CADILLAC ATS

2013 CADILLAC ATS

EXTREME CUSTOMS 「自分色に染め上げる」それがカスタムの醍醐味

アメ車の販売だけでなく、カスタムにはとくに力を入れているクアート。X5に数多くの車両を輩出しており、2020年末に開催された2020のFINALに、個性豊かなアメ車をエントリーしていた。年代もスタイルもまったく異なるが「ナチュラルカスタム」が共通のテーマだ。

X5のマイルド部門を意識してノーマルっぽさを残した仕様

一見するとロワリング、リップ、タイヤ&ホイールを変更しただけに見えなくもないATS。だが、フロントリップはクアートのワンオフを装着しており、タイヤサイズは245/30R20に変更。それを履きこなすために、前後のフェンダーの爪はキッチリ処理が施されている。ちなみにマフラーもクアートの手によるワンオフで、あえてエンド部分をストレートに出さず、ATS‐Vの様に少し外側に向かって広がったスタイルを採用し、スポーティさを演出。

2013 CADILLAC ATS

ボディカラーに合わせ、ホイールはレクサーニのFIORANOをチョイス。センターハブ付近だけ切削が施され、オールブラックの中に、さりげなく華やかさを演出。さらにロックナットをトゥルースパイクにすることで、妖しい雰囲気も感じさせてくれる。

今後の予定としては、トランクスポイラーを追加し、スポーティさを強調するとか。シンプルに見えるけれど、ワンオフパーツを多用しながら、世界に1台だけの仕様を追求。良い意味で「ちょっと普通じゃない」スタイルだ。

フロントリップやマフラーは、クアートがワンオフで製作した物を装着。スプリッター風のデザインや、ATS-Vを意識したテールの処理などが、スポーティさを強調してくれる。これにトランクスポイラーが加われば、また違った印象となるだろう。

レクサーニのFIORANO

ナットはトゥルースパイク

ボトムスはレクサーニで統一。中央部だけ切削処理を施したFIORANOは非常に個性的で、これに前後共245/30R20をセット。ナットはトゥルースパイクに変更し、妖しさ満点。


インパクト絶大なチャレンジャー、一度見たら忘れられない存在

ラグジュアリーSUVの代名詞的存在で、根強い人気の第3世代エスカレード

半世紀の時間を超えて実現した、ビンテージカーと最新ホイールの共演【シボレーインパラSS】


QUARTT FAB
TEL:058-381-9167
HP:http://quartt.jp


★ PHOTO:浅井岳男
★ TEXT:空野稜

アメ車マガジン 2021年 3月号掲載


関連記事

  1. 1996 CHEVROLET IMPALA SS 【シボレーインパラSS】浮世離れしたサイズはもはやキングオブセダ…
  2. AM3I0150 高校時代に一目惚れ、300に対する愛は深い クライスラー300 …
  3. 2020 DODGE CHARGER SRT Hellcat Widebody DAYTONA 世界限定のデイトナ ヘルキャットよりも10hpアップの717hp…
  4. DSC_2744 イカツい黒のエスカレードから降りてくるドライバーは……
  5. Main_01 本国“ワイドボディキング”と結びつけるAZRコネクション【アズー…
  6. 1968 PLYMOUTH VALIANT、プリマスヴァリアント 素朴なスタイリングのなんかイイカンジな奴 プリマスヴァリアント
  7. 2007 キャデラック DTS、アメマガガール 「キャデちゃん」を手に入れて、ブランドのファンに染まる
  8. 2019 テスラ モデルS、2019 TESLA MODEL S 超最先端!バカっ速の100%EV 2019 TESLA MODE…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×