SUV

ジープならではの優れた走破性とトラックとしてのユーティリティは最強!

DSC_2423

DSC_2423

Jeep Gladiator Rubicon

GO! GO! OUTDOORS!! アメ車と楽しめ「ソト遊び」
PLAY FOR THE SHEER JOY OF OUTDOOR

フルサイズトラックでもSUTでもなく、グラディエーターはどこにも属さない独自の本格派オフローダートラック。ジープ譲りの走破性と日本国内でも扱いやすいサイズ感に、大容量の荷台を追加したスタイルは、まさに最強のアウトドアビークル!

ダイレクトに積める荷台がアウトドアをより豊かに!

チャレンジャーやマスタング、カマロといった本国モデルのマッスルカーを中心としたラインナップが多い印象のBUBU阪神ではあるが、本国でしかリリースされていないアメ車はジャンルを問わずデリバリー可能。今回はそんなレアモデルの中からグラディエーターを持ち出して、実際にアウトドアシーンでどの様に使えるかを検証してきた。現車は2020年型のルビコン。FOXレーシング製のショックを採用してヘビーデューティー仕様の四駆システムやウインチマウントを備えるフロントバンパー、17インチの専用アルミホイールを装備。トップとオーバーフェンダーがボディ同色となる最上級グレードだ。

Jeep Gladiator Rubicon

特筆すべきはその走破性。キングオブオフローダーだけに、シルバラードやラム、Fシリーズといったアメリカンピックアップとは一線を画す走破性を秘めており、良い意味でピックアップ然としていないところも粋。ちなみに荷台部分はオフロードバイク2台が搭載できるほどの積載力を誇っており、撮影時に使用したテントやテーブル、チェアにクーラーボックスをフル積載しても余裕で事が足りてしまう。また、マットを敷いてテーブルをレイアウトすればベッド部分で軽食を楽しんだりして寛ぐ〝上座〟的な使い方もできて、キャビンとはリアガラスを介してダイレクトにコンタクトが可能。モデル概要やスペックだけでは計り知れない楽しみ方が盛りだくさん。

ジープにしてジープにあらずの個性派グラディエーターで、あなたなら何してソト遊びを楽しむ?

フロントマスクからドア部分まではJLラングラーと同じフォルムとなるが、後方部分が31インチ、ホイールベースが19.4インチ延長されるグラディエーター。ただ単に4ドアモデルのリア部分を荷台にしただけじゃなく、バランスやフォルム造型美を加味したデザインが独特の個性を際立たせる。

搭載エンジンはJLラングラー同様3.6ℓのV6エンジンで、285hp、最大トルク260lb-ftを発生させる。最新の8速ATによる軽快なギアチェンジは、フル積載時もストレスフリー。ボンネットフードはトップグレードのルビコンならではのダクトが付いた立体的なデザインな物が採用されており、スタイリッシュかつスポーティーな印象を高める。

スポーツ、スポーツS、オーバーランド、ルビコンの順でハイグレードとなり、トップグレードとなるルビコンにはFOXレーシング製ショックを標準装備。ホイールはグラナイトクリスタルの17インチで285/70R17のタイヤをインストール。背面タイヤではなく荷台の裏側にスペアタイヤをレイアウトしており、積載容量を充実させているのも特徴。

DSC_2464

機能美溢れる洗練されたコックピットへと進化を遂げたJLラングラーと同じレイアウト。しかし、ラングラーの日本国内モデルの右ハンドルとは異なる左ハンドルも本国らしさを高めつつ、トラディッショナルな四駆切り替えシフトノブも健在。ステアリング裏側にはシフトアップのパドル操作が可能なスイッチも完備する。ブラックレザーに赤いルビコンの刺繍があしらわれたシートがハイグレードらしさを色濃く感じさせてくれる。

Jeep Gladiator Rubicon

マリンスポーツやアウトドアで汚れた荷物も気にせずダイレクトに積載できるところがピックアップの魅力。リアゲートを開放してマットを敷けば大人も余裕で寛げる広大なスペースを確保できるだけでなく、その気になればカヌーやバイク、ジェットスキーのトランポとしても活躍できる。その可能性はまさに未知数だ。


THANKS:舞洲バーベキューパーク
HP:https://maishima.com/bbq-park/


BUBU HANSHIN
TEL:06-6427-5151
HP:https://www.bubu.co.jp


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 7月号掲載


関連記事

  1. マスタングエコブーストプレミアム、レネゲードリミテッド マスタング愛が強すぎてどんな理由でも手放せない!
  2. 2018ダッジデュランゴSRT、2018 DODGE DURANGO SRT 2018年型ダッジ・デュランゴは3列シートを備えた世界最速モデル…
  3. ジープグランドチェロキー、JEEP GRAND CHEROKEE SENS CUSTOM BRAND『BCD』 プレミアムSUV用エアロブランド「BCD」は、派手すぎず、シンプ…
  4. ジープレネゲードトレイルホーク、JEEP RENEGADE TRAILHAWK アメマガガール:MIZUKI コンパスと迷ったけれど決め手はフロントマスク ジープレネゲード …
  5. _N6I1178 ジープのスタイルや個性を守りながらも性能や機能が進化した新世代ラ…
  6. 1988 & 1991 CHEVROLET K5 BLAZER、1988 & 1991 シボレーK5ブレイザー ビンテージに近づくK5ブレイザーも、ラピードなら安心して乗れる!…
  7. 幼なじみがそろって選んだ、フォード元ディーラーというパートナー
  8. 【JLラングラー】不変のアイコンを変えずに進化させる、デザインの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×