SUV

クルマ全体の印象をハイセンスに纏めたハマーH2

2006 HUMMER H2

2006 HUMMER H2

2006 HUMMER H2

EXTREME AMERICAN

ステルスグレー×ブラックの計算し尽くされたコントラスト

モノトーン基調のカラーコントラストに徹することで、鍛造の表情を存分に発揮する。ダークトーンの中に映えるボトムスの絶妙な輝きは、一通りカスタムライフを謳歌したオーナーの集大成!

センターキャップのロゴは、なんと手書きをデータ化!

京都在住の横山さんがカスタムに目覚めたのは19歳の頃。当時トレンドの最先端だったビップカーでチームに所属し、4年ほどカスタムのイロハを学んだのが始まりだ。その後、白いサバーバンに乗り始めたことをキッカケに今度はビップカーとはまったく異なるアメリカンカスタムカルチャーの虜になったと言う。

2006 HUMMER H2

サバーバンではボディにマッチするホワイトリムのレクサーニを合わせて楽しんでいたが、やり尽くしたところで次なるベース車両を物色。あえて一世を風靡したH2で大人っぽいカスタムをしても面白いのでは? とマニアックなボディカラーに絞った。選んだのはステルスグレーだ。ちなみに2021年の1月に商談が始まり、3月に納車したばかりでわずか半年足らずにしてフルノーマルからここまでの進化を遂げた。グリルやバンパーを始めとする脱クローム化によって重厚感を増し、リフトアップ&オーバーフェンダーで理想のリムを履く準備を整えた後、その集大成としてカスタムの要となるホイールとしてオーダーしたのが覇王ホイールのハイフォージドだ。

2006 HUMMER H2

タンドラに乗る共通の友人が既に愛用しており、紹介してもらったことがキッカケだったそうで、一番のこだわりは横山スタイルにちなんだ「YS」のロゴだ。既存の字体ではなく、直筆の手書きをデータ化して制作してもらったオンリーワンのセンターキャップによって、主張するカスタムのこだわりは、色とりどりの派手なカスタムとは一線を画す。大人の嗜み、身嗜みはまさに、足もとからと言えるだろう。

マットブラックにバルカンヘッドライト&フォグで合わせたフェイスは、HUMMERの文字をボディ同色でコーディネイトするなど、細部にまでこだわりが際立つ逸品。4本出しステンレスマフラーの音量も重厚感に溢れ、ダークトーンの組み合わせでクルマ全体の印象をハイセンスに纏めたH2。

22インチの12J、-44でオーダーメイドしたハイフォージドホイール

22インチの12J、-44でオーダーメイドしたハイフォージドホイール。165.1の8穴は特殊ピッチだけに多車種流用が難しく、既製品でお気に入りのリムデザインがない場合はオーダーするという選択肢が最有力。タイヤはATTURO TRAIL BLADEのMTで37×13.50R22をセット。12Jあれば10歳の息子も椅子替わりに使える(笑)。

DSC_9501

OWNER:横山さん


HAOU WHEELS

TEL:0995-73-8684
HP:http://www.haouwheels.com


PHOTO&TEXT:石井秋良

アメ車マガジン 2021年 10月号掲載


関連記事

  1. 2003 HUMMER H2 憧れのH2ライフは自分のカースタイルを変えた
  2. 2018ダッジデュランゴSRT、2018 DODGE DURANGO SRT 2018年型ダッジ・デュランゴは3列シートを備えた世界最速モデル…
  3. ROMANO RFR03 コンケーブデザインを採用することで立体感も追求する【ROMANO…
  4. LINCOLN NAVIGATOR、リンカーンナビゲーター 「もしかしてメーカーが参考にしたのでは?」と、話題になったナビゲ…
  5. _N6I2600 ハイパフォーマンスMOPARもSPORT名古屋でGetできる!【…
  6. CADILLAC ESCALADE エスカレードと過ごせば何気ない日常がPVの如く絵になる!
  7. JEEP JT GLADIATOR RUBICON、JEEP JL WRANGLER UNLIMITED SAHARA マルチプレイヤーが創るリフテッド・ジープ【クラフトスクエア】
  8. 1990 GMC SUBURBAN × WOODY 趣味のアウトドアに合う様、GMCサバーバンを染めていく

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×