SUV

直系ジープ最強のパフォーマンス!ルビコン392は反逆か? 迎合か!?

2021 JEEP WRANGLER RUBICON 392

2021 JEEP WRANGLER RUBICON 392

2021 JEEP WRANGLER RUBICON 392

ついに日本に上陸したJeepラングラー“ルビコン392”。CJ以来のV8エンジン搭載とはいえ、スペックの差はケタ違い。環境問題が騒がれる今、それは反逆の存在か? それともラングラー×V8渇望者への迎合か? いずれにせよ、次回、日本への導入は不明だが……。


【ジープラングラールビコン・オフロード試乗!】見た目以上に最強なスペシャルモデル


本国でもレアな存在神話、神話上のJeepになるか

自動車そのものが電動化に邁進している昨今、なんとも悩ましいモデルがJeepに登場したことは、本誌読者の皆さんならすでにご存じのことだろう。そう、ラングラーに設定されたV8エンジン搭載「ルビコン392」だ。

_45I2226

ラングラーにはクリーンディーゼルモデルもあるし、ハイブリッドモデルもリリースされている。それでなくともJeepは2025年までには、全車ハイブリッドモデルにシフトすると喧伝しているほどだ。では、なぜ、今、470hpのV8 HEMI搭載のラングラーなのか?

もともとラングラーには、アフターでV8を搭載されるモデルも多かったし、熱心なユーザーの中にはそれを求める声も多かった。今回はそのファイナルアンサー。エコ化の前にメーカーから、それを叶えておこうという、ある意味〝迎合〟したものだろうか?

それとも、これまで我が道を切り拓き、貫いてきたJeepのスピリット(=エコ化への反逆)の表現なのだろうか?

2021 JEEP WRANGLER RUBICON 392

ともあれ、目の前には「スカイオート」が1年越しで輸入を実現した〝ルビコン392〟が鎮座している。同じ北米仕様JLの、ショート・ルビコンを愛車にしている私、レポーターにとっても眩しすぎる存在だが、今回は、そんなJLオーナーの目線から、このルビコン392を検証してみよう。

2021 JEEP WRANGLER RUBICON 392

まずスタイルは、4ドアのいわゆるアンリミテッドに準じている。ただしボンネットデザインは〝Hydro-Guide〟システムを採用した独自のデザイン。北米ルビコンのボンネットはアルミ製だが、392はスチール製だ。またホイールはビードロックとしても使用できる392オリジナル。見た目からも凄みを感じる足もと。ただしLT285/70R17のタイヤ、BFグッドリッチA/T KO2は、ロードレンジCの軽量仕様。このパワーを受け止めるには明らかに役不足なので、どうせならオンロード向けハイパフォーマンスタイヤに交換したいところだ。

そして392=6.4ℓV8 OHVエンジンに対し、駆動系はセレクトラック4WDを採用。2Hモードはなく、フルタイム4WD&リジッド4WD・Hi&Loモードを備える。Loレンジは、通常のルビコンは4.0という極低速なギア比を持つが、392は2.72。ちなみにファイナル比もルビコンの4.1に対し、392は3.73と、全体にハイギアードな設定。まあ、エンジンの低速トルクが強烈なのでよしとしておこう。トランスミッションは8速ATだが、392にはステアリング部にパドルシフトも追加された。

2021 JEEP WRANGLER RUBICON 392

392ならではの魅力が味わえるのは、始動の瞬間から。始動ボタンを押すと甲高い、それでいて圧力の大きな爆音が周囲に響き渡る。加速ももちろん、直系Jeepのモノではない! わずか数百mのフル加速で、速度は一気に100km/h近く(メーター読みで90マイル/h)にまで達する。ブレーキの効きも、軽いタイヤのせいか、とくに違和感なし。とにかく強烈、豪快、激っ速だ!

足まわりもピシっと引き締まり、乗り心地は良好。ソフトライドというより、懐の深い感じで、操縦性にも節度がある。392には2インチアップコイル+FOXショックアブソーバーが標準だが、これが功を奏している。

さて、このルビコン392。輸入元の「スカイオート」によると、現地でもなかなか手に入らず、プライスも急上昇。今後、なかなか輸入も難しいという。今回の試乗車もすでにSOLD。レアな存在であるだけに、神話になるかもしれない…。

チャレンジャーR/Tスキャットパックでおなじみの6.4ℓV8HEMI エンジンを搭載。470hp/6000rpm&470lb-ft(62.2kg-m)/4300rpm を発揮、0→60mph を4.5秒、0→1/4マイルを13.0秒で駆け抜ける! エアはボンネット先端から取り込むが、ボンネット裏の“Hydro-Guide”はエアを冷やしながら、しかも水とエアを振り分ける仕組み。雨はエンジンに入らないのだ。

_45I2207

ボンネットは通常の北米ルビコンではアルミ製になるが、392はスチール製。というのも、エアスクープから以降、裏側が“Hydro-Guide”となっていて、エアを冷やしながらエンジン本体に取り込む。またこのシステムは水を振り分ける機能も持っているので、雨を吸い込んでも、エンジンが水分を吸い込むことがないのだ。

_45I2211

前後バンパーはスチール製が標準。フロントは両端の脱着も可能、日本では一般的に“ ルビコンバンパー”と呼ばれるものだ。牽引フックは通常のルビコンはレッドカラー。392ではブロンズ色となっている。

_45I2197

_45I2277

サスペンションは通常のルビコンより2インチアップした仕様が標準。ショックアブソーバーはFOXの高圧モノチューブ式を組み合わせる。もちろんサスペンション形式自体は前後5リンクのコイル・リジッドで、通常モデルと共通だ。フロントのドライブシャフトホイールの連結部はフルタイム4WDなのでCVジョイント。パートタイム式のクロスジョイント式と比べ耐久性はどおだろうか?

_45I2318

タイヤはBFグッドリッチのオールテレーンLT285/70R17。ただしロードレンジC仕様なので、470hpには少し不安。もっとハイパフォーマンスなタイヤが欲しくなる。ホイールは392オリジナルで、ビードロックも“Capable”、つまり本格オフローディングにも対応する。

_45I2298

_45I2393

マフラーエンドは左右デュアル出し(つまり4本出し)。エキゾーストノートは強烈で、V8サウンドを堪能! ただしパフォーマンスモードのほか、クワイエットモードも装備。状況によって、インパネのスイッチで音を切り替えることが可能だ。しかしクワイエットでも日本の住宅地では……?

_45I2383

インテリアは通常のルビコンと比べても地味な印象。8.4インチモニターのUconnect 4C&アルパインオーディオや392専用レザーシートは標準装備。トランスミッションはパドルシフト付きの8速、セレクトラック4WDは2WDモードはなく、フルタイム4WDorリジッド4WDをセレクト。排気音量はデュアルモードでクワイエットとパフォーマンスを選択可能。

北米仕様の場合、通常のルビコンはファブリックが標準、レザーシートはオプションとなるが、392はオリジナルのステッチ&ロゴが入ったレザー張りが標準。シートヒーターはフロント両席に装備されるが、パワー調整機能は付いていない。リアシートは4対6に分割式で、ラゲッジルームを荷物と乗車人数に合わせて調整可能。このあたりのユーティリティは通常のアンリミテッドと共通だ。


SKYAUTO【スカイオート】

TEL:048-976-1235
HP:https://www.skyauto.co.jp

2021 JEEP WRANGLER RUBICON 392


★ PHOTO:浅井岳男
★ TEXT:高坂義信

アメ車マガジン 2022年 2月号掲載


関連記事

  1. 2019 ジープラングラー サハラ 、2020 ジープグラディエーター オーバーランド アンリミテッドをベースとしたピックアップトラック「グラディエータ…
  2. グッドスピード MEGA SUV 知立店 人気のJKラングラーを買うならグッドスピードMEGA知立へ
  3. DSC_7543 新たに迎え入れた愛車はジープレネゲード トレイルホーク MASA…
  4. _N6I0686 本格的な走破性に快適性を備えた、アンリミテッドをよりワイルドに【…
  5. _HMP8585 カッコイイ女性になれるかも、それがエスカレードを選んだ理由
  6. 1991 Jeep Wrangler YJ with 5.9L Magnum V8 ロッククロウリングで競い、常にブラッシュアップし進化するYJラン…
  7. DSC_3099 「主役はクルマ!」ガレージは大切な愛車を眺めて楽しむ特別なショー…
  8. Wrangler Unlimited Rubicon Recon改 大胆不敵とも思えるアイディアを実現して見せる【タイガーオート】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×