クーペ

レーシー且つストイックなスタイルでアシンメトリーにカスタムされたマスタングGT!

2014 FORD MUSTANG GT

2014 FORD MUSTANG GT

2014 FORD MUSTANG GT OWNER : KUNISAKI
Coast Motoring Owners Custom File

EXTREME CUSTOMS 「自分色に染め上げる」それがカスタムの醍醐味

今回の撮影車両で唯一のフォード車となったマスタング。実はオーナーのKUNISAKIさん、300SRTやチャージャー、そしてタンドラと数々のアメ車を乗り継いできた生粋のアメ車オーナーで、モパー系カスタムを一通り終えた後に着手したのが紹介するマスタングGTである。

2014 FORD MUSTANG GT

彼のコンセプトは一貫してぶれることのないアシンメトリーカスタム。以前愛用していた3台もすべて左右異なるギミックで魅せ場を作っており、今回のマスタングはSEMA SHOWをモチーフにデザインしたグレー×ブラックのラッピングを左右異なるデザインで導入。ホイールはWORKのVS20インチホイールで揃えつつもブラウンとブラックで履きこなすこだわりぶり。デュラフレックスオーバーフェンダーでフロント12J、リア14Jのディープリムを大胆に覆うユニバーサルエアー社の4輪独立エアサスや、ワンオフのフロントリップ、リアルーバーで魅せるレーシーなフォルムが相まって実にストイック! 車高調で足を固めるのではなく、エアサスを導入することで可能となるスラムドフォルムは他を圧倒するインパクトを誇っている。そんなビジュアルにもこだわらず、普段使いもしっかりとこなすファミリーカーとしても両立させるギャップがまた魅力的。次はどんなクルマをベースにアシンメトリーカスタムに着手するのか?興味深い。

DSC_0017

GTのタワーバーと赤いエンジンフードがクールなエンジンルーム。剥き出しのエアクリーナーへと連結するパイプ部分まで赤く仕上げることで統一感を演出。

ワークのVSホイールは片側をブラックリム、もう一方はマットブロンズカラーと異なる履きこなしで魅せるのがKUNISAKI流。大きく張り出したワンオフフロントリップとリアルーバーのインパクトが、ユニバーサルエアーで落とし込みロー&ワイドフォルムを強調させるオーバーフェンダーとのトータルバランスを端整する。


夜な夜な集まった10人は全員がアメリカンSUVに乗り、ボトムスは28インチを装着

せっかくカスタムするならオンリーワンでもさり気なくがキーワード ダッジチャージャー

セダン好きのショップ社長が選んだサメ顔のチャージャー


Thanks:COAST MOTORING
TEL:04-2946-7203
HP:http://coast-jp.co


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 3月号掲載


関連記事

  1. 2002 Chevrolet Monte Carlo、2002 シボレー モンテカルロ シボレーの「SS」の称号を冠した、最初の前輪駆動車、第6世代モン…
  2. 1980 FORD BRONCO 大きなアメ車が大好き!ブロンコは乗っていて楽しいの!
  3. 2015 DODGE CHALLENGER R/T 青く輝く瞳の様にスポーティさと妖艶さを醸し出すチャレンジャーR/…
  4. 1972y シボレーコルベット、1972y CHEVROLET CORVETTE アイアンバンパーを装備した最後の年となったのも72年型コルベット…
  5. ダッジチャレンジャーR/T スキャットパック ワイドボディ、ダッジチャージャーSRT ヘルキャット モダンマッスルの人気を支えるチャレンジャー&チャージャー最新モデ…
  6. 1970 Pontiac GTO Judge、1970 ポンティアック GTO ジャッジ ポンティアックを代表する名車にして、マッスルカーのアイコンである…
  7. 1966年 シボレー・シェベルSS ミドルサイズの大衆車「シボレー・シェベル」。普段乗りもできる! …
  8. 2017 Ford Mustang GT、2017 フォードマスタングGT 誰にでも分かってもらえることが、老若男女が寄ってくるアメリカンカ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×