クーペ

父と同じアメ車乗りになって、親子でフォードファミリー

2017 FORD MUSTANG

2017 FORD MUSTANG

2017 FORD MUSTANG

FUN to DRIVE MUSCLE CAR -マッスルカーに乗る悦楽-

同級生の家族が所有するどのクルマよりも、父が乗るクルマが一番カッコ良く、それが昔からの自慢だったKAZUさん。父が乗るアメ車に憧れ、ついに自身もアメ車デビュー!

クルマを買ったときの家訓があるんです

免許取得前後、どんなクルマに乗るかを考えるのは本当に楽しい。しかし、夢はあれど現実を知り、「とりあえず」のクルマを選ぶ人がほとんどだろう。だがKAZUさんは、「絶対にアメ車」と他のクルマには目もくれず、初めての愛車として、真っ赤なボディの17年型マスタング・エコブーストを購入する。

ここまで強い意志があったのはKAZUさんの父が昔からハマー・H2に乗っており、その圧倒的な威圧感は、同級生の家族のクルマと比べて一番カッコ良く、それが大きな自慢だった。こうして多感な時期を父が運転するH2と共に過ごしたことで、「俺もアメ車に乗る!」となるのは必然だったのである。

2017 FORD MUSTANG

KAZUさんが悩んだのは「どんなクルマに乗るか」ではなく「どのアメ車を買うか」。自分の好みは、チャレンジャー・チャージャー・カマロ・マスタングのマッスルカー。すると、意見を聞こうとした父がH2からフォード・ラプターに乗り換え。そのことから「親子でフォードに乗るのも面白いかも」と、マスタングを選択することになる。

「父が言う我が家の家訓は、クルマを買ったらホイールを替えろなんです(笑)」。この家訓を守り、ホイールを純正からRTR・20インチに替え、ホワイトのセンターストライプを注入し社外グリルをセット。まだまだカスタムは計画中で、それを悩む毎日が楽しいと語るKAZUさん。父の後を追い、憧れたアメ車ライフは始まったばかりだ。

2017 FORD MUSTANG

ホワイトセンターストライプを入れ、社外グリルに変更。カスタムは今後も計画中で、ボンネットピン、ウインドルーバー、リアウイング、マフラーなど、走りを意識するメニューが並ぶ。

現在25才のKAZUさん。小さい頃に父が所有していたハマー・H2が自慢のクルマだったこともあり、自身もアメ車に乗ることを決意。現在はフォード・ラプター乗りの父曰く「我が家の家訓は、クルマを買ったらホイールを替えろ」ということで、純正ホイールをRTR・20インチに変更。

11

OWNER : KAZU さん


株式会社 ガレージトップスピード
住所:岐阜県瑞穂市十九条239
電話:058-322-7547
営業時間:10:00-20:00
定休日:月曜日
HP:https://www.garage-topspeed.com/


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜

アメ車マガジン 2021年 8月号掲載


関連記事

  1. _DSC708222 大胆にピンクを取り入れ厳つさを消し去る!フォードマスタングGT5…
  2. _N6I5137_ マスタングオーナーたちをウイングオートがサポート
  3. DSC_5840 大胆メイクでヴィンテージマッスルカーの新境地を開拓! その名は「…
  4. IMG_9981 ノックダウン生産された車をベースに、レストア必須のストック状態か…
  5. _N6I1745 29年型フォード・モデルAと、27年型フォード・モデルT、博物館…
  6. 1971 PLYMOUTH BARRACUDA ‘Cuda、1971 プリマスバラクーダ クーダ クーダはプリマス・バラクーダの中でも尖ってるモデル
  7. 0S7A1337 ラグジュアリーパーソナルカーを象徴する4th 1964 フォード…
  8. 2018 DODGE CHALLENGER SET HELLCAT ステップアップするオーナー続出中、チャレンジャーの大本命!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×