シボレー

ピックアップトラックのカプリス? その名も“ カプリーノ”

1992 CHEVROLET CAPRICE

1992 CHEVROLET CAPRICE

1992 CHEVROLET CAPRICE

セダン型ピックアップトラックといえばエルカミーノの特権だ。しかし、フルサイズセダンのシボレー・カプリスにもピックアップトラックが存在した。その名も「カプリーノ」。正確にはコーチビルダー製作のモデルだが、恐らく日本で現存する唯一のモデルがガレージジョーカーで販売中だ。

90年代当時は見られたが今ではこの一台のみ?

販売する車両が、とにかく個性的な千葉県のガレージジョーカー。普通のカーショップが売っていそうな車両は置かず、新設した展示場はバリエーションに富んだ車両がズラリと並ぶ。

1992 CHEVROLET CAPRICE

その中で、思わず二度見してしまうモデルが、正面から見ると第4世代のシボレー・カプリスにも関わらず、ピックアップトラックになっているモデルだ。セダン型ピックアップトラックといえば、エルカミーノの特権構造なはずだが、カプリスにもそんなタイプがあったのか。知らなかった…。

1992 CHEVROLET CAPRICE

それもそのはず、このカプリスは、コーチビルダーと呼ばれる架装業者がピックアップトラックへ架装したモデル。その名前も、エルカミーノをオマージュして「カプリーノ」と呼ぶらしい。実は90年代にアメリカで多く製作され、その姿は当時の日本でも時折見られたようだ。が、2021年となった現在、日本でこのカプリーノを見ることは皆無に等しい。

そんな希少なカプリーノを、ボディリメイクしてリフレッシュし、ゴム類も新品交換、ベッドライナーもリペイント。90年代を存分に意識してホイールはボイド17インチに変更しローダウン。ステアリングもレカラだ。リアテールレンズはコルベットタイプを採用し、社外エアロバンパー、マフラーも交換されている。インテリアはホワイトを基調に仕上げられ、トラックらしさを感じさせないモダンな雰囲気。

アメリカのコーチビルダーが、ドア後方からエルカミーノ風のピックアップトラック仕様へ架装しカプリーノと呼ばれるカプリス。トノカバーは撮影のために取り外しているが、本来はヒンジで固定されている。ベッドライナーはリペイント済み。リアテールレンズがコルベットタイプなのも特徴的で、ボディサイドデザインもエルカミーノとは大きく違う部分だ。ホイールは90年代を意識してボイドの17インチを装着。

インテリアはホワイトを基調に張り替えやペイントがされている。レカラステアリングに交換され、フロントシート後方にはウーハーなどのオーディオシステムが配置されている。


Garage Joker【ガレージジョーカー】

TEL:0479-25-7740
URL:https://www.garage-joker.com/


写真&文/相馬一丈

アメ車マガジン 2022年 2月号掲載


関連記事

  1. 2012 CHEVROLET CAMARO SS 超絶ワイドのシボレーカマロのコンセプトは街乗りできる仕様
  2. 2020ジープ グラディエーター スポーツS、2020 JEEP GLADIATOR SPORT S アメ車に乗るのなら、北米仕様で国内販売されていないレアなクルマに…
  3. 1968 Chevrolet Elcamino、1968 シボレー エルカミーノ もっとも人気の高いセダンピックアップのエルカミーノ、スタイルよし…
  4. DSC_6845 アバランチなのにシエラ!? 究極のスラムドで魅せる シボレーアバ…
  5. アメリカが世界に誇る名車【シボレーコルベット】
  6. 1972 GMC C-2500 SIERRA GRANDE CUSTOM CAMPER 【C-2500シエラグランデ】リアルなエイジング塗装で歳相応の存…
  7. 1999 CHEVROLET TAHOE マッチョなタホが似合うボディを手に入れるべくフィットネスに勤しむ…
  8. 2017y CHEVROLET CORVETTE、C7、2017y シボレーコルベット C7を、サーキット走行をターゲットにした仕様にHPPがチューニ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×