オープン

スタイル良し、走り良し、信頼性バツグンのカマロ

1969y CHEVROLET CAMARO、1969y シボレーカマロ

1969y CHEVROLET CAMARO

1969y CHEVROLET CAMARO、1969y シボレーカマロ

EXCITING60’s

ショーカーレベルの完成度を誇りつつ、日常の足として安心して乗れる。そんなコンセプトのもとに創り上げられたこのカマロ。実はエアコン・パワーウインドーの搭載も計画されており、今で言う「プロツーリング」といったモディファイが施されているのだ。

当時最新の手法を採り入れ完成した伝説のカマロ

アメ車マガジンの創刊当初(1999年3月)から連載で製作模様をレポートしていた、この69年型のカマロ。フレームオフして単純レストアするのではなく、当時の最新のアイテムを組み合わせ、現代のレベルまでポテンシャルをアップさせた、レストモッドを施した仕様だ。

とはいえ、いたずらに排気量を大きくするのではなく、当時のオプションで設定されていた396(実は分解すると中身は408だった!)に合わせ、408に換装。そのポテンシャルを確実に路面に伝えるために、前後のスプリングをガルストランド社製に交換。ショックはKONIだが、ガルストランドの専用チューンが施されたものを組み合わせている。エクステリアはストリートドラッグを目指した内容で、フロントタイヤは165で操舵性を考慮しつつ、トラクションのためにリアは275をチョイス。また、フロントバンパーがボディ同色でリアバンパーがメッキのままというのは、70年代にアメリカで流行ったスタイルをモチーフとしている。

インテリアに目を転じると、追加メーターをビルトイン。シートは敢えてオリジナルのままだが、BEAMSの香山社長は「コンバーチブルボディだから最高速を目指すわけではないし、イベントとかに安心して乗って行ける仕様だね」という。これは昨今のビンテージカーでは良く言われるが、今から20年近く前にその手法を採り入れていたBEAMSの姿勢には、驚くばかりだ。

ボンネットはFRP製に交換するが、敢えてコルベットのL88スクープを採用。フロントバンパーはビビッドなオレンジのボディ色とマッチペイントとしている。足回り、インテリア、幌は対照的にブルーにペイント。リアバンパーのみ、クロームを残すのが70年代のアメリカで一世を風靡したスタイルなのだ。

1969y CHEVROLET CAMARO、1969y シボレーカマロ

1969y CHEVROLET CAMARO、1969y シボレーカマロ

エンジンは408のビッグブロックに換装。キャブはホーリーのダブルポンパー、インマニはエーデルブロックのビクタージュニアで、キャブが斜めになっている。各部のホースはイベント時にはステンメッシュにするが、日常ではメンテしやすいゴムホースを使用。ちなみにヘダースをフッカーの一番太いものにしているため、オイルフィルターを取り外しやすくするために移設。また長距離を走る際にはディーゼル用の大きなエレメントに交換し、オイル容量に余裕を持たせる。サスペンションは前後スプリングをガルストランドに、サブフレームはチャーシースワークス製を追加。レイクウッドのトラクションバーと純正オプションのポジトラで、エンジンパワーを確実に路面へと伝える。

シートはオリジナルのままで、張り替えを実施。インパネは内外装の両方の色を採り入れ、ツートンで仕上げる。メインメーターの右側は元々燃料計であったが、大型のタコメーターに変更。インパネ中央の4連メーターは、ドライバーが視認しやすいように少しずつ角度を変えて埋め込むほどのコダワリようだ。

アメ車マガジンの創刊当初から、このカマロのレストア記事を掲載していたことを知っている人も多いことだろう。当時の最新技術を盛り込み完成したものだが、今見ても十分に魅力的なモディファイを行なっているのがポイント。ビンテージマッスルカーを得意とするBEAMSだからこそ成し得た業だ。

カスタムはもちろん、ドラッグレースやロッククロウリングなど多岐にわたるレース活動のノウハウを持つ老舗プロショップ。アメ車全般が専門であるが、中でもビンテージマッスルカーやJEEPには特に造詣が深い。

■取材協力:ビームス(http://www.beams-co.jp)

■Text & Photos|アメ車MAGAZINE


関連記事

  1. DSC_8628 世代によって個性が異なる、シボレーのピックアップ
  2. The 2017 Camaro ZL1 is poised to challenge the most advanced performance cars in the world in any measure  Ewith unprecedented levels of technology, refinement, track capability and straight-line acceleration. A cohesive suite of performance technologies tailors ZL1’s performance, featuring an updated Magnetic Ride suspension, Performance Traction Management, electronic limited-slip differential, Custom Launch Control and Driver Mode Selector. The ZL1 Convertible’s modular underbody bracing provides the same sharp, nimble handling as the coupe, while its fully automatic top can be raised or lowered with a single button while driving up to 30 mph, or lowered remotely with the keyfob. 最強のカマロがさらに最強になった!ヘルキャットも凌駕する!? 2…
  3. DSC_3209 ついに時代が動き出す!熱い時間がやって来た!俺たちが愛するC/K…
  4. 3M7A1237-1 ベルエアの中でも非常に希少な4ドアスポーツセダン
  5. 2018 Chevrolet Silverado 1500 High Country、2018 シボレーシルバラード 1500 ハイカントリー 女子ウケもバツグンのシルバラードにズームアップ!!
  6. 1969年 クライスラー・インペリアル デビューしたのは、なんと1926年。MOPAR 最高級のプレミア…
  7. 2 漆黒のごとく深い艶を放つシェベル。そのコンセプトはマイアミから生…
  8. 2012 CHEVROLET CAMARO、2012 シボレーカマロ すべて面倒を見てくれる救世主の存在が、想像以上のカマロを生み出す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×