クーペ

ワイルド・スピードを見て親子がマッスルカーデビュー!

_DSC0597

_DSC0597

2009 DODGE CHALLENGER SRT8
2012 DODGE CHARGER

FUN to DRIVE MUSCLE CAR -マッスルカーに乗る悦楽-

父・松川武生さん、長男・琉希さんともにクルマ好きだが、愛車購入は相談せずに事後報告で車種もバラバラ。だが、ワイルド・スピードを家族で見たことをキッカケに2人はマッスルカーに魅了され、それぞれ購入に向けて動き出していく。

家族に内緒で父が突然チャレンジャー購入

アメ車が活躍する映画といえば、誰もが口を揃えて言う「ワイルド・スピード」。今年夏には第10作目となる「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」の公開が控え、再びアメ車が注目されることは間違いない。

そんなワイルド・スピードに登場するアメ車の迫力に圧倒され、アメ車を購入するオーナーも多いのだが、紹介する松川さん親子もまた、ワイルド・スピードを見たことをきっかけに初めてのマッスルカーデビューを果たす。

父・武生さんは大のクルマ好きで、これまで多くのクルマを所有してきた。クルマの買い替えは基本家族に相談することもせず、次から次へと父のクルマが入れ替わるのは、もはや松川家では当たり前の光景だった。そんな父を見て育った長男・琉希さんもまたクルマが好きで、父と熱く語り合うことはないものの、父が買い換えるクルマは常に気になっていた。

_DSC0741

そんな松川家が数年前、家族団らんで新作公開されたワイルド・スピードをTV視聴。それを見て目を輝かせたのは武生さん。実は武生さん、20年以上前にサバーバンに乗り、いつかまたアメ車が欲しいと思っていたが、最近のアメ車は価格が高いこともあり、「欲しいけど我慢」という状態が続いていた。だが、過激に走り回るアメ車の姿を見て我慢の限界に到達。いつものように、ひっそりとネットで車両を検索し、岡山県のエクスカーズにたどり着く。訪問したショップには、映画に出ていたダッジ・チャージャーが堂々と止まり大興奮。しかし、その隣りに並ぶチャレンジャーの威圧感にも釘付けになる。「ずっとチャージャーばかり見てきたんですが、生で見るチャレンジャーのカッコよさに惹かれてしまって…」。想定外の恋人登場により、その場で判断できずに一週間悩んだ末、下した決断は真っ赤なボディが刺激的な09年型チャレンジャー・SRT8。「赤いボディが自分に似合わないと思って悩んだんですが、今となっては赤が一番の自慢です」。

一方、琉希さん視点から話を聞くと、「チャレンジャー買ったから」。突然真っ赤なチャレンジャーを自宅に乗り付け、いつものように家族に事後報告した武生さん。「マジかって思いました。実はワイルド・スピードを見て、チャージャーに乗ろうと決めてたんです。それがまさか、父がチャレンジャーに乗るなんて…」。思いもよらず、父が先にマッスルカーデビューしたことに悔しさもあったが、「お前も好きなクルマに乗ればええんじゃ」と父が言った言葉を「俺も買ってもいい」と解釈し、頭金の貯金を開始。そして一年前、友人が働くカーショップに行き12年型チャージャーの購入を決断する。武生さんがそのことを知るのは、「ローン会社のものですが…」という電話で知ることになる。「そりゃ驚きましたよ(笑)。でもね、驚き7割・嬉しさ3割です」と、琉希さんに聞こえないようにホンネを語る。

武生さんのさらなる夢は、一緒に撮影に来た長女・瑠夏さんもアメ車に乗ること。一方の琉希さんの夢は、父のチャレンジャーを手に入れること(笑)。彼女の奈央さんももしかしたら? 今後の松川家からは、アメ車にまつわるネタがドンドン増えていきそうだ。

いつかは娘にもアメ車に乗って欲しいかな
2009 DODGE CHALLENGER SRT8

2009 DODGE CHALLENGER SRT8

3年前に父の武生さんが購入した09年型チャレンジャーSRT8。アメリカンレーシングの22インチ、RUSHの車高調を組む。赤いボディカラーが派手過ぎると購入を迷ったが、今ではその赤が一番のアピールポイント。25年ぐらい前にサバーバンを乗っていたこともあり、基本的に左ハンドル車が好きで、その時の趣味により色んなクルマに乗り換えてきた。因みに一緒に撮影するのは松川家の長女・瑠夏さん。クルマに全く興味がないわけでななく、武生さんは瑠夏さんがアメ車に乗るのを夢見ている。「父と兄のクルマどちらが好き?」の質問に、即答で父のクルマと答え、武生さんは満面の笑みだ。

2009 DODGE CHALLENGER SRT8

OWNER : 松川武生さん

ここだけの話父のチャレンジャー狙ってます!
2012 DODGE CHARGER

2009 DODGE CHALLENGER SRT8

琉希さんが1年前に初めてのアメ車として購入した12年型チャージャー。それまでは国産ミニバンに乗っていたが、ワイルド・スピードを見てチャージャー購入を決意。基本的にカスタムは購入時のままで、社外22インチホイール、車高調、トランクスポイラー、カーボンボンネットが装着されている。憧れのチャージャーを手に入れたものの、父のチャレンジャーと乗り比べるとパワー不足が不満のようで、いつかは父のチャレンジャーを手に入れることを密かに模索する。また、仲良く写真に映るのは彼女の奈央さん。彼女にとってもチャージャーは自慢のクルマで「メッチャ、カッコいい!」と語るが、「でもお父様のクルマのほうが素敵です」と、しっかり空気を読むあたり、松川家とは上手くやっていけそうだ。

2012 DODGE CHARGER

OWNER : 松川琉希さん


EXCARS【エクスカーズ】
TEL:0867-34-1020
URL:http://excars-st.com


PHOTO:高原義卓
TEXT:相馬一丈

アメ車マガジン 2021年 8月号掲載


関連記事

  1. 2013 DODGE CHALLENGER R/T 2014 FORD MUSTANG GT オーバーフェンダーにしろ、ノーマルフェンダーにしろ、限界までロワ…
  2. 2018 DODGE CHALLENGER SRT DEMON ベース車両はチャレンジャーデーモン、唯一無二の姿を実現する
  3. 2012 CHEVROLET CAMARO 日本国内限定16台のみリリースされた学生時代からの憧れのカマロを…
  4. DSC_0154 同じC4コルベットでも前期と後期では異なる魅力を放つ
  5. 1989 CHEVROLET CAMARO IROC-Z 見た目はカジュアルながら機関は良好なカマロIROC
  6. 250 すべてがハイパフォーマンス 走る楽しみを味わうSRTヘルキャット…
  7. 1978年フォード・マスタング キングコブラ、1978y FORD MUSTNG KING COBRA 存在自体が希少なモデルのマスタングⅡ。さらに希少なのが、唯一とな…
  8. 1969y CHEVROLET IMPALA COUPE、1969年シボレー・インパラ クーペ フレームオフレストアにより、美しく生まれ変わったインパラ・クーペ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×