GMC

GMC C-20は、フルサイズトラックのルーツともいえるピックアップなのだ。

679

AMERICAN DAILY VINTAGE CAR
気軽に、楽しく、毎日乗れるアメリカンビンテージカー

クラシカルでオシャレなルックスと往年のアメリカ車ならではの深い味わいを求めて、ビンテージカーに注目する人が増えてきている。憧れだったあのクルマも、現代の技術を駆使すれば、気軽に、毎日乗れるクルマとしての信頼性を持っている。世代によって異なる個性を解説しながら、カジュアルに乗れるビンテージカーを紹介していこう。

1960-1970年代

レース活動が活発になり、ハイパフォーマンスカーが次々に登場。大排気量エンジンなどメカニズムにおいても大きな進化を遂げ、後年の「マッスルカーブーム」を作るきっかけとなった時代でもある。

フルサイズ・ピックアップのルーツがここに!
1963y GMC C-20
【ジーエムシー・C-20】

アメ車を象徴するクルマ……というと、どんなクルマを思い浮かべるだろう? 大排気量のマッスルカー? コルベットのようなスポーツカー? そう、たとえばフルサイズのトラックも、“アメ車らしい”クルマじゃないだろうか? このC-20は、そのルーツともいえるピックアップなのだ。

1963y GMC C-20

First Impression
大胆なボディワーク
繊細な曲線も多用

取材車はGMのコマーシャルカーブランド、GMCのモデルで、シボレーのC/Kシリーズとは兄弟車となる。丸目4灯式のヘッドライトがGMCの特徴的な装備(シボレーは丸目2灯式)。フルサイズの大型ボディだが、ウインドウも含め、エクステリア各部に繊細な曲線が採用され、ビンテージらしい魅力もたっぷり。インテリアは基本的に鉄板むき出しだが、ボディ同色にペイント。ミッションは4速のフロアシフト式で、ベンチシートのクルマには、珍しい設定。ステアリングにパワーアシストはなく、装着された265-17インチタイヤを操るには腕力が必要だが、それもまた味わい深い。

1963y GMC C-20

ホイールベースはショート、スタンダード、ロングと3タイプ用意されたが、この時代のピックアップはまだ、シングルキャブのみの設定だった。

Topic!

エクステリアとともにインテリアもリペイントなど、レストアを実施。

シートは赤いパイピングがされオシャレな雰囲気となる。

エクステリアとともにインテリアもリペイントなど、レストアを実施。シートは赤いパイピングがされオシャレな雰囲気となる。

直6、V6、V8と3種のエンジンがラインナップ。取材車は305のV6。

直6、V6、V8と3種のエンジンがラインナップ。取材車は305のV6。

 

足元はプロコンプの17インチホイールとラジアルタイヤで、 リフレッシュ。

足元はプロコンプの17インチホイールとラジアルタイヤで、リフレッシュ。

 

全長5.5mにもなるロングホイールベース車、シングルキャブだけにベッドも巨大だ。

全長5.5mにもなるロングホイールベース車、シングルキャブだけにベッドも巨大だ。板敷きでスライドレールのカスタムも。

Profile of the car
アメ車を象徴するピックアップの元祖

シボレーが初めて、ピックアップトラックを発表したのは1920年代。しかしそれはクラシックカー然としたもので、現代的なユーティリティを持つトラックとしては、’40年代に登場したフォード・Fシリーズに先を越されてしまった。

ようやくGM(シボレー&GMC)がフルサイズボディの、現代的なピックアップトラックを発表するのは、1960年になってから。2WD(後輪駆動)モデルはCシリーズ、4WDモデルはKシリーズと称され、Fシリーズと人気を二分していく。

ここに紹介するのは、GMCブランドからリリースされた、初代のCシリーズモデルであり、ピックアップの元祖とも言える存在だ。

■取材協力:スカイオート
所在地:埼玉県越谷市南荻島708-1
TEL:0489-76-1235
http://www.skyauto.co.jp

スカイオート、埼玉県越谷市

■Text & Photos|アメリカンビンテージカーマガジン

アメリカンビンテージカーマガジン VOL.4


関連記事

  1. 1970 プリマス サテライトワゴン、1970 プリマス ロードランナー 同じフェイスでもキャラクターの異なる2台の魅力 ロードランナー&…
  2. GMC Yukon Denali、GMCユーコンデナリ カジュアルにも使える豪華装備充実のデナリ
  3. _N6I9780_opt BOSS302カムを搭載したフォードトリノGT / マリーナブル…
  4. DSC_1493_opt フォードのセダンピックアップ「ランチェロ」という選択 フォードラ…
  5. 01_AZR_MainA2_opt アメリカンの匠が提案する2つの幸せな選択肢 1969年型 シボレ…
  6. 3M7A1237-1 ベルエアの中でも非常に希少な4ドアスポーツセダン
  7. 1967y ポンティアック GTO、1967y PONTIAC GTO 優美なルックスを持つマッスルカーのパイオニア 1967y ポンテ…
  8. _B0V1010-1 休日のアシに活躍する〝惚れるカマロ〟1970y Chevrole…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×