GMC

【GMC シエラ AT4 / CHEVY シルバラード ハイカントリー】圧倒的な存在感のフルサイズピック

'19 GMC SIERRA AT4、'18 CHEVY SILVERADO 1500 High Country

'19 GMC SIERRA AT4、'18 CHEVY SILVERADO 1500 High Country

’19 GMC SIERRA AT4
’18 CHEVY SILVERADO 1500 High Country

AMERICAN TRUCKS -ピックアップトラックの無限なる可能性-

圧倒的な存在感のフルサイズピック アメリカントラックのアドバンテージ

ハマーやJeep、SUVなどを得意としている「スカイオート」だが、もう1車種、忘れちゃならないアメ車がある。そう、ピックアップトラックだ。フルサイズもよし、日本で乗りやすいミドルクラスもよし。常時、魅力的なピックを取りそろえているほか、もちろんオーダーするのだってOKだ!

アッパーグレードのクルーキャブはLuxury & Roomy!

ハマーH1のスペシャリストでありながら、JeepやSUVを中心にアメ車を筆頭に輸入車全般を扱うプロショップでもある「スカイオート」。中でもピックアップトラックにもこだわりを持っていて、GM系やMOPAR系、フォードのフルサイズからミドルクラスまで、確かなノウハウでUS現地から新車・中古車を仕入れ、国内にデリバリー。アフターフォローも各自動車メーカーの正規CPU診断機を完備し、創業40年の実績を証明する、質の高いサービスを提供してくれる。

'19 GMC SIERRA AT4

そんなスカイオートが今回、イチオシするのは2台のフルサイズ・ピックアップトラック、「GMCシエラ」と「シボレー・シルバラード」という、いわばGM系の兄弟車だ。

いずれもダブルキャブより後席スペースを大きく取った〝クルーキャブ〟仕様。シエラは「AT4」、シルバラードは「ハイカントリー」というアッパーグレードな車両で、本革シートなど超ラグジュアリーな装備も満載だ。

'18 CHEVY SILVERADO 1500 High Country

モデルイヤーは、シエラが現行型と同じフェイスの’19年型、シルバラードは先代にあたる’18年型。いずれもLEDのライティングを多用した現代的なエクステリアで、フルサイズのボディサイズ同様、インパクトのある存在感。また搭載エンジンは、いずれも5.3ℓV8ガソリン、トランスミッションはシエラが10速AT、シルバラードが8速ATの組み合わせ。パワー&トルクはもちろんだが、出来のいいATは想像以上に良好な燃費にも貢献している!


'19 GMC SIERRA AT4

’19 GMC SIERRA AT4

GMCといえば、もともとGMのコマーシャルビークルのセグメント、つまりトラックやバンなどのスペシャリティ・ブランドだったが、現在はその“ 商用車然”としたイメージはなく、むしろ個性的なプレミアム感さえ漂わせるブランドとなった。

そんなGMCからリリースされるフルサイズのピックアップトラックが「シエラ」だ。シボレー・シルバラードとは兄弟車、ということになる。

今回の車両はオフロード・パフォーマンスを追求したグレード「AT4」仕様。サスペンションは純正で2インチアップ、ランチョのショックアブソーバーで武装している。4WDシステムはパートタイム式だが、2WD、4WD・Hi、4WD・Loのほか、オンデマンドでフロントに駆動配分する4WD・AUTOモードも備えている。

広々とした室内、安全装備を含めた先進的ギミックの数々は、アメリカン・フルサイズならではのものだ。

今回の仕様は後部座席のスペースを広くとった“クルーキャブ仕様”。ホイールベースは約4m!全長は5886mm、全幅2063mmの巨体はそれだけでも強烈なインパクトだが、さらに巨大なフロントグリルは圧倒的だ!

194A0172

サスペンションはフロント独立懸架のダブルウィッシュボーン・コイル式、リヤにリーフ・リジッドを採用。AT4は通常グレードに比べ2インチアップの仕様で、さらにランチョ・ショックアブソーバーも採用されている。タイヤは標準で、275/60R20を装着。

巨大なサイドミラーは、もちろんトレーラー牽引を想定してのモノ。さらに今回の仕様は、ミラーをサイドに引き出すことも可能だ。デューリー並みの視界確保で、安全性も向上するのだ。

シエラのテールゲートはGMCならではの“ マルチプロゲート”。ゲートを階段状にアレンジすることができ、デッキの昇降機能を確保。手でつかむグリップもゲート横に内蔵されている。

194A0300

インテリアはラグジュアリーSUVそのものといった雰囲気で、いわゆるトラック然とした空間ではない。シートはレザー張りでフカフカというよりタイトな乗り味。セカンドシートは座面も高く、見晴らしがいい。シートバック裏に秘密の収納もあったりする。

5.3ℓV8にはグレードによって6速、8速、10速のATが組み合わされるが、「AT4」グレードには10速。4WDシステムは後輪駆動ベースのパートタイム式だが、オンデマンドでフロントに駆動を振り分けるAUTO、いわゆる“ フルタイム4WDモード”も備える。


'18 CHEVY SILVERADO 1500 High Country

’18 CHEVY SILVERADO 1500 High Country

シボレーの誇るフルサイズ・ピックアップトラックシリーズが「シルバラード」だ。ライトデューティな仕様からヘビーデューティ仕様まで、カンペキなラインナップを誇るが、今回の仕様はライトデューティ…とは言っても一般ユースには剛健なほどだが…な1500仕様で、乗用志向の強いモデルだ。

グレードは最上級の「ハイカントリー」。’18年モデルで現行型のフェイスとは異なるが、それでもLEDフェイスは存在感があり、また先に紹介したシエラよりは少しスマートな印象だ。こちらもクルーキャブ仕様で、SUV的なユースも十分可能。

エンジンは5.3ℓV8ガソリン、組み合わせるトランスミッションは8速AT。この年式は6速ATが標準だったが、ハイカントリーだけはいち早く8速を採用。したがって燃費的にも優れていて、カタログ上のハイウェイスペックは10km/ℓに迫る。このクルマを、この燃費で乗れるとは!

ボディサイズは先に紹介したシエラと同様。約4mのホイールベース、6mに近い全長、2mをオーバーする全幅だ。マスクはシボレー顔の印象を残すが、LEDによってブラッシュアップ。存在感は重厚なシエラに対し、シルバラードはスポーティ。

194A0363

サスペンションはフロントに独立懸架ダブルウィッシュボーン・コイル式、リヤにリーフ・リジッドを採用。今回の撮影車両はオーナー車で、2インチアップのカスタムが施されていた。タイヤサイズはP285/45ZR22をチョイス。

最高級グレードの「ハイカントリー」だけに、ラグジュアリー感はたっぷりだ。本革仕様のシートやインテリアトリム、所々にウッドのあしらいも。リヤシートのアレンジも可能だ。


SKYAUTO【スカイオート】

TEL ★ 048-976-1235
URL ★ https://www.skyauto.co.jp


Photo ★ Fumio Koga
Text ★ Yoshinobu Kohsaka

アメ車マガジン 2021年 9月号掲


関連記事

  1. Jeep JL Wrangler Unlimited Sahara Produced by JAOS 見た目ではない本当のリフトアップ、それがジャオスの提案するジープ…
  2. CHEVROLET CHEVELLE NOMAD、CHEVROLET SUBURBAN シンプルなシェベルとアメリカンなリフトアップサバーバン
  3. DSC_7001 ブラック×ゴールドのサウススタイルで魅せる!シボレーアバランチ
  4. アメマガを読んでいると、衝撃的なクルマに出会う。それがエルカミー…
  5. _N6I5941 インジェクション式の唯一のC3【1982 Chevy C3 Co…
  6. _MG_663911_opt アメ車らしさを現代に甦らせるオリジナルボディペイント GMCサバ…
  7. _N6I3532 極薄扁平マッドタイヤに合わせるのは特注鍛造RBPホイール
  8. 2022 FORD F-150 Lightning 【2022 FORD F-150 ライトニング】本格EV化が進む…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×