ステーションワゴン

DODGE MAGNUM RT × SAVINI WHEELS【M・S・T AUTOMOTIVE】

DSC_2112

リーズナブルにハイパフォーマンス
まさにコスパに優れたメイクアップ

DSC_2112

ボトムスに入魂の一発これだけで劇的に進化

優れたメイクアップお洒落はしたい、でもお金はあまり掛けたくない…。アメ車乗りの大多数は良い意味でワガママだが、そんな彼らを満足させるためにMSTオートモーティブが導き出した答え、それが「サヴィーニホイール」。

DSC_2143

カスタムをしなくても十分なほどの存在感を放っているアメ車だが、いざ所有して時間が経過すると、次第に個性を強調したいという欲求が沸々と芽生えてくる。しかしこれが悩みどころで、オリジナルのフォルムは気に入っている、でもイメチェンはしたい。しかもあまりお金を掛けずに…。う~ん、なんてワガママな要求なんだろうと思うかもしれないが、なんだかんだ言ってアメ車乗りであれば誰もが思ったことのある要求だろう。
イメチェンを気付かせるならばオールペンしてボディカラーをチェンジするのがもっとも効果的な方法と言える。だがこれは作業的にも大掛かりで、費用も決して安くはない。ボディがダメであれば次に着目するのはボトムスだろう。やはりお洒落の基本は足もとからってのがテッパンだしね。とはいえホイールだって安いものではない。有名ブランドの大口径ともなれば、その金額は三桁万円に達することもある。いずれにしても、ある程度見栄えに変化をもたらそうとすれば、それなりの費用が掛かってしまうのは致し方ないことなのだ。もちろんそれは分かっていても出来る限り…という人にオススメしたいのが「サヴィーニホイール」だ。
群雄割拠と言えるホイール業界においてもサヴィーニホイールはデザイン性に優れているだけでなく、ラインナップもバリエーション豊か。さらにキメ細かいサイズ設定であらゆる車種に対応と、まさに至れり尽くせり。気になる金額面も他ブランドに比べリーズナブルであれば、選択肢の最有力に躍り出ること間違いなしだろう。しかもカラーも自分好みにアレンジできるとあれば嬉しい限り。
このホイールを主軸としてMSTオートモーティブがマグナムをメイクしたわけだが、そのテーマは「リーズナブルだけどバッチリメイク」。登録も1ナンバーということで、まさにコスパに優れた仕上がり。

DSC_2162

装着したサヴィーニホイールのカラーに合わせて、ブルーをベースに使ったピンストライプがボディ全体に施されている。ボディ全体のカラーを変更しなくてもアクセント効果は絶大。

ヘッドライトはボディカラーのブラックに合わせてインナーブラックタイプをチョイスし、両サイド2本出しのCROSSマフラーを装着して排気効率を高めるとともに、アメ車らしいサウンドを響かせる。

セレクトしたのはサヴィーニホイールのブラックディフォルツア・BM11。サイズはフロントが22×9J、リアが22×10.5Jで、カラーはブラッシュドブルー。シンプルの極みと言える5スポークを取り入れているが、スポークの両サイドに窪みを付けるとともにリムエンドまで伸ばすことによって大径効果を演出している。それにリアは10.5Jを装着していることでコンケーブをより強調。

DSC_2117
DSC_2120

取材協力◆ M・S・T AUTOMOTIVE
TEL.03-5851-8701 http://www.mst-automotive.com

アメ車マガジン 2017年12月号掲載


関連記事

  1. 2012 DODGE CHALLENGER 392HEMI YELLOW JACKET 先輩のアメ車に触発され自分もアメ車乗りへ、実車も見ずに12年型チ…
  2. 1978 DODGE TRADESMAN200 アメリカ西海岸の70’sバニングを彷彿させるダッジト…
  3. 1969 ダッジ チャージャー アウトローでタフなイメージを持つ第二世代チャージャー
  4. 2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK 1320 DRAG-PACK ドラッグレースに徹したスパルタンなチャレンジャー
  5. 2016 Challenger SXT PLUS チャレンジャーの使い勝手の良さに惚れ込み日常の足として使用
  6. 2011 DODGE CHARGER R/T 映画で見たチャージャーに一目惚れ
  7. 2021 DODGE CHARGER SCATPACK WIDEBODY [SMOKE SHOW] チャージャー392HEMIスキャットパックにワイドボディの組み合…
  8. _MG_5043 負けず嫌いの父を触発させ自分もヘルキャットに乗る!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×