SUV

カスタムの楽しさを残すAZRの新提案【ジープグラディエーター】

2020 JEEP GLADIATOR SPORT S

2020 JEEP GLADIATOR SPORT S

2020 JEEP GLADIATOR SPORTS

EXTREME CUSTOMS 「自分色に染め上げる」それがカスタムの醍醐味

ラングラーから派生したピックアップトラックであるグラディエーターを、アズールモータリング(AZR)がカスタムを施し販売中だ。あえてフルカスタムにはせず、購入するオーナーがカスタムする楽しさを残したカタチとなっている。

発展の楽しさもあるがこのままでも十分納得

新車、中古車を問わず、販売台数を伸ばすラングラー。2018年に日本へ導入された新型のJLラングラーも売れ行きは好調で、今ではジープブランドがもっとも日本で売れているアメ車となっている。その人気に続けとばかりに登場したのが、ラングラーの4ドア・アンリミテッドをベースにするピックアップトラック「グラディエーター」だ。

日本では正規販売されていないグラディエーターを、いち早く輸入し販売を始めたのが愛知県のアズールモータリング(AZR)。ノーマル派が一定層存在するため、当初はノーマルのみを販売していたが、カスタムを施した新車コンプリートモデルの販売を開始した。

フロントバンパーはスミッティービルト、リアはDV8オフロード、サイドステップはN FABのアイアン製に変更し、フェンダーは50mmワイドタイプに交換。AZRが展開するホイールブランドSKYパフォーマンスホイールの、オフロードモデルSKYオフロード(17インチ)を装着し、35インチのモンスター・エクストリーム・マッドテレーンタイヤを組み込む。さらに、ラフカントリーのリフトアップキットによって3.5インチアップが施されている。

カスタムの認知度が高いAZRだけに、やり込めばさらなるカスタムも可能だが、「購入後のカスタムする楽しさを残す」という観点から、あえてこの状態でとどめた。もちろん、このままでも十分納得できるスタイルなので状態キープするのも良し、発展を求めて手を加えても良いだろう。

フロントバンパー:スミッティービルト、リアバンパー:DV8オフロード、サイドステップ:N FABに変更。それぞれはラングラーでも人気のパーツだけに、グラディエーターでも当然ながらベストマッチ。ヘッドライトはORACLE、テールレンズは純正オプションのLEDに変更されている。

35インチのマッドテレーンタイヤを装着するだけに、オーバーフェンダーの拡張は必須。50mmワイドタイプに交換されている。

SKYパフォーマンスホイールのオフロードタイプである「SKY オフロード」

ラフカントリーのサス ペンションにより、3.5インチリフト アップ

AZRのオリジナルホイールブランド「SKY」。鍛造モデルのSKYフォージド、鋳造モデルのSKYパフォーマンスホイールに分かれるが、新設定されたのがSKYパフォーマンスホイールのオフロードタイプである「SKY オフロード」。適応車両はラングラー及びグラディエーター。サイズは17インチ。タイヤはモンスター・エクストリームのマッドテレーン(35×12.50R17LT。ラフカントリーのサスペンションにより、3.5インチリフトアップされている。

_K2A8303

バックミラーには、フロント・サイドを切り替えで映すデジタルモニターを設置。カスタムだけではなく、便利アイテムも追加セット。

グラディエーターをベースにカスタムを施しているのは、ビレットシルバーの他にレッドカラーモデルも販売中。基本的にカスタムメニューは同じだが、こちらのタイヤはオールテレーンとなっている。ボディカラーの違いでも印象は変わり、タイヤの違いだけでも大きく変わる。タイヤの選択もカスタムの重要な部分なので、じっくり見比べ検討したいところだ。


【フォードF-150ラプター】世界中に名を馳せるパンデムのエアロパーツで更に巨体に!

50mmワイドフェンダーにジャストフィットするホイール【SKY off-road ホイール】

ブラックとシルバーで様々な車種にマッチするSKY PERFORMANCE ホイール

大きなクルマに乗りたい。そんな彼女が選んだのは、可愛らしい雰囲気とは対局のJKラングラー。


AZZURRE MOTORING
所在地:愛知県豊明市沓掛町前田2-5
TEL:0562-95-1118(アメ車ショールーム)
HP:http://azzurre-motoring.com


写真&文:相馬一丈
アメ車マガジン 2021年 3月号掲載


関連記事

  1. Chevrolet Blazer、シボレーブレイザー 本物志向のミリタリースタイルのK5ブレイザーをファミリー仕様へ大…
  2. 2006 Jeep Grand Cherokee LIMITED 5.7 4wd 日本では確実に少ない左ハンドルのグランドチェロキー
  3. 2017 TOYOTA TUNDRA CrewMax SR5、2018 TOYOTA TUNDRA CrewMax SR5 2台のタンドラに施されたカスタムは、両極端なリフトアップとローダ…
  4. B0V8232 何とも言えない個性的なスタイリングが最大の特徴と言えるシボレーC…
  5. 2005 HUMMER H2 LUXURY-PKG オフ仕様の人気が上昇もハマーH2の王道はラグジュアリーだ!
  6. 幼なじみがそろって選んだ、フォード元ディーラーというパートナー
  7. ラム1500 ララミー ロングホーンエディション、RAM 1500 LARAMIE LONGHORN EDITION 旬のトレンドアイテムにて現行型ラムをアップデート
  8. シボレーS-10、CHEVROLET S-10 狭い道も余裕の実用性に長けたサイズ感とネイティブな雰囲気が魅力の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×