クーペ

日本仕様が遂に発売開始!!CHEVROLET CAMARO

Chevrolet Camaro (11)

走りの性能も進化した端正な新型カマロ

Chevrolet Camaro (11)

2017年11月11日(土)から、ついにシボレー・カマロの日本仕様が発売開始となる。アメリカ本国ではすでに2016年モデルで新型の第六世代へと切り替わっていたので、日本ではほぼ2年遅れでの切り替えとなる。すでに並行輸入車として新型カマロは日本に入ってきていたが、正規輸入車として、正規ディーラーを通してメーカー保証が受けられるメリットは大きい。また、正規輸入車についても今年の1月から先行予約キャンペーンが行なわれており、その機会に申し込まれたものから順に納車が開始されることになる。新型カマロはアメ車としてのアクの強さは多少抑えられ、端正なカッコ良さを実現した。そうした意味で、正規輸入が開始されて街でよく見かけるようになると、日本国内でも気になる人が多くなる可能性はある。搭載エンジンは2種類、279psの2ℓ直4DOHCターボと461psの6.2ℓV8OHVが用意されている。直4ターボで少し前のV6エンジン並みの出力を実現しているので、V6エンジンはラインナップ落ちしている。これは本国仕様でも同様。もともとカマロはV8よりV6の方が売れ筋となっていたが、そのV6が直4に置き換わった形だ。クーペには両エンジンがあるが、コンバーチブルには直4しかない。アメ車ファンには「V8ファン」が存在するので、直4の方が売れる傾向はあってもV8をラインナップから外すのは今は得策ではないだろう。新型カマロはクルマとしての進化も著しく、大幅な軽量化やカマロとしては初採用となるマグネティックライドコントロールとドライバーモードセレクターにより走りのパフォーマンスも最新モデルに相応しく向上させている。カマロはコルベットの弟分という位置付けがあるためにそうした最新装備の採用には積極的でない部分があるが、確実に進化の跡が見られる。ただし、マグネティックライドコントロールはV8搭載のSSのみの採用となる。

LT RS 2.0ℓターボ 279ps 5,162,400円

コンバーチブル 2.0ℓターボ 279ps 6,026,400円

SS 6.2ℓV8 461ps 6,458,400円


関連記事

  1. 2020 FORD MUSTANG SHELBY GT500 【シェルビーGT500】まさにアグレッシブの極み760hpのモン…
  2. 1968y CHEVROLET El Camino、1968年シボレー・エルカミーノ ボディサイズの割に乗車定員は3名と、ある意味贅沢なクルマと言える…
  3. DODGE CHALLENGER R/T SHAKER、ダッジチャレンジャー R/T シェイカー 60’s、70’sのモパー系を色濃く感じ…
  4. 2019 CHALLENGER SRT HELLCAT REDEYE WIDEBODY デーモンの後を受ける最強モデル ヘルキャット・レッドアイが遂に日…
  5. 1972 Plymouth Gold Duster、1972 プリマス ゴールドダスター アーバンシーンにもマッチするジェントルでモダンなクルーザー
  6. 2018 DODGE CHALLENGER SET HELLCAT ステップアップするオーナー続出中、チャレンジャーの大本命!
  7. 2015y FORD MUSTANG Eco Boost、2015y フォードマスタング エコブースト 話題のRTRスタイルに仕上げ、COBBチューニングを実施!マスタ…
  8. _N6I5767 魅力溢れる80~90年代のアメ車たち【C3 Corvette/C…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×