アメマガガールズ

ダッジマグナムを愛車に子育てを満喫。使い勝手に優れるステーションワゴン。

ダッジマグナム、DODGE MAGNUM

ダッジマグナム

DODGE MAGNUM

WOMAN’S AMERICAN CAR LIFE AMEMAG GIRL

使い勝手の良さはもちろんブサカワなお尻も大好き

「16歳の時にクルマに目覚めました♪」というミキさんだけど、よくよく話を聞けば、それよりもさらに前の幼少期の遊びによって、現在に至る流れが形成されている様に思う。そして二児のママとなった今は使い勝手に優れるマグナムを愛車に子育てを満喫。


ダッジマグナムは希少価値の高いアメ車ステーションワゴン

わずか4年の短命に終わるマグナムだがSRT8の市場価値は高い


ダッジマグナム、DODGE MAGNUM

幼い子を持つママには最適なステーションワゴン

二児のママであるミキさんの愛車はダッジ・マグナム。早速話を伺ってみると、ご主人もアメ車乗りでH2を所有しているとのこと。購入したのもH2が先と聞けば、当然ながらご主人の影響を受けて購入したという流れだろうと勝手に推測し、真意を確認してみたのだが「それは違うかなぁ…」と。

彼女がクルマに興味を抱き始めたのは16歳。まだ免許を取得できる年齢に達してはいなかったにも関わらず「クルマ馬鹿」と自負するほど。最初は国産スポーツカーに惹かれ、その後はVIPセダン、そしてアメ車という順番。

ダッジマグナム、DODGE MAGNUM

強烈なインパクトはやはりアメ車でしか醸し出せないと。だが、さらに話を深掘りしていくと、彼女にはお兄さんがいることで小さい頃の遊び相手は男の子ばかり。となれば当然遊ぶオモチャも男の子向けの物ばかり。

中でも当時ミニ四駆が大ブームだったこともあってそれを一緒になって組み立てて遊んでいたとかで、スカイラインGTRを知ったのもこの時だったと振り返る。今に至る流れは幼き頃より形成されたものだったのかもしれない。

そんなミキさんの愛車は冒頭でも述べているとおりマグナム。「子供が二人いるので、ラゲッジの広いマグナムは使い勝手が良いです♪」とのこと。確かにステーションワゴンは使い勝手が良い。なのに現在では3メーカーのカタログからは姿を消してしまっている。

その理由はSUVで代用してってことだと思うけれど、女性からすれば荷物を載せる際には車高の高いSUVよりも、ステーションワゴンの方が断然載せやすい。それとマグナムを選んだ理由はもう一つ。「先輩が乗るマグナムのブサカワなお尻に惚れちゃいました♥」とも。ボリューミーなヒップがたまらないみたい。

ダッジマグナム、DODGE MAGNUM

そんなお気に入りのマグナムだが、スタイルは2018年の2月に購入した時のままだという。しかし、レッドのセンターストライプを入れて、これに合わせてホイールもスポークのインナーだけをレッドにして、インテリアも色を合わせて仕上げたいというのが理想なんだって。

でも本当はマッスルカーが好きらしく、カマロのコンバーチブルに乗りたいとも。それはもう少し子供が大きくなってからでも実現できそうだよね。

まだまだ二人の子供たちは幼いため手が掛かるとあって、マグナムは購入した時のままの状態。しかし、クルマ好きと自負するだけにカスタムには積極的で、もう少し手を掛けてあげたいと。

DSC_2925

OWNER:MIKI


Text & Photos|アメ車MAGAZINE

2018年アメ車マガジン 2月号掲載


関連記事

  1. 2003 DODGE VAN Shorty California Custom ダッジバン・ショーティでちょっとしたアウトドアライフなんてどうか…
  2. 1970 Challenger ド派手すぎる旧型チャレンジャー!これぞ魅惑のストリートマシンスタ…
  3. 2015ダッジチャレンジャーR/T スキャットパック、2015 DODGE CHALLENGER R/T SCAT PACK 憧れのチャージャーに乗るもチャレンジャーのサウンドに一目惚れ
  4. _N6I2600 ハイパフォーマンスMOPARもSPORT名古屋でGetできる!【…
  5. 2016 DODGE CHALLENGER SRT HELLCAT チャレンジャーSRTヘルキャットにクラスリート搭載
  6. DSC_4160 キャンプシーンを彩る頼もしき相棒「ラムバン」
  7. 2011 DODGE CHARGER チャージャーに選んだホイールは24インチのフォージアート
  8. DODGE RAMVAN ラムバンを超える魅力的なクルマはない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×