OTHER

土煙を巻き上げて疾走する、トロフィートラックに魅せられて…タンドラをベースに一から製作

Pre Runner 2007 TOYOTA TUNDRA LIMITED

Pre Runner 2007 TOYOTA TUNDRA LIMITED

Pre Runner 2007 TOYOTA TUNDRA LIMITED

EXTREME CUSTOMS 「自分色に染め上げる」それがカスタムの醍醐味

土煙を巻き上げて疾走する、トロフィートラックに魅せられて…

荒れた大地を土煙を巻き上げながらハイスピードで爆走するオフロードレース。そのレースで活躍するトロフィートラックの圧巻の走りっぷりは度肝を抜く。まさにそんな姿に魅せられてしまったオトコがタンドラをベースに一から製作。まだ完成形ではないと言うが、その姿はまさに砂漠を爆走しそうな佇まいだ。

本格派を目指してパーツはオリジナルで製作

F150にシルバラード、ラムといったアメリカンピックアップに負けず劣らずの迫力あるスタイルで真向勝負を挑み、アメリカ人たちを魅了したトヨタ・タンドラ。その流れが派生して日本でも逆輸入車ブームが巻き起こったのは記憶に新しい。Tファクトリーの代表である多並氏もそのブームの影響を受けてタンドラに魅了された内のひとり。早々にも手に入れたかったそうなのだが、諸事情あり7年我慢してようやく手に入れた愛機だという。

当初はタンドラでは定番のリフトアップスタイルで乗ろうと軽い気持ちでいたそうなのだが、ある時たまたま目にした動画が多並氏の思いを一変させたのである。それは、オフロードレーサーのBJバルドウインがトロフィートラックを駆り猛烈な勢いで走り回っているものだった。そして彼がドライブするマシンに釘付けとなり、これがカスタムの方向性を決定づけた。だが、あくまでも動画で使用しているマシンはレースモデルということで、オフロードレースのコースをデモランするプレランナー目指すこととした。

Pre Runner 2007 TOYOTA TUNDRA LIMITED

そのスタイルを構成する一番の肝は、やはりブリスターフェンダー。アメリカ本国にはこの手のフェンダーを製作するアフターメーカーが多く存在するが、多並氏はそれらから取り寄せて装着するのではなくあくまでもオリジナルにこだわり、純正フェンダーを流用加工してオリジナルを作り上げた。そのため市販品とは異なるデザインであることはもちろんのこと、細かなチリ合わせも完璧に仕上げられている。さらにフロントにはスキッドプレートと4灯フォグを装備したオリジナルのチューブバンパーを装着し、リアも同じくオリジナルのチューブバンパーを装備するとともに、ベッドにもオリジナルのロールバーをセット。さらにリアゲートを取り外してネットを装着することでプレランナーらしさを体現した。

トラック&SUVのカスタムではオフロードスタイルが昨今の流行りだが、実際にオフロードを走る機会もそうそうないため、どちらかといえばストリート寄り。しかし、このタンドラはより本格派を目指して、まだまだ進化を止める気配はない。

Pre Runner 2007 TOYOTA TUNDRA LIMITED

プレランナースタイルを体現させるべく、既存のバンパーを取り払ってチューブバンパーを前後に装着。フロントはKCの4灯フォグランプにスキッドプレートを備えるとともに、鋭角に切り上げることでアプローチアングルの確保。リアも同様でディパーチャーアングルを確保しつつ、リアゲートを取り外してネットとすることでスタイルアップ。さらにベッドにもロールバーが装着されているが、これもオリジナル。シートはsparcoのフルバケに交換。オーディオはKICKERで、リアシート裏の小スペースにウマいことセットしている。

METHOD RACE WHEELS 301

MAXXIS RAZR MT 40×13.5

ホイールはレースシーンでも実績の高いMETHOD RACE WHEELSの301でサイズは20×9J。タイヤはできるだけ大きいサイズをということでMAXXIS RAZR MTの40×13.5をチョイスし、ボディカラーに合わせたイエローレターを施す。スポークの間からは特注仕様のブレンボのブレーキシステム(F/6pot & 405rotor R/4pot & 385rotor)が顔を覗かせる。

DSC_1129

フロントサスペンションは、TOTAL CHAOSのアッパーアームを採用するとともにFOXのリザーバー付きの2.5シリーズコイルオーバーショックを装着し、リアにもFOXショックを採用。上げ幅はフロント3、リア1.5。

DSC_1181

前後とも左右に大きく張り出したフェンダーは、アフターパーツメーカー品ではなく、純正を流用加工してオリジナルで製作した逸品。フォルムはフロントからツリ上げたデザインとすることで高さを強調している。また、その見た目から出幅は相当に感じるが、車検に適合する様に全幅は225㎝に抑えられている。


AutoStage T.FACTORY

TEL:0480-53-7353


★PHOTO&TEXT:編集部
アメ車マガジン 2021年 3月号掲載


関連記事

  1. _N6I65760 ワッツのC10は、見た目以上に現代的に仕上げられているのが特徴。…
  2. 1993y CHEVROLET C1500、1993y シボレーC1500 オフセットも細かく調整したフォージアート22インチを装着したC1…
  3. 2019 ラム1500 ララミー ロングホーン クルーキャブ、2019 RAM1500 LARAMIE LONGHORN CREW CAB ラムの厳つさを残しつつ、ラグジュアリーピックアップに変貌!?
  4. Chevrolet C-10 シボレーC-10が最も〝ヴィンテージ〟だった時代の最終モデルと言…
  5. 1973 デ・トマソ パンテーラ、1973 DE TOMASO PANTERA スタイルと走りを徹底的に追求し、エアサスやホイールをワンオフ製作…
  6. 1969 CHEVROLET EL CAMINO SS396 巡り巡って覚醒させる運命を感じた憧れのエルカミーノSS396
  7. IMG_5210 90sハイテックを匂わせるクールトラック【1997 Chevy …
  8. DSC_0362 多少仕様は違っても黄色のシボレーC-10を好む同志として急接近

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×