クーペ

ワイルド・スピードを見て決断! 軽自動車からチャレンジャーへ!

2011 DODGE CHALLENGER SE

2011 DODGE CHALLENGER SE

2011 DODGE CHALLENGER SE

EXTREME AMERICAN

ずっと軽自動車が愛車だったが、ワイルド・スピードを見てアメ車に興味を持ち、チャレンジャーを購入した西森さん。奥様の目を気にしつつ、お小遣いの範囲でコツコツとカスタムしていく!

どうせ乗るなら黒ボディが欲しい!

3年前に購入した11年型チャレンジャー・SEは、西森さんにとって初めてのアメ車。それまで西森さんは軽自動車が愛車で、アメ車は興味のあるクルマだったものの「輸入車なので、何処で買っていいか分からなかった」と、購入を検討するまでにはならなかった。

2011 DODGE CHALLENGER SE

だが、ワイルド・スピードを見てその思いは一転。「アメ車が欲しい! チャレンジャーが欲しい!」。問題はやはり、何処でチャレンジャーが買えるのか。そのことを会社の先輩に相談すると、「知り合いのショップがアメ車を扱っているから行ってみれば」と教えられ、勇気を持って訪れたのがエクスカーズだ。するとそこには、映画で見たチャレンジャーが堂々と止まっており、思わず目を輝かせた西森さん。「まさに一目惚れです。だけど、そのチャレンジャーがオレンジ色だったのが唯一の不満。黒が好きなんです」。オレンジ色は、ダッジファンではお馴染みのゴーマンゴーだが、西森さん的には好みではない。だがレクサーニ22インチや、ブレンボが装着されている見た目は好印象。黒に拘り他の車両を探すか、オレンジを受け入れるべきか…。一人悩む西森さんに、「じゃ、これを黒にオールペンしちゃう?」と提案したエクスカーズ。そうして、西森さん好みの黒ボディのチャレンジャーは誕生する。

「結婚後だったら購入は反対されてたかも」と、今でも奥様の目は気になるが、お小遣いの範囲内でカスタム進化を模索する西森さん。奥様に聞こえないように、「エアサスが欲しいです!」

_DSC9624

エクスカーズで初めて見たときは、ボディカラーはゴーマンゴーだった。ボディカラー以外の部分は好印象だったため悩んでいると、オールペンを勧められ、好みの黒にオールペンをして購入。ボンネット内側はその名残りが見受けられる。

_DSC9615

_DSC9632

ホイールはレクサーニの22インチ。V6モデルながら、強化ディスクやブレンボブレーキが装着されているのも購入の決め手となった。

_DSC9659

OWNER : 西森弘二さん


EXCARS
TEL:0867-34-1020
URL:http://excars-st.com


PHOTO:高原義卓
TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2021年 7月号掲載


関連記事

  1. 1969y FORD MUSTANG MACH Ⅰ、1969 フォードマスタング 歴代マスタングの中で最もポピュラーなのは、「マッハ1」デビューイ…
  2. 1969 フォードマスタング Mach1 マスタング史上もっともスタイリッシュな1969年型
  3. アイファイブ、I-5 アイファイブならではの確固たるスタンスは、リニューアルしても変わ…
  4. _N6I4467 ノンターボで楽しむ チャレンジャーSRT392 正統派モダンマッ…
  5. 2011y DODGE CHARGER、2011y ダッジ チャージャー チャレンジャーには負けないチャージャーカスタムの面白さ
  6. 1956 BELAIR、1956 ベルエア クルマは走ってナンボ!ビンテージカーだって快適・快速がイイ
  7. IMG_9984 華麗なるビンテージ・ダッジ
  8. _HMP536411 ヘルキャット・ワイドボディが、WHAコーポレーションに到着!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×