コラム

-アメカルにまつわるエトセトラ- #23「 化石じゃなくてヘリテージ 」

Amemaga_2112 のコピー

Amemaga_2112 のコピー

et cetera about AMERICAN CULTURE -アメカルにまつわるエトセトラ-
#23「 化石じゃなくてヘリテージ 」

世界中の最も多くの人々にアイコンとして認識されているクルマと言えば「Jeep」でそう異論ないでしょう。そして、それが指し示すのは間違いなく「Wrangler」です。思い起こすと、見るからに四輪駆動車なフォルムの車両を指して「Jeepみたいなクルマ」というのは平成初期くらいまでデフォルトだったような気がします。ランドクルーザーを指して「トヨタのジープみたいなヤツ」的な感じです。そのくらい不変の存在感を持っているのが「Jeep Wrangler」です。

そんなJeepを語るには第二次世界大戦は欠かせません。ドイツ陸軍の小型軍用車両の活躍に着目したアメリカ陸軍は、それを上回る性能の小型四輪駆動車開発を国内の自動車メーカーに要請しました。しかし軍から課せられた要件はかなり厳しく、何より当時のアメ車メーカーにとっては部品流用の効かない極小サイズ。

そんなわけで、軍事品の供給は大きな利益をもたらすにも関わらずGMやフォードでは応えきれず、弱小メーカーだったアメリカン・バンタム社が唯一クリアしたのでした。その設計図をウイリス社とフォード社にも公開し、3社競合によるコンペティションを行ないます。結果、主採用となったのがウイリス社のMA、そしてそれを進化させたMBモデルでした。その後、ウイリスMBと同一設計とされたフォードGPWは共に大量生産されることに。それは「大戦における最大の発明品はJeepとコールマンのポケットヒーター」と言われるほど。

戦後はクローズドボディの民生モデルを追加したり、母体の盛衰によってブランド自体が点々とするなどしますが、ウイリス直系のモデルはYJからWranglerという名称を与えられながら、セブンスロットのグリルや独立したフェンダー、そしてオープンボディを基本とする車体構成を変えず、自動車にとって激動とも言える80年以上の年月を生きながらえてきたのです。

そんなWranglerの姿を「生きた化石」と例える向きがありますが、それはまったくのお門違い。誕生時とは道路環境も社会もまったく違う世の中でもなお「変わらなくみえる」ということは、逆に「ものすごく変わっている」ということ。その時代時代で人々が思い描くJeepのイメージを常にキャッチアップし続けているということなのです。

映画「ジュラシックパーク」に登場する恐竜たちは、一見するとジュラ紀の彼らそのものの再現に見えますが、実は琥珀に閉じ込められた蚊から採集した恐竜のDNAを抽出、欠損した部分をカエルのDNAで補完したハイブリッド。人が管理しやすいように様々な遺伝子操作が施されて…と考えると、なんとなく劇中に登場するWranglerと似たものを感じるのでした。

cap_2001

TEXT & ILLUSTRATION : JIN HATTA
アメ車マガジン 2022年 1月号掲載


関連記事

  1. RSF_0557 デュランゴ総集編第2弾! 購入後からカスタムに至るまで【デュラン…
  2. デュランゴの挑戦 マットブロンズにホイールをペイント、話題のカスタムナットも装着!…
  3. IMG-6206 のコピー カッコイイ親父はウイスキーを飲んでいる
  4. Amemaga_2202 のコピー -アメカルにまつわるエトセトラ- #24「 ゾンビ映画はアイデア…
  5. N6I9692 のコピー ただでさえデカイ1/18スケールもフルサイズラックは大迫力!!
  6. CHEVROLET ASTRO 購入して9カ月が経過。ようやくアストロが登場する機会が巡ってきた…
  7. 2008_img02 -アメカルにまつわるエトセトラ- #08「 アメリカン・ニューシ…
  8. 8A2339B0-B672-4DC9-9D2F-C2A28C2981C6 -フリースタイルで行こう- #08 やっぱりMOPARってスバラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×