クーペ

青×黒のマッスルドッキング! シボレーカマロ

01

快速マシンのボディカラーを注入

青×黒のマッスルドッキング!

速いクルマが大好きなオーナーの憧れのモデルである、GT-Rのボディカラー・ベイサイドブルーを愛車カマロに注入。青と黒のコンビネーションにより、カマロのカスタムポテンシャルの高さが見えてくる。

01

ガルウイング、インテリアブルーなど進化は続く!

好きなカラーは人それぞれだ。例え広島が本拠地のプライムガレージとはいえ、カープレッドばかりをボディカラーに押し付けるわけにもいかない。13年型カマロに乗るオーナーの川上さんは、速いクルマが大好物。その最たるモデルが、ニッポンが誇る最速マシンGTーR。そのボディカラーとして設定されているベイサイドブルーをカマロに取り入れた。決して、横浜ベイスターズに憧れているのではない(笑)。このブルーのボディカラーを取り入れるにあたり、注意したのが全体シルエットの色使い。使うカラーはブルーとブラックの2色。リアデュフューザー部分のブラックをあえて残し、フロントにブラックのリップスポイラーを装着し、ブルーのボディにコントラストを追加。エンブレムやナンバーフレームといった部分もスムージングするなど、徹底的にシルエットにこだわっている。ホイールはアシャンティ・502の22インチ。車高調により、走行に支障のない限界のロースタイルだ。インテリアは、ブラックのレザー&アルカンターラのコンビに張り替え。いずれはブルーに張り替えという野望もあるようだ。川上さんは、カマロに乗り換える以前はエスカレードを所有し、28インチホイールを組み込むなどカスタムへの意欲は高い。今後このカマロは、さらなる上を目指し進化する予定。カスタム界ではややパッとしないカマロだが、強いこだわりと手法によっては、まだまだ面白くなりそうだ。

02

オールペンしたボディカラーは、日産・GT-Rのベイサイドブルー。ライト類はブラックアウト、ルーフブラックなど、カラーはブルーとブラックの2色でまとめ上げる。

03

リアディフューザーに合わせ、フロント側にもブラックのリップスポイラーを装着して、ボディにコントラストを与えている。

04

ここまでブルーにこだわるならば、インテリアもブルー…といいたいところだが、現在はレザー&アルカンターラで張り替え。いずれはブルーへ。

05
ホイールはアシャンティ・502の22インチを装着。足回りには車高調を組み込み、走りの性能を犠牲にせずロースタイルを演出する。

06
OWNER:川上紘生さん

■写真/高原義卓 ■文/相馬一丈
Produced by P.G MOTORING 084-928-5400


関連記事

  1. CA4R0015 チャレンジャーカスタムに旋風を起こす噂のモデルが次なる一歩を踏み…
  2. 2016y CHEVROLET CAMARO、2016y シボレー カマロ 究極のスラムドスタイルにグラインダー タトゥ―・ゴーストペイント…
  3. 価値観が同じ妻と共に、楽しむアメ車ライフ!
  4. CHEVROLET ASTRO、シボレーアストロ 心臓部にV8エンジンを搭載したモンスターアストロ
  5. CHEVROLET EL CAMINO、シボレーエルカミーノ 16年かけてレストモッドを実施中、まだまだ進化させ究極の1台を目…
  6. 1999 CHEVROLET TAHOE マッチョなタホが似合うボディを手に入れるべくフィットネスに勤しむ…
  7. 2019 シボレー コルベット スティングレイ 3LT コンバーチブル、2019 CHEVROLET CORVETTE STINGRAY 3LT CONVERTIBLE 国内正規ディーラーでは存在しない本国仕様のコルベットコンバーチブ…
  8. ’07 シボレーサバーバンLTZ、’07 Chevrolet Suburban LTZ、アメマガガール サバーバンに乗って、子供と一緒にドライブデート

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×