クーペ

ボリューム感溢れるワイドなチャレンジャーに一目惚れ!

2018 DODGE CHALLENGER SXT plus

2018 DODGE CHALLENGER SXT plus

2018 DODGE CHALLENGER SXT plus

“カタチから入る”逸楽アメ車生活

キッカケは3年ほど前に街中で走っているマッスルカーを見かけたこと。それまで国産車に乗っていたが、そこからアメ車に乗りたい熱が急上昇!スタイルを重視しつつも、コストも大事と考えた奈須さんが辿り着いたのが、この個体だ。

アメ車の味をまず知りたいそこでワイド仕様を選択!

街で見かけたマスタングに衝撃を受け、そこからアメ車の世界にのめり込んだ奈須さん。でも色々と調べるうちにカマロも捨て難いと思っていたが、チャレンジャーワイドを見た瞬間「これしかないでしょ!」と、まさに一目惚れ。確かにワイドボディはノーマルフェンダーよりも断然カッコいいし、パフォーマンス面でも非の打ちどころがないクルマだと言える。維持費はともかくとして、値段はなかなかシビれるレベル。初めてのアメ車だし、まずはどんな物か知りたいので、ベースグレードをカスタムした仕様はないかな…と探していたところ、トップスピードの在庫車両に巡り会った訳だ。

2018 DODGE CHALLENGER SXT plus

以前の愛車はアクセラで、走りを楽しむためにそれなりにカスタムしていたとか。とはいえそろそろ身を固める準備も必要。そこで最初からカスタムしてあるクルマにすれば、大幅な出費はしないだろう…ということで、SXTプラスをベースに、ワイドスタイルにアレンジした仕様をチョイス。ボディカラーは白と黒があったそうだが、彼女から「黒は雰囲気が怖すぎるからヤメテ!」と言われ、白を選んだとのこと。ちなみに奈須さんのチャレンジャーは、2020年の秋に1度アメマガにチラっと登場しているのだが、残念ながらその誌面を見て問い合わせたのではなく、たまたまネットで発見したそうだ(涙)。

購入したのは2020年11月でまだアメ車経験は浅いが「思っていたよりも全然運転しやすく、ネットなどで不評を目にしていましたが、あまりアテにならないなと思いましたね。V6でも必要にして十分すぎるほどの走りが楽しめます。でも、次に乗るならV8を選びたいですね(笑)」とのこと。

カスタムはしないつもり…と言っていた奈須さんだが、「そうは言ってもホイールぐらいは入れたいですね。あとは今まで青いクルマを乗り継いできたので、ブルーにオールペンするか…」と、早くもカスタムの虫が疼いている様子。

若者のクルマ離れという言葉が当たり前になって久しいが、それは全員に当てはまる訳ではない。また、クルマが便利な道具になりすぎ魅力がなくなっているのも理由の1つだ。だからこそ奈須さんのように〝個性的なクルマに乗りたい!〟と思う若者がアメ車を選ぶのは、自然な流れと言える。

_N6I2054

フロントマスクはヘルキャットスタイルに変更し、ボンネットやオーバーフェンダーを装着してワイドスタイルにアレンジ。ブラックトップパッケージ装着車なので、フューエルリッドやリアスポイラーはマットブラックに仕上げられている。サスペンションはアイバッハのスプリングに交換し、若干ロワリングを実施。クウォーター&リアウインドーにはルーバーを装着し、クラシカルな雰囲気を演出する。

_N6I1978

ベースとなるのは3.6ℓのV6を搭載するSXT plus。エントリーモデルのSXTよりも充実した装備がポイントで、レザーシートやアルパインのサウンドシステムが標準装備。またアルミ製のペダルも装着され、スポーティな雰囲気も漂う。

2018 DODGE CHALLENGER SXT plus

OWNER : TAKASHI NASU


THANKS:TOPSPEED
TEL:058-322-7547
HP:http://www.garage-topspeed.com


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2021年 6月号掲載


関連記事

  1. 2015y フォードマスタング エコブースト、2015y FORD MUSTANG Eco Boost 派手さは不要だが、違いを見せる姿へ、ライオン流カスタムスタイル
  2. _N6I2600 ハイパフォーマンスMOPARもSPORT名古屋でGetできる!【…
  3. 2014 シボレーコルベット フォルテスタイル C3のコークボトルボディを想起させる、グラマラスなフォルテC7ワ…
  4. 1969 ダッジ ダート 最速を誇るマッスルカーの頂点として君臨するダート
  5. 1973 Pontiac Firebird Trans-Am、1973 ポンティアックファイアーバードトランザム 入手困難になりつつあるポンティアック ファイアーバード トランザ…
  6. MR.AKIRA & FORD MUSTANG ゴーストタトゥーを身に纏う、ROHANエアロのマスタング
  7. 1971 PLYMOUTH GTX 生粋のマッスルパッケージと言われるプリマスGTX
  8. フォードマスタング、FORD MUSTANG たまたま見かけた50thアニバーサリーのマスタングに一目惚れ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×