クーペ

マスタングのファストバック。クーペにはないセクシーなリアスタイル。

3M7A0541-1

世代によって異なる0ビンテージの世界を凝縮

AMERICAN DAILY VINTAGE CAR
気軽に、楽しく、毎日乗れるアメリカンビンテージカー

クラシカルでオシャレなルックスと往年のアメリカ車ならではの深い味わいを求めて、ビンテージカーに注目する人が増えてきている。憧れだったあのクルマも、現代の技術を駆使すれば、気軽に、毎日乗れるクルマとしての信頼性を持っている。世代によって異なる個性を解説しながら、カジュアルに乗れるビンテージカーを紹介していこう。

1960-1970年代

レース活動が活発になり、ハイパフォーマンスカーが次々に登場。大排気量エンジンなどメカニズムにおいても大きな進化を遂げ、後年の「マッスルカーブーム」を作るきっかけとなった時代でもある。

希少なファストバックの極上車
1965y FORD MUSTANG FASTBACK
【フォード・マスタング ファストバッグ】

クーペにはないセクシーなリアスタイルを持つマスタングのファストバック。いまやその存在自体が希少となり、良質なそれを見つけることは難しい状況だが、セミレストアを施された極上車がガレージK&Mに存在する。

3M7A0541-1

First Impression
程度の良さに感動すら覚える
良質なファストバック

人気のマスタングの中でも、程度の良いファストバックボディは希有な存在だが、ガレージK&Mが仕上げたこの真紅のクルマは、セミレストアが施された、非常に良好な状態をキープしている。

セミレストアが実施された部分は、足回り、エンジン、ミッション、デフ、インテリアにまで及び、下回りを覗き込むとそのフィニッシュの良さが確認できる。また装備も魅力的な1台。ブレーキは利きとフィーリングが良好なパワーディスクブレーキを装備し、オーバーホール済みのミッションは走りも楽しめる4速MT(トップローダー)。さらに各部がリフレッシュされたインテリアはデラックス仕様のポニーインテリアとなり、インパネには利きも十分なヴィンテージクーラーが備わっている。

3M7A0603-1

程度の良い個体は非常に少ない。スタイリッシュなリアビューはファストバックならではの魅力。

オリジナルのステアリングとヴィンテージクーラーが付くインパネ。このほか、ETCやUSBケーブルも備わっている。ミッションはトップローダーの4速MT。マニュアルシフトで走りも楽しめる希有な1台である。

3M7A0549-1

 

非常に良好な状態を保つシートはブラックレザー。シートの間にはドリンクホルダー付きのアームレストも装備。

3M7A0556-1

 

赤いCOBRAのカムカバーやMSDのイグニッションコイル、エーデルブロック(アルミインテーク)、タワーバーなど、ライトチューンが施されているV8ユニット。

Profile of the car
美しいリアスタイルが
所有する満足感を高める

1964年の春にデビューしたフォード・マスタングは、1966年型までが第一世代として認識されている。フォードにとっても2ドアボディしかラインナップに無いモデルとしては空前とヒット作となった。マスタングのボディバリエーションは2ドアハードトップを基本に2ドアコンバーチブルと2ドアファストバックで構成されていたが、初期デザインにおいて原型となったのはハードトップでありそのバランスは極めて高かった。ファストバックは美しいリアスタイルが特徴。メカニカルコンポーネンツはマイルドな直列6気筒からパワフルなV型8気筒まで複数用意されており、最強仕様だったハイパフォーマンス289は、どちらかというとワイルドな真のスポーツユニットだった。

ハードトップは1966年から新しいレースシリーズだったSCCAトランザムでも活躍することとなり、シェルビー・アメリカンによるワークスマシンの活躍で市販車の販売成績も向上することとなった。

3M7A0622-1

現在、価格が高騰中のマスタング。画像の状態で数百万円もする。ガレージK&Mでは、アメリカからリーズナブルな車体を仕入れ、国内でレストアを実施。

3M7A0836-1

●シンガーソングライター:香音(KANON)
1990年1月11日生まれ、広島県出身。シンガーソングライターのほか、番組イベントのMCやキャンペーンガールとしても活動中。
Facebook:香音
Instagram:@8ayakanon8
Twitter:@8ayakanon8

●お笑いタレント:竹井輝彦
1965年9月17日生まれ、徳島県出身。1986年に漫才コンビ、ビッグブラザーズとしてデビュー。ABC新人漫才コンクール新人賞など多数の受賞歴を持ち、「夢がモリモリ」など、数多くのテレビ出演も果たしてい
る。現在はピン芸人として活動中。毎週月曜日の21時にガレージK&MがLIVE配信している「湾岸ベース」のMCはこのふたりが担当している。

■取材協力:ガレージK&M
所在地:千葉県市川市塩浜2-2(湾岸スタジオ)
TEL.047-398-3980
http://www.garagekm.com/

3M7A0905

■Text & Photos|アメリカンビンテージカーマガジン

アメリカンビンテージカーマガジン VOL.4


関連記事

  1. 2012 DODGE CHALLENGER キャンディーゲートのデモカーにさらなるカスタムを施して進化したチ…
  2. シボレー210 古くても気楽に乗りたい、だからラットの方が好き!
  3. 1980 FORD BRONCO 大きなアメ車が大好き!ブロンコは乗っていて楽しいの!
  4. 2018 Challenger SR SRT Hellcat Wide V8とスーパーチャージャーの音がチャレンジャーを購入する決め手で…
  5. 1970 CHEVROLET CHEVELLE MALIBU お祖父ちゃんの喫茶店を改装しDIYでガレージ製作!
  6. 1995 FORD MUSTANG リバイバルカスタムした4thマスタング
  7. 2019 FORD F-150 RAPTOR、2019 フォード F-150 ラプター 2019年型 F-150ラプターが降臨!言わずと知れたベストセラ…
  8. DSC_9594 丸目四灯モデルとして生産された最終型の1962年式ボンネビル。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×