セダン

チャージャーにスタンスやローライダー系のギミックを盛り込んだ進化系カスタム

2016 DODGE CHARGER R/T

2016 DODGE CHARGER R/T

2016 DODGE CHARGER R/T OWNER : NAGAIWA
Coast Motoring Owners Custom File

EXTREME CUSTOMS 「自分色に染め上げる」それがカスタムの醍醐味

クロスファイブファイナルにエントリーするため仙台から駆け付けたNAGAIWAさん。愛車のなチャージャーは白基調のシンプルな造り込みの中にさりげなく取り入れられたピンストライプが実にクール。VOSSENのユーロテイスト溢れるボトムスとグリルアンダーからバンパーにかけて巧みな塗り分けを施すことで表情を激変させる手法も斬新である。良い意味で精悍で洗練された印象へとアップデートされたチャージャーを、トラディッショナルなモパーマッスルの原点に引き戻しつつ、カスタムトラッキンやローライダー御用達のカスタムを絶妙に融合させて表現するチャージャーカスタムはまさに進化系!

2016 DODGE CHARGER R/T

HEMIのレタリングやサイドミラーのピンストライプも去ることながらエンジンルームまで徹底することでテーマの明確なスタイルが引き立つ。そのピンストはドア内の乗り降りするときにしか気づかない様な所まで取り入れられており、一寸の隙すら与えない妥協なきカスタムでありつつも、街中で変に浮かない奥に秘めた個性的なスタンスで仕上げている点は大人の嗜みとして好感が持てる。ちなみにマフラーエンドは一度両サイドへレイアウトされたエギゾーストパイプを最終的にバンパーに沿う様な形でセンターへとデザインされた個性的な造形で、サウンドビジュアル共に文句なしの逸品。

DSC_9880

ピンストライプと同系色のオレンジベースでラップペイントを施すエンジンルーム。カバーもしっかりと塗り分けられ、差し色的にシルバーリーフを取り入れるなど細部まで妥協なきカスタムの姿勢が伺える。

VOSSENのホイールをスマートに履きこなしつつ、ヘッドライトサイドやサイドミラー、ドアノブにリアウィングなど各部に取り入れるピンストライプが様々なジャンルのカスタム手法を高次元で融合させた進化系カスタムの証。


夜な夜な集まった10人は全員がアメリカンSUVに乗り、ボトムスは28インチを装着

セダン好きのショップ社長が選んだサメ顔のチャージャー

オトコ勝りなカスタムでメイクされたタホが相棒


Thanks:COAST MOTORING
TEL:04-2946-7203
HP:http://coast-jp.co


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 3月号掲載


関連記事

  1. 2018 DODGE Challenger SRT Hellcat EDGE CUSTOMS M-Line 人の縁を広げてくれる、それがヘルキャットの最大の魅力
  2. N6I5519 V6で何が悪い?! スポーティに走れるダッジ【グッドスピードイン…
  3. CA4R0031 日本でもっともクライスラー300Cを愛するアメ車女子
  4. 1965 PLYMOUTH BELVEDERE、プリマスベルベディア 426HEMI搭載のワイルドなプリマスベルベディア
  5. 憧れの地、ボンネビルにチャレンジした一人の日本人がいた
  6. CA4R003999 話題のワークスモデルを“ 百式” 強化武装!2009y ダッジ …
  7. 2013 CADILLAC ATS X5のマイルド部門を意識してノーマルっぽさを残した仕様のキャデラ…
  8. SEMAショーで見た同じスタイルの タコマを見てダコタでチャレン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×