セダン

絶対に乗ると決めた1台がチャージャーだった。

2012 DODGE CHARGER SRT

2012 DODGE CHARGER SRT

2012 DODGE CHARGER SRT

FUN to DRIVE MUSCLE CAR -マッスルカーに乗る悦楽-

高校の頃の待ち受け画面はダッジのクルマ!

アイドルやファッションよりも、クルマが好きだった高校時代の唯さん。ネットで見たダッジ車の迫力に惹かれ、携帯の待ち受け画面にまでしてしまう。それ以来ダッジ車ばかりを追い続け、絶対に乗ると決めた1台がチャージャーだった。

初めて見たダッジはナイトロです!

「ちょっと変わった女子高生だったかも」と、当時を振り返る唯さん。同級生の話題はアイドルやファッションだったのに対し、唯さんは「エンジンが付いているもの」に夢中になり、特にクルマが一番好きだった。色んなクルマをネットで見ているなかで、二度見するほど目に止まったのが、なんとダッジ・ナイトロ。「ダッジというブランドを知らなかったんですが、グリルの形に一目惚れしたんです」。そこから唯さんは、そのナイトロの画像を携帯の待ち受け画面に設定してしまう。だがダッジをさらに詳しく調べると、もっと興味が湧くモデルを発見する。それがチャージャーだ。「絶対にこれに乗る!」。

_K2A8621113

とはいえすぐにその夢は叶えられず、免許取得後はずっと国産車を所有。しかし、チャージャーは所有していなくても、インスタでチャージャーを所有する人を片っ端からフォロー。そこで仲良くなったフォロワーさんに、チャージャーなどのLXモデルが集まるイベントに誘われ参加したことで、一気にチャージャー所有の思いが加熱する。「いろんなチャージャーを見ていたら、もう我慢できなくなって…」。参加者の方に埼玉のオールインポートを紹介され、自分好みの先代チャージャーを探してもらうとすぐに見つかり、運命を感じて即決。「チャレンジャーや新型チャージャーも見たんですが、やっぱり私はこっちのデザインが好き」。

2012 DODGE CHARGER SRT

純正のデザインが好きということで、カスタムにはあまり興味はなく、ボーラアタックマフラー、ボンネットピン装着だけに留め、希望条件にSRTを指定したように、走ることが何より好きな唯さん。助手席にチャイルドシートを設置しているので無茶はできないが、本当はもう少し、SRTの風を感じたい唯さんである。

高校時代にダッジ・ナイトロのグリルデザインを見てダッジに興味が湧き、そこからチャージャーを知ることになった唯さん。2021年3月に念願の12年型チャージャー・SRTをオールインポートで購入。車両を探してもらう際に出した絶対条件は、中期型モデル、SRT。条件に合う車両が出るまで待ち続ける覚悟だったが、すぐに車両が見つかり即決。見た目を崩すカスタムに興味はなく、ボーラアタックマフラー、ボンネットピンを装着したのみ。手を加えるとしたら、走りの性能をアップするメニューに限るそうだ。因みに普段の足は国産セダン。2歳になる娘さんは、チャージャーよりもチャレンジャーを見ると興奮するらしい。将来は親子でマッスルカーもあるかも?

チャージャーのお尻も好き♪
OWNER:YUI


ALLIMPORT【オールインポート】

TEL:048-959-9419
URL:https://www.allimport.jp/


Photo&Text:KAZUTAKE SOMA

アメ車マガジン 2021年 8月号掲載


関連記事

  1. 2012 CHRYSLER 300C カスタムした時の振れ幅が大きいと現行300Cをワイド化して魅せる…
  2. 2007 CHRYSLER 300C ブルーコーディネートされた07年型300Cに一目惚れ
  3. 俺たちのアメ車ライフ 長男が憧れたハマーH2、助手席に乗った父と弟も一瞬にしてアメ車の…
  4. 1969 ダッジ ダート 最速を誇るマッスルカーの頂点として君臨するダート
  5. 1967 Dodge Dart、1967 ダッジダート 存在感としては控えめながら、血統の良さでアメリカでは人気のダート…
  6. 2019 CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY スタッフ自ら愛用するチャレンジャー得意店『プロスピード』
  7. そろそろアメ車が乗りたいんだよね、マグナムって面白いかも
  8. 2011 DODGE CHARGER R/T 映画で見たチャージャーに一目惚れ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×