クーペ

ベース車両はチャレンジャーデーモン、唯一無二の姿を実現する

2018 DODGE CHALLENGER SRT DEMON

2018 DODGE CHALLENGER SRT DEMON

2018 DODGE CHALLENGER SRT DEMON

EDGE CUSTOMS DODGE CHALLENGER F Produced by LUXZ

過激に進化 -GET A THRILL- OUT OF AMERICAN SPORTS CAR

フルバンパーの採用で一体感を演出、速さも予感させる「F」の称号を冠する

これまで、様々なチャレンジャーのカスタムを提案しているLUXZ。既存のモデルとは一線を画す、フルバンパースタイルが遂に完成した! その名も「F series」。これまでのような威圧感はやや影を潜め、さり気なくでもノーマルとは全く異なる姿へと進化させている。


ダッジチャレンジャーSRTデーモンは異次元の840hpを叩き出す


ベース車両はデーモンで唯一無二の姿を実現する

10年間で3台のチャレンジャーを乗り継ぐ、鈴木雄大さん。高校生の時からアメマガを愛読しており「いつかチャレンジャーに乗る! でもきっと高いから、それじゃあ社長になろう!」という夢を着実に実現している若き実業家の1人で、浜松でFOCUSという揉みほぐしから治療までを行なうサロンを4店舗経営中。元々鈴木さんはアメ車が好きだったこともあり、目下従業員にもアメ車の魅力を布教中。1人でもアメ車ユーザーが増えるように、FOCUSには〝アメ車手当〟なるものが存在する。今回は鈴木さんだけでなく、アメ車に乗るスタッフたちも紹介しよう!

2018 DODGE CHALLENGER SRT DEMON

さて、鈴木さんがLUXZ島澤社長と出会ったのは3年前。もちろん10年前から知っていたが、絶対に会うことはないと思っていたとか。だが同じ接客業の代表なので一度会ったところ、趣味や嗜好が一致。そこから一気に惚れ込み、また自分がさらに高みへと飛躍するために、最高峰のデーモンをベースに創り上げてもらったのが、このFシリーズだ。

実はフルバンパーのエアロはLUXZ初。オリジナルの雰囲気を残しながらも空気の流れが見えるかのようなデザインを採用。オーバーフェンダーはブリスター形状を採用しつつ、滑らかなアーチも描かれチャレンジャーを知らない人が見たらこれがノーマルと思うほど、自然な仕上がりと言える。

2018 DODGE CHALLENGER SRT DEMON

ちなみにFの称号にはFULL BUMPER/FAST/FIGHTERなどの意味が込められているが、鈴木さんのお店「FOCUS」と偶然にも一致! まさに運命さえも感じる、オンリーワンな1台が完成したと言えるだろう。

_45I5626

この撮影の時に、始めて愛車のF-LINEと対面した鈴木さん。その仕上がりに対して「大満足すぎて、言葉では言い尽くせないほどです!」と感激を隠せない様子。塗り分け方にも島澤社長のコダワリが盛り込まれており、グリル部分は通常と逆で、前側をブラックにペイント。オリジナルのリアウイングにはラムエアーダクトを彷彿とさせる開口部が設けられ、圧倒的とも言える存在感を漂わせている。

_45I5817

OWNER:YUDAI SUZUKI


ヘルキャットとデーモンを持つ世界的に見ても希少な存在!
チャレンジャーSRTデーモンの進化「サタン」をLUXZが召喚!

Thanks:LUXZ

TEL:058-259-3922
HP:https://luxz.jp


Photo:浅井岳男
Text:空野稜

アメ車マガジン 2021年 12月号掲載


関連記事

  1. 0S7A9635_opt マーキュリーが放ったマスタングの姉妹車クーガー【オートレイド】
  2. 0S7A9711_opt.jpeg 426HEMIならではのシャープなフィーリングが最高!プリマスバ…
  3. 1970 CHEVROLET CHEVELLE SS396 GMのマッスルにおいて最もポピュラーで人気のシボレー・シェベル
  4. '67 FORD MUSTANG FASTBACK 390GT 「このクルマはヤバいクオリティだよ!」と語るのが、1967年型フ…
  5. ポンティアックファイアーバード ファイヤーバードと出会うべくして出会う キャブ車の走りがたまらな…
  6. 1964 シボレー コルベット C2、1964 CHEVROLET CORVETTE C2 いつかは「コルベット」…そう憧れ続け手にしたC2
  7. JOY BASE、ジョイベース マスタングをもっと楽しく面白くさせる仕掛け人
  8. FORD MUSTANG 青いリバティーウォークフルコンプリートのマスタングを見て一目惚れ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×