シボレー

シェビーバンフェイスにカスタムしたバモスから本物のアメ車へ格上げ!

2001 CHEVROLET ASTRO & HONDA VAMOS

2001 CHEVROLET ASTRO & HONDA VAMOS

2001 CHEVROLET ASTRO & HONDA VAMOS

“カタチから入る”逸楽アメ車生活

10年前にパンク系バンド「ANTHELL」を一緒に結成後、5年前に結婚したMASARU&HIMEさん。音楽活動に重きを置くため、選ぶ愛車は常に機材が積めて車中泊可能が必須条件。しかしアメ車風の軽バンでは限界を感じて、遂に本物のアメ車をオーダー!

バンドのイメージカラー赤黒にこだわって製作!

大阪を拠点としながら日本全国を周り、さらには台湾や中国といった海外でも音楽活動をするMASARU & HIMEさん。ANTHELLという名のパンクバンドで名前の由来は「蟻地獄」。Aで始まるとリストの上位に上がりやすく、漢字で表現しても格好良いことが決め手となった。

そんな彼らが選ぶ初めてのアメ車はAで始まるアストロ。これも何かの縁があるのではと感じる筆者。聞くところによると、撮影当日まで写真のバモスを愛用しており、バモス歴はざっと10年を上回る。シェビーバンフェイスに魅了されて購入したこともあって「次に乗るなら本物のシェビーバン!」と当初は考えていたそうだが、ブルーリバーに相談して自宅の駐車スペースまでシェビーバンで乗り付けてもらい、停めてみるとハミ出る始末。しかし角目のビンテージなフェイスは譲れないと悩んでいた矢先に山倉氏から「カーゴフェイスをベースにイメージするアストロを製作しましょうか?」と提案されたのがアストロ購入の決め手となった。

2001 CHEVROLET ASTRO

実はブルーリバーがかつて軽自動車のアメリカンカスタムをしていた時からの付き合いで、長く愛用してロングドライブも日常茶飯事な彼らのカーライフを熟知していたため、作るなら程度の良いディーラー車をベースにした方が良いと探すも皆無。なので2001年モデルをベースに外装レストアレベルのオールペイントを敢行。ビンテージな雰囲気を色濃くすべく、立体的なサイドパネルは取り去り、リアバンパーはスムースタイプに換装後クローム処理を施す。さらにルーフ&サイドミラーの塗り分けに赤黒を取り入れて2人のイメージカラーを導入した。

ホイールも定番のビレットや昨今トレンドの純正然としたスチール系ではなく、個性的でプレーンな3ピースをチョイス。残すはクローム加工を施したカーゴフェイスを待つのみだったが、本誌締め切りのタイミングに間に合わず、最初で最後の純正顔での誌面掲載となった。撮影時初めて仕上がった自分の愛車を見て、「これなら行き先や予定も決めず、ノリで2~3日車中泊しながら旅もできる!」とご満悦な2人。また、今まで機材車両とアーティスト移動の2台体制だった地方ライブ遠征も、アストロ一台で動けると大喜び。愛車のスケールがビッグになったことで、アーティストとしても大きな節目となるハズ。夢をBIGに持ち続けるべく、クルマもBIGにすることは、モチベーションを高める最良の選択と言える。

塗りたてホヤホヤのソリッドブラックは極艶で新車レベルの輝きを誇り、赤いルーフとサイドミラーのコントラストが際立つ。お任せでオーダーしたホイールは3ピースのMOZZER17インチ。現状225/50R17のタイヤは今後もう少し太めのタイヤへ換装予定。内装は実にクリーンでセカンドシートは車中泊に便利なリクライニング機能付き!

わざわざサイドパネルを外して塗り替えるなら、本国仕様のベース車両を選べば手間が省ける。しかし長年愛用することを見据えてディーラーモデルの程度重視というところがポイント。ブルーリバー全盛期にフルエアロやファントムグリルなど、お金をかけて数々のアストロを製作してきた山倉氏も、当時とは異なるお金の掛け方ではあったが、ニーズに合わせたアストロ作りに全力を尽くしてくれた。

IMG_2906

OWNER : MASARU & HIME(ANTHELL)


THANKS:BLUE RIVER
TEL:0725-56-6400


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 6月号掲載


関連記事

  1. 1975y CHEVROLET C-20、1975y シボレー・C-20 ’75モデルのシボレーC-20はクラシカルなスタイル…
  2. 1971 Chevrolet Elcamino、1971 シボレー エルカミーノ 71年型はビッグブロックが搭載された最後のエルカミーノ
  3. IMG_1038 絶対に浮気なんてしませんよ! 嫌いになる理由がないですから!20…
  4. The 2017 Camaro ZL1 is poised to challenge the most advanced performance cars in the world in any measure  Ewith unprecedented levels of technology, refinement, track capability and straight-line acceleration. A cohesive suite of performance technologies tailors ZL1’s performance, featuring an updated Magnetic Ride suspension, Performance Traction Management, electronic limited-slip differential, Custom Launch Control and Driver Mode Selector. The ZL1 Convertible’s modular underbody bracing provides the same sharp, nimble handling as the coupe, while its fully automatic top can be raised or lowered with a single button while driving up to 30 mph, or lowered remotely with the keyfob. 最強のカマロがさらに最強になった!ヘルキャットも凌駕する!? 2…
  5. _N6I9096 ファッションのような気分でクルマをチョイス クライスラー300C…
  6. シボレーコルベット、ハマーH2 MSTに集う若きアメ車オーナーたち コルベット&H2
  7. 2016y CHEVROLET CAMARO、2016y シボレー カマロ 究極のスラムドスタイルにグラインダー タトゥ―・ゴーストペイント…
  8. 1994 Chevrolet Caprice 曲線基調のしなやかなフォルムのカプリス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×