クーペ

青く輝く瞳の様にスポーティさと妖艶さを醸し出すチャレンジャーR/T

2015 DODGE CHALLENGER R/T

2015 DODGE CHALLENGER R/T

2015 DODGE CHALLENGER R/T

EXTREME CUSTOMS 「自分色に染め上げる」それがカスタムの醍醐味

アメ車の販売だけでなく、カスタムにはとくに力を入れているクアート。X5に数多くの車両を輩出しており、2020年末に開催された2020のFINALに、個性豊かなアメ車をエントリーしていた。年代もスタイルもまったく異なるが「ナチュラルカスタム」が共通のテーマだ。

エアロパーツの追加だけでなく、色の選択で存在感を強調させる

さて、トリを飾るのは全国的に人気が盛り上がっているチャレンジャー。やはりその強烈なキャラクターを引き立てるべく、スポーティな方向性に仕上げている。最大のポイントは、前後のエアロパーツやサイドスカートで、これはクアートのオリジナルパーツ。X5の会場ではサイドスカートが未装着だったが、さらに進化を遂げ、これらのアイテムは近日発売開始予定だ。また、取材の時点では社外品のオーバーフェンダーを装着していたが、いずれオリジナルのフェンダーも計画中とのこと。

2015 DODGE CHALLENGER R/Tトゥルースパイク

タイヤサイズはフロントが265/30R22で、リアは305/25R22を装着。組み合わせるホイールはレクサーニのLF‐783THANOSで、もちろんこれにも同色のトゥルースパイクをセット。ブラックの中に敢えてクロームを入れることで、足もとをより大きく見せている。もちろんサスペンションはエアサスに変更されており、KRZのデジタルコントロールタイプを惜しげもなく投入。青く輝く瞳の様にスポーティさと妖艶さを醸し出す1台だ。

フロント/サイド/リアのトランクとアンダーに至るまで、クアートのオリジナルパーツを装着し、チャレンジャーのスポーティ性をより強調させる。マフラーもクアートのワンオフで、エアロパーツに合わせた形状を採用する。

レクサーニのLF-783

ブラックの中で、存在感を否応なしに主張するレクサーニのLF-783。明るい膨張色をチョイスすることで、22インチでありながら24インチクラスに見せる視覚的効果を利用。この辺りはクアートの豊富な経験値の成せるワザと言えよう。


インパクト絶大なチャレンジャー、一度見たら忘れられない存在

ラグジュアリーSUVの代名詞的存在で、根強い人気の第3世代エスカレード

半世紀の時間を超えて実現した、ビンテージカーと最新ホイールの共演【シボレーインパラSS】


QUARTT FAB
TEL:058-381-9167
HP:http://quartt.jp


★ PHOTO:浅井岳男
★ TEXT:空野稜

アメ車マガジン 2021年 3月号掲載


関連記事

  1. 2018 FORD MUSTANG SHELBY GT350 2018 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK マッスルカーを語る上で切っても切れない存在がスティックシフト。
  2. IMG_0712 初代チャレンジャーの魂を色濃く反映 MOPARらしさが光る「T/…
  3. そろそろアメ車が乗りたいんだよね、マグナムって面白いかも
  4. _N6I5046 こだわりのマッチングならXO LUXURYでキマり!【デュークス…
  5. 252 限定モパー11をベースに刺激的な”足”を作り上げる ダッジチャー…
  6. 2015 Chevrolet Corvette Z06 Coupe 世界のスーパーカーをも凌駕する アメリカン・スーパースポーツ シ…
  7. 1963 ダッジ ポラーラ アーリー60’sのMOPARの主力車 独特のスタイリ…
  8. 1973 Plymouth Satellite、1973 プリマス サテライト ポテンシャルは低め…でもスタイリッシュ、エアロダイナミクスによる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×