タイヤ

カスタムユーザー専用!それがNITTOタイヤ

_N6I2282

_N6I2282

NITTO MUD GRAPPLER × FORD RANGER LARIAT / NITTO INVO × EDGE CUSTOMS CHALLENGER R-LINE

THE BOTTOMS

TOYO TIREの1ブランドで、ハイパフォーマンスモデルから本格的なオフロードモデルまで、豊富なラインナップを展開するNITTO。とくにカスタムを楽しむコアなユーザーに的を絞った潔さが最大の魅力と言える。

_N6I2254

アグレッシブなトレッドパターンや、かなり攻めたタイヤサイズなど、「ノーマル車両お断り!」と言えるほど、大胆な戦略を展開するNITTO。実はTOYOの1ブランドで、メインマーケットは日本よりも北米が中心となる。国産車に乗っているユーザーなら「ふ〜ん」で話は終わるが、北米マーケットがメインと言うことは、アメ車のためのタイヤ!と言っても決して過言ではない。そのラインナップを見てみると、非常に個性的な物ばかりで、路面に残された跡を見れば銘柄がわかるほど。タイヤは消耗品ではなく、カスタムパーツの1つと考えているオーナーのためのブランドだ。

NITTO INVO × EDGE CUSTOMS CHALLENGER R-LINE

NITTO MUD GRAPPLER × FORD RANGER LARIAT

さて、毎年開催される東京オートサロンだが、2021年は無観客という形でTOYO TIREブースの情報を配信中。撮影当日にはNITTOブースも完全に再現され、例年と同様LUXZの渾身のデモカーが展示された。前ページでも紹介しているが、ノーマルを凌駕するワイドな姿にアレンジしたチャレンジャーRラインにはNITTO INVOを、そしてラフカントリーのキットでリフトアップし、アグレッシブさを強調したレンジャーには、日本で正規販売されていないがすでに多くのユーザーが愛用するマッドグラップラーを装着。NITTOが目指す、「コアなユーザーのためのタイヤ」という世界観を見事に具現化しており、タイヤだけでもなく、ボディパーツだけでもない、バランスの良いカスタムを提案していた。

EDGE CUSTOMS CHALLENGER R-LINE

_N6I2377

チャレンジャーRラインのキットを装着し、ノーマルよりも遥かにワイドにアレンジ。タイヤはNITTO INVOで、フロントは285で、リアは何と345!ノーマルではとても装着できないが、こんな途方もないサイズをラインナップするところに、NITTOの遊び心が感じられるだろう。

FORD RANGER LARIAT

FORD RANGER LARIAT

前後バンパーはFab Forceに変更してLEDを組み込み、ワイルドさを強調。NITTOの中でもっともオフロードに特化したマッドグラップラーは、ノーマルでは装着できない35インチをチョイス。大径タイヤに20インチリムを組み合わせるのが、今のアメリカンスタンダードだ。


THANKS :(株)トーヨータイヤジャパン ニットータイヤ販売部
HP:http://www.nittotire.co.jp

PRODUCE by ラグジ
TEL:058-259-3922
URL:https://luxz.jp


PHOTO ★浅井岳男
TEXT ★空野稜
アメ車マガジン 2021年 4月号掲載


関連記事

  1. レクサーニタイヤ ほかでは入手困難なSUV用のレクサーニタイヤを中心にラインナップ…
  2. 名称未設定 1 のコピー スタッドレスタイヤの老舗ノキアンタイヤが打ち出すモデル「R3」
  3. _B0V0922 衝撃的なルックスのマッドテレーンタイヤ YOKOHAMAジオラン…
  4. 2018 ジープラングラールビコン、ヨコハマジオランダーX-AT NEWエクストリームタイヤを試す!!SUV&トラックにベストフィ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×