シボレー

オフロード仕様のZ71パッケージが標準装備されるのがトレイルボス

2021 CHEVROLET SILVERADO LT Trail Boss

2021 CHEVROLET SILVERADO LT Trail Boss

2021 CHEVROLET SILVERADO LT Trail Boss

GM CARNIVAL-やっぱりGM系がいい-

Z71の称号を授かる、オフロード仕様トレイルボス

2018年にフルモデルチェンジし、第4世代となったシボレー・シルバラード。8種類のグレードがある中で、オフロード仕様のZ71パッケージが標準装備されるのがトレイルボスだ。Z71の称号は、シボレーSUV&ピックアップトラックファンにとって特別な存在。狙うべきはやはりトレイルボスだ。

シボレーファンにとってZの証は大きな勲章

Z28、Z06、ZR1に代表されるように、シボレーには「Z」の称号が与えられるハイパフォーマンスモデルが存在する。そして、「Z」の称号で忘れてはならないのがZ71だ。

Z71は、オフロードに特化した純正オプションのサスペンション、タイヤ、オフロードシステムををフル装備したモデルを指し、正式にはオフロード仕様のZ71パッケージという意味だ。Z71はタホ・サバーバンの他、シルバラードなどのピックアップトラックに設定されており、Z71パッケージはシボレーの「オフロード仕様の証」として長く君臨する。なお、シボレーのSUV・ピックアップトラックファンには、このZ71のエンブレムが付いていることが誇りに思うオーナーも多いので、「Z71なんですね」と指摘してあげると大満足するはずだ。

2021 CHEVROLET SILVERADO LT Trail Boss

GM系ピックアップトラックを多く扱う埼玉県のファントムには、そんなZ71の証が付くシルバラード・LTトレイルボス、トップグレードのハイカントリーの新車が並ぶ。これらを、一度に見比べることができるのは、恐らく日本ではファントムだけだろう。では、Z71が輝くLTトレイルボスを詳しくみていこう。

2インチリフト以上にデフロックなどが大きなメリット

快適装備も追加された特別なLTトレイルボス

現行シルバラードのグレード展開は、WT(ワークトラック)、カスタム、カスタムトレイルボス、LT、RST、LTトレイルボス、LTZ、ハイカントリーの8種。各グレードをベースに様々なオプション装備パッケージを追加することができ、その一つがオフロードに特化したZ71オフロードパッケージだ。

2021 CHEVROLET SILVERADO LT Trail Boss

そして、トレイルボスの名が付くグレードは、このZ71オフロードパッケージ(ランチョショック専用サスペンションキット&2インチリフトアップ、ヒルディセントコントロール、リアオートデフロック、2速オートマチックトランスファ、スキッドプレート、大容量エアフィルター、グッドイヤー・ラングラーデュラトラックタイヤ、18インチハイグロスブラックホイール)が標準装備となる。因みに、グレード下位の3タイプはグリルにボウタイエンブレムではなく、シボレーの文字刻印が入るデザイン。

なお、撮影モデルはオプションのヒートシーター、リアスライディングパワーウィンドウ、サブウーハー付きBOSSプレミアムサウンドシステム、フロント電源コンセント&USBポートなどが追加され、さらに上級なLTトレイルボスとなっている。走行距離は0.7マイルで、車両価格は788万円。ショップにはシエラも在庫中で、とにかくGMトラックが目白押しだ。

_K2A8785

シルバラードのエンジンは5種類設定されているが、グレードによって選べるエンジンは決まっている。LTトレイルボスは5.3ℓV8 エコテック3、6.2ℓV8 エコテック3の2種類。撮影車両は5.3ℓV8 エコテック3を搭載。LTトレイルボスには、Z71オフロードパッケージ専用の大容量エアフィルターが標準装備。

純正オプションの三つ折りハードトノカバーをセット。ホイールはZ71オフロードパッケージ専用の18インチハイグロスブラックホイール。タイヤはグッドイヤー・ラングラー・デュラトラック(275/65R18)。ランチョショックの専用サスペンションキットにより、2インチのリフトアップされているのがトレイルボスの大きな特徴だ。

120Vコンセント、USBポート(タイプA、タイプC)も備わる。LTトレイルボスではヒルディセントコントロール、2速オートマチックトランスファは標準装備。シートはヒートシーター付き。リアシートの足元に加え、背もたれ部分にも収納が備わる。


’21 CHEVROLET SILVERADO LT Trail Boss

全長×全幅×全高● 5885 × 2063 × 1987 mm ホイールベース● 3744 mm エンジン● V8 排気量● 5.3 ℓ 最高出力● 355hp/5600rpm 最大トルク● 383lb-ft/4100 トランスミッション● 10AT


PHANTOM【ファントム】

所在地:埼玉県春日部市金崎656-1
TEL:048-745-4446
URL:http://www.phantom.co.jp
営業時間:10:00~20:00
定休日:年中無休


Photo &Text:KAZUTAKE SOMA

アメ車マガジン 2022年7月号掲載


関連記事

  1. 1990 CHEVROLET C1500 454SS 伝説のモンスタートラックC1500 454SS 桁違いの加速を堪…
  2. Main_HMP8705 愛車はカスタムトラックのシルバラード。「アイランドスタイルを極め…
  3. 2005y DODGE RAM DAYTONA、2005y DODGE RAM LARAMIE、2010y DODGE RAM SLT 若者たちが挙って愛用するラムトラック、ラムならではの個性的なスタ…
  4. 2015 FORD F150 RAPTOR 【フォードF-150ラプター】世界中に名を馳せるパンデムのエアロ…
  5. _N6I9780_opt BOSS302カムを搭載したフォードトリノGT / マリーナブル…
  6. 2021 TOYOTA TUNDRA 1794 Edition、2021 TOYOTA SEQUOIA Nightshade Edition USトヨタのツートップ、タンドラ&セコイアを改めて眺めてみる
  7. シボレーシルバラード ハイカントリー、キャルウィング 威信を賭けて投入した新型シルバラードで、シェビートラックの復権を…
  8. 2011 CHEVROLET TAHOE アメ車しか興味がないから、アメ車以外所有したことがない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×