クーペ

チャレンジャーをシャドーブラックルーフとディープコンケイブのボトムスで魅せる!

2010 DODGE CHALLENGER

2010 DODGE CHALLENGER2010 DODGE CHALLENGER OWNER : FUKAZAWA
Coast Motoring Owners Custom File

EXTREME CUSTOMS 「自分色に染め上げる」それがカスタムの醍醐味

かつてキャンディーゲートでリリースされていたエアロをコーストモータリングが受け継ぎ、そのエアロを自らフィッティング、ペイントして装着するのがFUKAZAWAさん。実はBESTという板金塗装ショップのオーナーであり、様々なカスタムカーの塗装を手掛けてきた職人である。

2010 DODGE CHALLENGER

取り入れたのはフロントリップスポイラーとヘッドライト上を延焼させるオーバーヘッドスポイラー、そして大きく角度を付けたダックテールスポイラーで、それぞれマッチペイントを施してインストール。マットブラックのボンネットに加えてルーフ部分をシャドーブラック柄のラッピングで強弱を付けることによって単純な赤黒のコントラストとは異なる、個性的なチャレンジャーへと仕立てた。グリル部分にナチュラルに溶け込むエンブレムは、まるで社外品の様に見えて実は同社のショップ名。あまりに自然で本国のチューンドメーカーの物かと見間違えるほどに溶け込んでいた。マフラーは東京オートサロンでもお馴染みの志村工業にオーダーしたワンオフステンレスマフラーで、ワークのジーストが魅せるストリートレーサー的雰囲気をより一層惹きたてる。過剰なワイドトレッドは避けつつもブラッシュドカラーを取り入れたディープコンケイブで魅せるボトムスワークはさすが業界人であり、塗装職人ならではの仕立ての良さが際立つ。

DSC_0050

6.1ℓのV8HEMIを搭載しておりMOPARのタワーバーやエアクリーナーの追加によってモパーマッスルらしいエンジンルームへと仕立てている。

ボンネット部分はあらかじめにダッジロゴを張ってからマットブラックのラッピングで閉じる手法で、エンボス的なビジュアルでロゴがひっそりと主張するように工夫。ただの赤黒コーデでは終わらせないギミックを随所に盛り込むこともカスタムの奥深さである。


夜な夜な集まった10人は全員がアメリカンSUVに乗り、ボトムスは28インチを装着

すべてのクルマ好きが楽しめる 熱い情熱をかけたイベントが再び『サマーコースト2018』

2019年の夏を締めくっくたサマーコースト、オールジャンルのUSカスタムモデルが集結


Thanks:COAST MOTORING
TEL:04-2946-7203
HP:http://coast-jp.co


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 3月号掲載


関連記事

  1. 2007y DODGE DURANGO、2007y ダッジデュランゴ 人気薄? だからこそ狙い目!優等生な2世代目デュランゴ
  2. アメマガガール、2018 DODGE CHARGER アメ車ズラリの職場で感じる、実用性重視のアメ車選び
  3. 2012 CHEVROLET CAMARO、2012 シボレーカマロ すべて面倒を見てくれる救世主の存在が、想像以上のカマロを生み出す…
  4. 2015 DODGE CHALLENGER R/T SHAKER、2015 ダッジ チャレンジャー R/T シェイカー 日米のチャレンジャーファンを魅了する!深い海をイメージした作品!…
  5. camaro_01_main 新型カマロのデビューすぐにカスタムの理由【ウイングオート】
  6. 1975y Mercury Marquis、1975年マーキュリー・マーキー フォードとリンカーンの間に位置するマーキュリーブランド。
  7. 250 すべてがハイパフォーマンス 走る楽しみを味わうSRTヘルキャット…
  8. CHEVROLET CORVETTE C3 【C3 コルベット】オリジナルボディの優雅で洗練されたフォルム …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×