GMC

家族の理解は得られなくとも我が道を行く シボレーアストロ / サファリで窓がないことが一番のウリ!! GMCサファリ

000

やっぱりASTROが好きなんじゃ!!
1993 CHEVROLET ASTRO

家族の理解は得られなくとも我が道を行く

2017年の4月に99年型から93年型に乗り換えたという田邊さん。普段街中ではまったく見掛けることのない旧マスクだけど、今回これだけの台数が集まったことは珍しい。愛車は改善するべき箇所が満載だったようで、そのために不動車を見付けた田邊さんは、ガソリンタンクから始まり、インジェクションや点火系などをDIYで移植し、現在の状態にまで仕上げたとのこと。とはいえ、まだまだ手直しが必要な気配ではあるけれど、一番の問題はコッチじゃないですかね。「家族の理解が得られない…」というのはちょっとさみしい限り。すべてを理解しろとは言いません、ほんの少しだけでもお願いできませんかね(笑)。


OWNER Toru Tanabe

DSC_5930

やっぱりASTROが好きなんじゃ!!
1993 GMC SAFARI

サファリで窓がないことが一番のウリ!!

93年型の旧マスクでも、アストロではなくサファリというのが珍しいだけでなく、カーゴバンっていうところも希少なポイント。愛車に選んだ理由も「サファリで窓がないこと」がポイントであり、気に入っている部分でもある。ちなみに現在のアストロの乗り方としては、オリジナルのまま乗る、またはオリジナルに戻す、コマーシャルビークル的に窓を埋めてパネル風にするといった傾向があるなかで、I.S.Mさんのサファリは素のままでイケるのが利点。あとはそこからどんな風に煮詰めていくかだけなのだが「見えないところばかりカスタムしている」とのこと。しかし、ヤレた感のあるエクステリアはそのままでも雰囲気があって良いと思う。



OWNER I.S.M

DSC_6017

■Text & Photos|アメ車MAGAZINE

アメ車マガジン 2018年 4月号掲載


関連記事

  1. 1969 CHEVROLET EL CAMINO SS396 巡り巡って覚醒させる運命を感じた憧れのエルカミーノSS396
  2. DSC_5785 他国のトレンドに左右されない唯我独尊こそマッスルカーの魅力!
  3. シボレーS-10、CHEVROLET S-10 狭い道も余裕の実用性に長けたサイズ感とネイティブな雰囲気が魅力の…
  4. DSC_7001 ブラック×ゴールドのサウススタイルで魅せる!シボレーアバランチ
  5. 2006 Chevrolet Express 2500 Van ムーンアイズのアメリカンな魅力MAXのエクスプレスバン
  6. 2013 シボレーカマロRS、 ノーマルに敢えてこだわってカマロの走りを堪能する
  7. 1960 CHEVROLET IMPALA / 1936 FORD ROADSTER 60年型インパラと36年型フォード・ロードスターの2台を所有しア…
  8. CHEVROLET CAMARO RS 巨大なGTウイングなどを装着し、レーシングカー的なオーラを纏うカ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×