SUV

超個性の塊とも言うべきYJラングラーを楽しめ!

1992 JEEP YJ WRANGLER

1992 JEEP YJ WRANGLER

1992 JEEP YJ WRANGLER

Jeep 荒野の覇者 Go Anywhere,Do Anything

スクエアヘッドライトがアイコンのラングラー初代モデル

ラングラーと言えば話題はやはり現行モデルのJL型。しかしその系譜を遡っていくと、ラングラーのネーミングを初めて与えられたYJ型に辿り着く。ここ最近目にすることがめっきりと少なくなったYJ型ではあるが、唯一のフェイスを持つコイツが気になって仕方がない!


左ハンドル、コラムATとアメ車らしさを色濃く感じさせるYJラングラー

ロッククロウリングで競い、常にブラッシュアップし進化するYJラングラー


超個性の塊とも言うべきYJを楽しめ!

まさに今、飛ぶ鳥を落とす勢いで攻勢をかけているブランドがジープ。2020年には30年振りに「ワゴニア/グランドワゴニア」を復活するというアナウンスをしたかと思えば、ラングラーにV8エンジンを搭載した「ルビコン392」を発表。さらにはブランド初となるプラグインハイブリッド(PHEV)の「4xe」をレネゲード&コンパス、それにラングラーのラインナップに追加するなど、まさに矢継ぎ早に魅力的なモデルを打ち出してきた。

そして2021年に入ってからというもの、また新たな動きが。それはピックアップトラックの「グラディエーター」の日本導入決定のアナウンス。そしてこれに続く形で「グランドチェロキー」がフルモデルチェンジするなど、とにかくジープの動向が目まぐるしい。

1992 JEEP YJ WRANGLER

とはいえ、そんな中でもやはり先頭を引っ張っているのはラングラーで、現行モデルであるJL型のセールも絶好調といった具合なのだが、ラングラーの系譜を振り返るとJL→JK→TJ→YJとなり、ラングラーというネーミングが与えられた初代モデルがYJ型となる。

1992 JEEP YJ WRANGLER

最大の特徴はやはりこれまでで唯一となるスクエア型のヘッドライトを採用していること。これには賛否両論あったようだが、今となってはこれがアイデンティティと言えるだろう。そんな中で今回撮影した個体は、アメリカンクラシックスに入庫したばかりだとう1992年型。マットペイントでステルス感を高めるとともにワンオフのパイプフェンダーでワイドなフォルムを形成した超ワイルドな風貌がポイント。

DSC_3899

当初は直4の2.5ℓがスタンダードで、オプションに直6/4.2ℓを設定していたが、1991年モデル以降は直6/4.0ℓへと切り替えられており、この個体もインジェクション化された直6/4.0ℓを搭載する。

YJと言えばシリーズ中で唯一のスクエアなヘッドライトを採用していること。それを現代的にLEDタイプへと変更。前後バンパーはプロコンプ製。さらにルーフにはビキニトップを装着。

DSC_3948

サスペンションはそれまでの系譜にならい、前後ともリーフスプリングであるYJ。だが、この個体はデューンのドロップフォージドシャックルでリフトアップしてアングルを確保し、悪路走破性を高めている。

35×12.50R15LTのマキシス・トレパドールタイヤを装着して思いっ切り外側にハミ出してはいるが、しっかりとワンオフのパイプフェンダーでそれをカバー。

直線基調で形成されたインパネがYJならではで、パネル中央部に配置されたメーターが特徴的。シートはレカロシートが移植されており、MOMOのウッドステアリングと併せてスポーティな印象。ラゲッジにはボックスを設置して収納を確保。


AMERICAN CLASSICS【アメリカンクラシックス】

TEL:0467-75-2221
HP:http://www.american-classics.com

アメリカンクラシックスに関する記事一覧

PHOTO&TEXT:編集部

アメ車マガジン 2021年 9月号掲載


関連記事

  1. WORK CRAG T-GRABIC、JLラングラーアンリミテッド ワーク CRAG T-GRABICをジープに、機能×美の融合によ…
  2. 2014 JEEP GRAND CHEROKEE SRT8 グランドチェロキーSRT8の能力を遺憾なく発揮できる、最高のアイ…
  3. JLラングラー、タイガーオート JeepスペシャリストによるJLラングラーのカタチ
  4. 2019 ジープ ラングラー アンリミテッド サハラ、2019 JEEP WRANGLER UNLIMITED SAHARA 初めての四駆デビューは、誰にも負けない超絶ワイルド右H・JLラン…
  5. 2018 JEEP GRAND CHEROKEE TRACKHAWK 【グランドチェロキートラックホーク】モアパワーを求め、北海道から…
  6. 2019 CHEVROLET BLAZER RS、2019 シボレーブレイザーRS 「ブレイザー」が復活!シボレーSUVに伝統のネーミング
  7. _N6I8156 旬のカスタムJEEPが欲しいならTOP SPEEDで見つけられる…
  8. _HMP8585 カッコイイ女性になれるかも、それがエスカレードを選んだ理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×