クライスラー

ミニバン大国の日本市場 本場流で差別化を図る クライスラーパシフィカ【BUBU横浜】

DSC_5361

街中を見渡せばミニバンばかりの日本。何せ日本メーカーが積極的に販売しているためこういった状況となっているのだろうが、それでは誰かと同じで個性が埋没してしまう。日本でミニバンブームの火付け役となったのはアメ車であることはお忘れだろうか。アメリカには洗練されたミニバンもラインナップしている。差別化を図るのであればアメリカンミニバンをオススメしたい。

BUBU CALIFORNIA DIRECT
2017 CHRYSLER PACIFICA TOURING L

DSC_5361_01

アメリカンミニバンの先駆者は健在

街を歩けばミニバンを見ない日はないというほど、ミニバンに溢れている日本。車内が広く、多人数が乗れて、荷物もたくさん積める、1台でマルチに活躍してくれるとあって大人気というわけだが、この流れのキッカケとなったのは紛れもなくアメ車(アストロ)なのだ。だが、そんな日本の状況とは正反対にアメリカではミニバンが減少傾向にあり、ビッグ3の中でミニバンをラインナップしているのは、このカテゴリーの先駆者であるクライスラーだけだ。バン全体を見ればフルサイズも見直されている状況だけに少しさびしい限り。ここで紹介するのは唯一生き残ったクライスラー・パシフィカである。モデルイヤーは2017年で、この年からモデルチェンジしてそれまでのタウン&カントリーからパシフィカという新ネームが与えられている。リニューアルしたパシフィカだが、何と言ってもエクステリアデザインがスタイリッシュに変貌を遂げている。同ブランドの200などと同じデザインを採用して、とにかくスタイリッシュだ。そんなエクステリアに魅了されつつも、やはりミニバンである以上使い勝手が良くなければライバルの上を行くことはできない。だが、インテリアもエクステリア同様に洗練されたデザインとなっているだけでなく、2列目と3列目シートが床下にスッポリと収納できる「ストウンゴー」が旧モデルからそのまま継承されており、シートを脱着することなく用途に合わせてアレンジできるのはうれしい機能である。もちろんどのシートに座ってもゆとりがあるため快適性もバツグン。日本製ミニバンとは違う、アメリカンミニバンの良さをぜひ味わってもらいたい。

ボディ形状はこれまでのタウン&カントリーから大きく変わっていないが、四隅を曲線的に仕上げていることで、これまで以上にスタイリッシュな印象。さらにフロントフェイスはクライスラー・200と同じデザインを取り入れたことで洗練された雰囲気が漂っている。

DSC_5273

インパネ周りのデザインはエクステリア同様に洗練された作り。ミニバンらしくスペースにもゆとりがあり、コンソールも収納力に優れ、ファミリーで使うに申し分ない仕立てとなっている。

シートはレザー張りで1脚それぞれにゆとりがあるため、どこに座っても快適にくつろげる。2列目と3列目のウインドーにはブラインドが装備されているなどの配慮がなされている。

クライスラー製ミニバンの最大のアピールポイントは、2列目と3列目シートが床下にスッポリと収納される「Stow ‘n Go (ストウンゴー)」。これによってフロアはフルフラットとなり、圧倒的な積載空間を作り出すことができる。

両側のスライドドアはもちろん電動式。ドアノブ先端のスイッチを軽く押すだけで開閉するため、小さな子供でも操作しやすい。ちなみにラゲッジドアも同じく電動式だ。

DSC_5289

エンジンは最高出力287hp、最大トルク36.2㎏-mを発生する3.6ℓ V6ペンタスターを搭載。これに組み合わされるトランスミッションは9速AT。

■Thanks:BUBU YOKOHAMA

tel045-923-0077

http://www.bubu.co.jp

■Text & Photos|アメ車MAGAZINE

アメ車マガジン 2018年 3月号掲載


関連記事

  1. DSC_8188 憧れ続けたアメ車を購入 シボレーアストロ AKI ☆ アメマガガ…
  2. クライスラー300C、CHRYSLER 300C MOPARを象徴する色を組み合わせ、個性だけでなく実用性も追求す…
  3. フライトライナートーマスビルト スクールバス トラックをベースにした全長10mのスクールバス【フライトライナー…
  4. DSC_6625 従来のアストロとは別物 気分はHOT ROD!! シボレーアスト…
  5. JLラングラー、エルフォード、MEIWA JLラングラーをより一層スタイリッシュに!
  6. 1996y DODGE RAM VAN 遠出からサーフトリップまでラムバンが大活躍!
  7. 2010 CHRYSLER 300C SRT8、2010 クライスラー300C SRT8 300Cにマグナムフェイスをスワップし 24インチを収める究極加…
  8. 1996y CHEVROLET ASTRO、1996y シボレーアストロ ピットインアクツは、オーナーの要望に答えてワンオフパーツを次々と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×