GMC

GMC C-20は、フルサイズトラックのルーツともいえるピックアップなのだ。

679

AMERICAN DAILY VINTAGE CAR
気軽に、楽しく、毎日乗れるアメリカンビンテージカー

クラシカルでオシャレなルックスと往年のアメリカ車ならではの深い味わいを求めて、ビンテージカーに注目する人が増えてきている。憧れだったあのクルマも、現代の技術を駆使すれば、気軽に、毎日乗れるクルマとしての信頼性を持っている。世代によって異なる個性を解説しながら、カジュアルに乗れるビンテージカーを紹介していこう。

1960-1970年代

レース活動が活発になり、ハイパフォーマンスカーが次々に登場。大排気量エンジンなどメカニズムにおいても大きな進化を遂げ、後年の「マッスルカーブーム」を作るきっかけとなった時代でもある。

フルサイズ・ピックアップのルーツがここに!
1963y GMC C-20
【ジーエムシー・C-20】

アメ車を象徴するクルマ……というと、どんなクルマを思い浮かべるだろう? 大排気量のマッスルカー? コルベットのようなスポーツカー? そう、たとえばフルサイズのトラックも、“アメ車らしい”クルマじゃないだろうか? このC-20は、そのルーツともいえるピックアップなのだ。

1963y GMC C-20

First Impression
大胆なボディワーク
繊細な曲線も多用

取材車はGMのコマーシャルカーブランド、GMCのモデルで、シボレーのC/Kシリーズとは兄弟車となる。丸目4灯式のヘッドライトがGMCの特徴的な装備(シボレーは丸目2灯式)。フルサイズの大型ボディだが、ウインドウも含め、エクステリア各部に繊細な曲線が採用され、ビンテージらしい魅力もたっぷり。インテリアは基本的に鉄板むき出しだが、ボディ同色にペイント。ミッションは4速のフロアシフト式で、ベンチシートのクルマには、珍しい設定。ステアリングにパワーアシストはなく、装着された265-17インチタイヤを操るには腕力が必要だが、それもまた味わい深い。

1963y GMC C-20

ホイールベースはショート、スタンダード、ロングと3タイプ用意されたが、この時代のピックアップはまだ、シングルキャブのみの設定だった。

Topic!

エクステリアとともにインテリアもリペイントなど、レストアを実施。

シートは赤いパイピングがされオシャレな雰囲気となる。

エクステリアとともにインテリアもリペイントなど、レストアを実施。シートは赤いパイピングがされオシャレな雰囲気となる。

直6、V6、V8と3種のエンジンがラインナップ。取材車は305のV6。

直6、V6、V8と3種のエンジンがラインナップ。取材車は305のV6。

 

足元はプロコンプの17インチホイールとラジアルタイヤで、 リフレッシュ。

足元はプロコンプの17インチホイールとラジアルタイヤで、リフレッシュ。

 

全長5.5mにもなるロングホイールベース車、シングルキャブだけにベッドも巨大だ。

全長5.5mにもなるロングホイールベース車、シングルキャブだけにベッドも巨大だ。板敷きでスライドレールのカスタムも。

Profile of the car
アメ車を象徴するピックアップの元祖

シボレーが初めて、ピックアップトラックを発表したのは1920年代。しかしそれはクラシックカー然としたもので、現代的なユーティリティを持つトラックとしては、’40年代に登場したフォード・Fシリーズに先を越されてしまった。

ようやくGM(シボレー&GMC)がフルサイズボディの、現代的なピックアップトラックを発表するのは、1960年になってから。2WD(後輪駆動)モデルはCシリーズ、4WDモデルはKシリーズと称され、Fシリーズと人気を二分していく。

ここに紹介するのは、GMCブランドからリリースされた、初代のCシリーズモデルであり、ピックアップの元祖とも言える存在だ。

■取材協力:スカイオート
所在地:埼玉県越谷市南荻島708-1
TEL:0489-76-1235
http://www.skyauto.co.jp

スカイオート、埼玉県越谷市

■Text & Photos|アメリカンビンテージカーマガジン

アメリカンビンテージカーマガジン VOL.4


関連記事

  1. 1971 Chevrolet Elcamino、1971 シボレー エルカミーノ 71年型はビッグブロックが搭載された最後のエルカミーノ
  2. 2011 TOYOTA SEQUOIA / 2013 JEEP WRANGLER UNLIMITED 本場流の最先端カスタムを地で行くセコイア&ラングラー・アンリミテ…
  3. 1929 FORD MODEL A / 1947 HARLEY DAVIDSON FL KNUCLEHEAD 飾るだけのコレクションではなく、日常稼働するビンテージカー&バイ…
  4. 2020 TOYOTA TUNDRA SR5 4x4 CrewMax TRD Off-Road Package 上級グレードに匹敵する充実した装備で昇華したピース推奨タンドラ
  5. 2018 Ram 1500 Rebel Crew Cab 4x4 ダッジから脱却して「ラム」ブランドへ 新たなアイデンティティを模…
  6. シボレーシルバラード ハイカントリー、キャルウィング 威信を賭けて投入した新型シルバラードで、シェビートラックの復権を…
  7. クライスラー300、シボレーC1500、ジープグランドチェロキー クライスラー300に乗る夫と、シ ボレーC-1500を乗りこなす…
  8. 1966 Pontiac Bonneville Station Wagon、1966 ポンティアック ボンネビル ステーションワゴン ロー&ロングな美しいスタイリッシュワゴン ポンティアックボンネビ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×