セダン

ヘルキャットフェイス移植を黒基調でシンプルにメイクしたチャージャーR/T

2017 DODGE CHARGER R/T

2017 DODGE CHARGER R/T

2017 DODGE CHARGER R/T

EXTREME CUSTOMS 「自分色に染め上げる」それがカスタムの醍醐味

チャレンジャー人気の陰で秘かに今人気急上昇中の現行型チャージャー。旧モデルとは異なるシャープで洗練されたフェイスに拍車をかけるが如くヘルキャットフェイスへとスワップして、黒を基調に仕立て上げるタキシード系カスタムの真骨頂に迫る。

黒×赤の黄金比で洗練された印象へ

エクストリームカスタム、すなわち究極と名の付くカスタム企画としては少々大人しい印象のチャージャー。派手なボディカラーでもなければガルウィングといった分かりやすいインパクトを放つギミックも見当たらない。しかし、カスタムを突き詰めていくうえで不要なものと必要な物を嗅ぎ分け、厳選して手を加えていくことはある意味で究極である。それが20代前半の若いオーナーであればなおさらである。紹介するゆうへいさんは現在24歳、まさにそんな若きオーナーの一人だ。

2017 DODGE CHARGER R/T

チャージャー購入のキッカケは、4ドアセダンの輸入車を条件に物件を検索していて一目惚れし、たまたま在庫があるというショップに興味本位で見に行ったら瞬く間にハートを射止められて即決で購入したそうだ。あらかじめ自分の中に合ったコンセプトは黒基調でシンプルにカスタムすること。手始めにヘルキャットフェイスへのスワップから始まり、シンプルなリムデザインの5スポークにコンケーブデザインで絶妙なアクセントを取り入れたROHANA RC22インチホイールをインストール。フェンダーとタイヤの見事なかわし技による履きこなしと、チラッと除く赤いブレンボブレーキキャリパー&ドリルドローターの組み合わせも実に好印象。インテリアは思い切って赤一色で仕立てつつ黒い刺繍を取り入れるなど、コンセプトが明確で隙のないカスタムセンスはお見事。

20代前半となるとアレもコレもと過剰に装飾したくなるものだが、手数の多さに頼ることなくブレずに直向きにチャージャーと向き合う姿勢は眼を見張るものがある。

DSC_2142

レッドレザーにチャージャーの刺繍を取り入れたインテリアがボディカラーの黒とのコントラストで映える。BCレーシングのBRコイルオーバーキットRSタイプを採用する足回りで、ROHANA22インチをフロント265/30R22、リア295/25R22の異径でフェンダーをギリギリかわす様に加工して履きこなすリア斜め45度からのアングルはコンケイブと太履きが見事に主張されて美しく、シルエットで魅せるカスタムの奥深さなるものがある。

2017 DODGE CHARGER R/T

★ OWNER:ゆうへい


アメ車好きがつくり出す、住む人を優先したガレージハウス!

ノーマル派もカスタム派も、狙うべき稀少モデルここにあり!

カスタムも視野に入る 59年型シボレーインパラ

サバーバンに乗って、子供と一緒にドライブデート


Grace cab
TEL:0568-35-7790
HP:http://gracecab.jp


★ PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 3月号掲載


関連記事

  1. RSF_3006 クールな雰囲気のツヤ消しブラックにフルラッピングしたダッジチャー…
  2. N6I5519 V6で何が悪い?! スポーティに走れるダッジ【グッドスピードイン…
  3. 1979 Pontiac Firebird Trans Am、1979 ポンティアック ファイアーバード トランザム 乗りやすさと「刺激」を併せ持つ「筋肉車」ファイアーバード・トラン…
  4. DSC_2112 DODGE MAGNUM RT × SAVINI WHEELS【…
  5. 1978 Dodge D100 Warlock ダッジD100ワーロックは知る人ぞ知るニッチな存在
  6. 12 眠っている能力を開放させて、チャレンジャー本来の走りを体感せよ!…
  7. 2005 フォード マスタングGT、2005 FORD MUSTANG GT 第6世代マスタングを舞台に フルカスタムの楽しさ、ここに極まれり…
  8. 1996 DODGE RAM1500 チョコバナナクレープの様なファニーコントラストのラムトラック

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×