クライスラー

サテンジェイド×ファントムトップの300C

2005 CHRYSLER 300C

2005 CHRYSLER 300C

2005 CHRYSLER 300C OWNER:K-BOYA(Instagram&Twitter:@k_boya247)

EXTREME CUSTOMS 「自分色に染め上げる」それがカスタムの醍醐味

サテンジェイド×ファントムトップ、さらに26インチのビッグリムで強烈に自己主張してみせる

ラグジュアリーシーンを賑わせたエスカレードやH2に代わってシーンを揺るがす猛者が登場。それが300C。カスタムベースとしての懐の深さから絶大なる支持を集めたこのクルマを用いて独自のメイクを貫くオーナーのスタイルを垣間見る。

強いカルチャー愛あってこそ、それを愛車に落とし込める

キャデラック・エスカレードやハマー・H2の登場によってラグジュアリーシーンが脚光を浴びた2000年代初頭。その次世代を担うがごとくクラシカルなスタイルで一躍時のクルマとなったのがクライスラー・300C。これまでにない独特の風貌からシーンを席巻したのが記憶に新しい。

2005 CHRYSLER 300C

一時期に比べると台数が減った様にも見受けられるが、300Cはカスタムのベースモデルとしては極めて高いポテンシャルを秘めているため、アレンジ次第で無限のスタイルが構築できると睨んだオーナーのK‐BOYA氏は希少色のサテンジェイドに目を付けた。シルバーでもなく、グリーンでもない、絶妙なニュアンスのカラーがカスタム心を高ぶらせ、そしてアイデンティティと言うべきフロントフェイスには、そのデザインをさらに強調するメッシュグリルを組み合せるとともに、ルーフをタンカラーのファントムトップにしてカラーコーデを楽しむ。

もちろんそのボトムスには、スタイルを構築するためには欠かすことのできないビッグリムをインストール。チョイスしたのは26インチのDUB WHEELS・DAZR。サスペンションはストックのままでこのサイズを飲み込む懐の深さは、ラグジュアリーシーンの第一線を走り抜いてきた300Cだからこそ成せる業。オーナー曰くこの仕上がりは「下品よりの超上品」と表現する。

26インチのDUB WHEELS・DAZR

ボトムスには26インチのDUB WHEELS・DAZRをインストール。若干の加工はされているが車高はストックのままで飲み込み、フェンダーを皮一枚でかわす。そしてこだわったサテンジェイドのボディカラーにメッシュグリルを装着し、ルーフにはファントムトップをあしらって独自のスタイルを構築。

オーナーのK-BOYA氏の本業はグラフィックデザイナーということで、デザインワークはお手の物。自身でデザインした柄をプリントして製作したロングTシャツをはじめ、写真の加工も得意分野。彼のSNSには映える写真が数多くアップされている。

DSC_1360


カスタムの最先端は、ホイールナットで遊ぶ!トゥルースパイク・ラグナット

MSTに集う若きアメ車オーナーたち コルベット&H2

DODGE MAGNUM RT × SAVINI WHEELS

4枚ドアをガルウイング化しLEDで夜間は妖しい光を放つ!2008y CHRYSLER 300C


M.S.T AUTOMOTIVE
TEL:03-5851-8701
HP:https://www.mst-automotive.com


PHOTO&TEXT:編集部
アメ車マガジン 2021年 3月号掲載


関連記事

  1. 1994 Chevrolet Caprice 曲線基調のしなやかなフォルムのカプリス
  2. 1962 Pontiac Bonneville、1962 ポンティアック ボンネビル レースシーンでも活躍した初期のマッスルカー ポンティアックボンネ…
  3. _N6I9096 ファッションのような気分でクルマをチョイス クライスラー300C…
  4. 2001 CHRYSLER PROWLER、2001 クライスラープローラー 近未来のホットロッドをコンセプトにBROCADE特注ホイールをイ…
  5. 2017 Lincoln Continental フラッグシップセダンのネーミングとして「コンチネンタル」が復活!…
  6. DSC_5361 ミニバン大国の日本市場 本場流で差別化を図る クライスラーパシフ…
  7. キャデラック ATS プレミアム 誰ともかぶらない新たな相棒としてキャデラック・ATSをゲット
  8. DSC_3977 セダン好きのショップ社長が選んだサメ顔のチャージャー【コーストモ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×