SUV

ジープをこよなく愛したお父さんの愛車を守り続ける二代目ジープガイ

Jeep CJ3A-J4

Jeep CJ3A-J4

Jeep CJ3A-J4

Jeep 荒野の覇者 Go Anywhere,Do Anything

Jeepのルーツは軍用車だ。が、第二次大戦後、Jeepは軍用だけでなくシビリアンユースにもその目を向け始めた。その狭間にあったのが、ここで紹介する「CJ3A-J4」。お父さんが大のJeep 好きだったという石田さんは、今もなお、お父さんの愛車を守り続けている。

ステンレスパーツに変更サビないビンテージジープ

軍用からスタートして、第二次世界大戦後は、民間用としても開発され始めたJeep。その黎明期に登場したのがCJ2A、そして今回紹介するCJ3Aだ(CJ‐1Aは試作車のみ)。

このCJ3A‐J4(1958年に日本に通関)のオーナーは、石田仁彦さん。元の所有者は石田さんのお父様で、米軍の車両を自衛隊がレンタル、その車両を払い下げで手に入れたのだそう。ちなみにCJ3A‐J3は、おなじみ、三菱ジープの初期モデル。J4は同じクルマだが、軍用に用いられた車両だ。

Jeep CJ3A-J4

石田さんのお父様はすでに鬼籍に入られているが、相当のJeep好きだったらしく、まず、ご覧のように丸ごと、ステンレスボディに載せ換えられている。しかも当時、軍用とされたM38のようにローフード化もされている。「当時、フィリピンで〝ジプニー〟というモデルがあって、そのステンレスパーツを使っているんですね。もう、載せ換えて20年くらいたっていますが、外に保管していてもご覧のとおりですよ」

その他、エンジンを三菱ジープの名機・G54B型に載せ換えたり、幌を新調したり。今なお、快調な走りを見せてくれている。

まさに民間用Jeepの原点とも言えるJ4。お金では買えない貴重なJeepを、石田さんは守り続けているのだ。

CJ3Aの元のスタイルは、三菱ジープと同様だが、石田さんのお父様がオールステンレスボディにモディファイ。合わせてローフード化も行なっている。幌は後年、レストアしたもので、生地はホンダS2000のものと同じ。耐候性も高いのだ。

当時、フィリピンのメーカーがリリースしていた“ジプニー”のボディキットに載せ換え。すでに20年を経ているが、サビはもちろん、腐食もまったくない。三菱ジープのパーツはなくなりつつあるが、“J4”のパーツは世界でまだまだ手に入るという。

194A0293

194A0116

ステンレスはボディだけでなく、シートフレームやロールバー、ソフトトップのフレームなどにも使用。ソフトトップはオーダーメイドしたもので、最新の素材を用いて作成。ウィンドー部分も含め、紫外線に強い仕様だ。

エンジンは三菱ジープJ57に搭載されていた伝説の2.6ℓガソリン、G54B型に載せ換え。タコ足からマフラーにかけ、排気系も4→2→1のオールステンレスに構成。トランスミッションは4速MT だが、オーバードライブも追加されている。

インパネ部分もステンレスだ。メーター類もほぼオリジナルでまとめているが、撮影に合わせてオートメーターを取り寄せていたそうだが間に合わなかった。ロールバーは直立しているのではなく、CJ-7などのように少しスラントした形状になっているのがこだわり。シートはフレームをステンレス化、表皮はオリジナル。ロールバーに着けたスピーカーは船舶用で濡れに強い。

194A0338

サスペンションは日本のアフターパーツメーカー「モトレージ」のリーフスプリングに、FOXショックアブソーバーをプラス。若干、リフトアップしながら、乗り味はかなり快適、だそう。走りのバランスは現代的なのだ。

BFグッドリッチM/T、31×10.5R15

タイヤはBFグッドリッチM/T、31×10.5R15は、もちろんオリジナルサイズよりかなりファット。フェンダーもこのサイズのタイヤに合うよう、加工している。前輪にはフリーホイールハブを装備。初期Jeepでは、ホイールナットは右ネジと左ネジがあり、つまりタイヤの回転方向に対し緩みにくい仕組みとなっている。

石田仁彦さん(58)Kimihiko Ishida

194A0483

お父様から受け継いだJeepを、自分も愛し続ける石田さん。ご本人は実は手練れのジェットスキーヤーだ。30年以上の経験を重ね、今は“ヴィンテージクラス”に参戦中。ちょっと古めのジェットスキーで戦うクラス。「クルマもジェットも古いほうが好きなんですよ」とのこと。


PHOTO★古閑章郎
TEXT★高坂義信
アメ車マガジン 2021年 5月号掲載


関連記事

  1. 2020 フォード エクスプローラー ST、2020 FORD EXPLORER ST 人気は本国でも快調! 新型第6世代エクスプローラー
  2. AX JKラングラーを本国アメリカで人気のカスタマイズ仕様に仕上げる【…
  3. LAX STYLE JEEP XJ CHEROKEE Semi Complete MODEL 20年前のXJチェロキーをリモデルし個性を追求!【LAX STY…
  4. 2018 ジープグランドチェロキー トラックホーク、エッジカスタムズ、2018y Jeep Grand Cherokee TRACK HAWK ノーマルと圧倒的に存在感が違う、史上最強&最速のJEEPが降臨!…
  5. _N6I6791 今こそゲットしたいハマーH2。派手過ぎないのがスタイリッシュ。
  6. JEEP女子、2019 ラングラーアンリミテッドサハラ 迫力系のカスタムJeepに乗る。21歳のスノーボード好き女子!
  7. _N6I0686 本格的な走破性に快適性を備えた、アンリミテッドをよりワイルドに【…
  8. ’05 Hummer H2、’05 ハマー H2 保育園の送迎から買い物まで、夫のHUMMER好きから始まったH2…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×