クライスラー

CHRYSLER 300C CUSTOMIZE 今もっとも輝く主役は300Cだ!【PG MOTORING】

_DSC0638

違和感を感じるボディの謎…
答えは40㎝ストレッチボディ!

_DSC0638

日本で一番300Cのカスタムを熟知し、業界ではカリスマと呼ばれる広島のプライムガレージ。そのカスタムラインナップに加わったレッドボディの300は、今までとは何かが違う…。そう、ボディが長い! 時にはこんな荒業も取り入れて皆を驚かす、それがPGだ!

パッと見は分からないがよ~く見ると確かに長い

 プライムガレージ=300C。
カスタム業界では当然のように語られるこの言葉は、創業以来300Cを徹底的に研究し、細か過ぎるほどのこだわりを求めカスタムを施してきた結果だ。そうした中で生まれたのが、フロント2枚のガルウイングが主流だった時代に世界初の4枚ドアガルウイングとしてデビューしたPGウイングであり、大径ホイールを想定し究極のロワードと安定走行を実現した車高調のPGラグジュアリーダンパーだ。こういった過激なアクションを見せる一方で、ミリ単位のフェンダー加工やホイールオフセットなど、玄人しか分からない超繊細なカスタムも見せる。

だからこそ今回の300Cも、一体何が飛び出てくるのか楽しみであった。ポルシェGTレッドのオールペン、PGウイング、SRTフェイスコンバート、レクサーニグリル、レクサーニフォージド・LF110の24インチホイール、PGラグジュアリーダンパー・ブラックレーベル&エアサスと、PGらしい最高のコーディネートを見せるが、これまでのモデルとの違いは何か…。「木を見て森を見ず」とはこのことで、ボディが長いじゃないか! しかも40㎝も。リアドアが確かにデカイ!リアシートの足もとがオットマン付きのリムジン仕様になるストレッチボディ。確かにこれは今までにないカスタム。今回は思いも寄らぬ荒業に出たPGだ。

_DSC0654

ホイールはレクサーニフォージド・LF-110の24インチ。前後ブレーキはブレンボで強化されている。PGラグジュアリーダンパー・ブラックレーベルにエアサスの組み合わせでロースタイルを演出。

ボディはポルシェGTのレッドでオールペン。ノーマルより40㎝ロングにストレッチされたボディ。リアドアが拡張され重量も大きくなったが、それすらもしっかりと跳ね上げるPGウイングのパワーはさすがだ。

_DSC0647

ベースは05年型5・7HEMIだが、11年型SRTフェイスにコンバートされている。グリルはレクサーニ。

_DSC0661

40㎝ストレッチされた部分はリアシートの足もと。オットマンが装着されて、かなり開放的な空間ができている。

Produced by PG MOTORING
084-928-5400
http://www.pgmotoring.com


関連記事

  1. CA4R0031 日本でもっとも300Cを愛するアメ車女子 進化への情熱は止まらな…
  2. 1970 プリマス サテライトワゴン、1970 プリマス ロードランナー 同じフェイスでもキャラクターの異なる2台の魅力 ロードランナー&…
  3. Plymouth Variant、プリマスバリアント 67年型バリアントに心奪われたヤングガイは、日々のドライブを満喫…
  4. 3M7A1237-1 ベルエアの中でも非常に希少な4ドアスポーツセダン
  5. 1962年 リンカーン コンチネンタル 大統領専用車に採用されたリンカーン・コンチネンタルの4代目モデル…
  6. DSC_8263 惹かれた一番の要因はフロントフェイス クライスラー300C MA…
  7. クライスラー300LTD、ダッジチャージャーSXT、カーズスパーク カーズスパークはアメ車の品ぞろえが豊富なカーショップ
  8. 1964 Chevrolet Chevelle、1964 シボレー シェベル 控えもながらもシンプルで精悍なスタイリングでストリートロッダーか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP