クーペ

父と同じアメ車乗りになって、親子でフォードファミリー

2017 FORD MUSTANG

2017 FORD MUSTANG

2017 FORD MUSTANG

FUN to DRIVE MUSCLE CAR -マッスルカーに乗る悦楽-

同級生の家族が所有するどのクルマよりも、父が乗るクルマが一番カッコ良く、それが昔からの自慢だったKAZUさん。父が乗るアメ車に憧れ、ついに自身もアメ車デビュー!

クルマを買ったときの家訓があるんです

免許取得前後、どんなクルマに乗るかを考えるのは本当に楽しい。しかし、夢はあれど現実を知り、「とりあえず」のクルマを選ぶ人がほとんどだろう。だがKAZUさんは、「絶対にアメ車」と他のクルマには目もくれず、初めての愛車として、真っ赤なボディの17年型マスタング・エコブーストを購入する。

ここまで強い意志があったのはKAZUさんの父が昔からハマー・H2に乗っており、その圧倒的な威圧感は、同級生の家族のクルマと比べて一番カッコ良く、それが大きな自慢だった。こうして多感な時期を父が運転するH2と共に過ごしたことで、「俺もアメ車に乗る!」となるのは必然だったのである。

2017 FORD MUSTANG

KAZUさんが悩んだのは「どんなクルマに乗るか」ではなく「どのアメ車を買うか」。自分の好みは、チャレンジャー・チャージャー・カマロ・マスタングのマッスルカー。すると、意見を聞こうとした父がH2からフォード・ラプターに乗り換え。そのことから「親子でフォードに乗るのも面白いかも」と、マスタングを選択することになる。

「父が言う我が家の家訓は、クルマを買ったらホイールを替えろなんです(笑)」。この家訓を守り、ホイールを純正からRTR・20インチに替え、ホワイトのセンターストライプを注入し社外グリルをセット。まだまだカスタムは計画中で、それを悩む毎日が楽しいと語るKAZUさん。父の後を追い、憧れたアメ車ライフは始まったばかりだ。

2017 FORD MUSTANG

ホワイトセンターストライプを入れ、社外グリルに変更。カスタムは今後も計画中で、ボンネットピン、ウインドルーバー、リアウイング、マフラーなど、走りを意識するメニューが並ぶ。

現在25才のKAZUさん。小さい頃に父が所有していたハマー・H2が自慢のクルマだったこともあり、自身もアメ車に乗ることを決意。現在はフォード・ラプター乗りの父曰く「我が家の家訓は、クルマを買ったらホイールを替えろ」ということで、純正ホイールをRTR・20インチに変更。

11

OWNER : KAZU さん


株式会社 ガレージトップスピード
住所:岐阜県瑞穂市十九条239
電話:058-322-7547
営業時間:10:00-20:00
定休日:月曜日
HP:https://www.garage-topspeed.com/


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜

アメ車マガジン 2021年 8月号掲載


関連記事

  1. 1976 FORD MUSTANG GHIA、1976 フォードマスタング GHIA 人気のファーストの後、74年に登場したセカンドジェネレーションの…
  2. 2020 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK [FROSTBITE]、2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK [B5 BLUE] チャレンジャーに新たに採用された“フロストバイト”を同系色の“B…
  3. CHEVROLET CAMARO RS 巨大なGTウイングなどを装着し、レーシングカー的なオーラを纏うカ…
  4. DODGE CHARGER、ダッジチャージャー ノーマルからわずか1年足らずで仕立て上げたスラムドチャージャー
  5. 1973 Plymouth Satellite、1973 プリマス サテライト ポテンシャルは低め…でもスタイリッシュ、エアロダイナミクスによる…
  6. 1968 Plymouth Barracuda、1968 プリマスバラクーダ ドラッグマシンをストリート用にリフレッシュした「バラクーダ」
  7. 2019 FORD MUSTANG BULLITT、2019 フォード マスタング ブリット 1968マスタングGT390ファストバックの現代版復刻トリビュー…
  8. 2016y CHEVROLET CAMARO、2016y シボレー カマロ 究極のスラムドスタイルにグラインダー タトゥ―・ゴーストペイント…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×