シボレー

何とも言えない個性的なスタイリングが最大の特徴と言えるシボレーC10

B0V8232

 1969y CHEVROLET C10 CTS

1969y CHEVROLET C10 CTS

EXCITING60’s

味わい深いスタイルはそのままに快適装備を充実!

何とも言えない個性的なスタイリングが最大の特徴と言えるシボレーC10。多くの人を魅了して止まないが、運転するのは大変なのでは?そんな不安を払拭したのがこちらの車両。味わい深いスタイルはそのままに、運転のしやすさに加え快適装備も満載している。

クラシカルなスタイルながら中身は完全アップグレード!

旧車やピックアップを得意とする茨城の「フォードライブ クロスフィールド」。店頭にはC10やエルカミーノを何台も在庫しており、車両はもちろんパーツをアメリカから取り寄せることも可能だ。そんな同社がイチオシするのが、この69年型のシボレーC10CTS。元々は350エンジンを搭載していたが、これを同じ排気量ながらZZ4に換装することで、最新のクルマにも引けを取らないポテンシャルへとアップグレードしている。もちろんエンジンだけでなく、足回り、ステアリング形式などにも手が加えられており、形こそクラシカルだが中身は最新モデルと言っても差し支えないレベルだ。

事実、エンジンやミッションは新品の状態で、ボルトや各部のゴム類も徹底的に新品に交換済み。基本的にはオリジナル状態を保っているが、エアコンの装着や窓の電動化など、装備面でもアップグレードされているが、雰囲気を損なわないよう配慮されてもいる。またエアサスペンションに変更することで、日常の使い勝手を犠牲にすることなくスタイリングも追求。当時は実現できなかった理想的なカスタムを施している。

コツコツレストアするのも楽しいが、最初からキチンとメンテナンスされていれば、安心感は格別というもの。個性的だが気兼ねなく運転できるアメ車を、フォードライブ クロスフィールドは今後も提案し続けてくれることだろう。

1969y CHEVROLET C10 CTS

鮮やかなイエロー&ホワイトのボディカラーは、まさに夏の海が似合いそうな装い。シボレーの純正色でオールペンを施しているので、オリジナルのまま? と思うほどマッチしている。ボディが着地するほどの低いスタイリングを実現しているが、エアサスに変更されているので実用性は全く損なわれていない。ベッド部分はウッドに、またゲート部をスムージングすることで、さり気なく個性を引き出している。ちなみにヘッドライトは雰囲気を重視し、敢えてハロゲンのままにしている。

1969y CHEVROLET C10 CTS

1969y CHEVROLET C10 CTS

オリジナルのエンジンは350。これを排気量こそ変わらないが、ZZ4エンジンに換装することで、355hp/5000rpm・55kg-m/3500rpmまでポテンシャルをアップ。とはいえ、いたずらにビッグパワーだけを追求するのではなく、普通に乗れることが最大のコンセプト。

通勤から休日のパートナー役まで1台でこなせるよう、ステアリングはラック&ピニオンに変更。またエアコンの追加、ラジエターのコア増し+電動ファン装着など、近代化が図られている。ちなみに、バッテリーはオプティマのイエロートップをチョイス。高性能はもちろんだが、ボディカラーとのマッチングも考慮したとか。

見えない部分にもコダワリが盛り込まれる。355hpというと少々身構えてしまうが、いざ走り出してみると意外なほどマイルド。現代のクルマと比べるとステアリングは少々曖昧さを感じるが、そういうものと割り切り慣れてしまえばどうということもない。グラスエリアが大きく、運転席のすぐ後ろにリヤウインドがあるので、独特の開放感を得られる。パワーを目一杯引き出して走るよりも、ビーチラインを自分のペースで気持ちよくクルーズするのが一番お似合いだ。

インパネは基本的にオリジナル。これにファクトリーエアコンを追加するが非常にスッキリとしているので、一見しただけでは気づきにくい。スピーカーもなるべく目立たない位置にセットしており、助手席の下にはCDチェンジャーを装備。シートは社外品に交換しているが、クラシックなステッチをチョイスすることでオリジナルの雰囲気をキープする。ちなみにドアの内張りや細部のゴム、ネジといった細かい部品まで新品に交換済み。しかも窓を開閉するレギュレターハンドルは、手巻き式のままでありながら、パワーウインドー化されるなど、随所にコダワリが盛り込まれている。

C10の燃料タンクは、シートのすぐ後ろにある。社外品のシートに交換しているが、安全性や居住性を向上させるために燃料タンクをボディアンダーに移設。そのため、ベッド部分にフューエルリッドを新設するが、こちらも目立たない形状を採用している。

オリジナルのサスペンションは前後コイルスプリングだが、これをハイスピードエアサスに交換。乗り心地やクルマの性能を損なうことなく、スタイリングも追求する。ホイールはビレットスペシャルティーズで、ビッグパワーを確実に路面に伝えるハイパフォーマンスタイヤのTOYO PROXESS ST II(F:255/40R20・R:285/40R22)を組み合わせる。高出力化に合わせ、パワーブレーキ&ディスク化も実施。クルマのバランスも考慮した内容に仕上げられている。

40年以上の歴史を誇るフォードライブ クロスフィールド。アメ車を積極的に手掛けるようになったのは約12年前で、当時はK5などがメイン。その後トラックやJEEPも扱うが、最近では旧車がメインとなりつつある。

フォードライブクロスフィールド

フォードライブクロスフィールド

フォードライブクロスフィールド

■取材協力:フォードライブ クロスフィールド【http://www.fourdrive.jp】

■Text & Photos|アメ車MAGAZINE


関連記事

  1. DSC00781 1950年に発表されたベルエアー、シボレーの名を冠した高級モデル…
  2. '68 CHEVROLET CAMARO クルマは走ってナンボ外装のレストアは最後!!
  3. 1969 Plymouth Road Runner、1969 プリマス ロードランナー 激レアなプリマスロードランナー・コンバーチブル
  4. 2019 Ram 1500 Rebel GM・FORD・RAMの最新動向は?今注目のHOT MODELが…
  5. DRUGSTAR 1967 Chevrolet El Camino ドラッグ用に徹底的にカスタマイズを施したエルカミーノ
  6. 1968y CHEVROLET El Camino、1968年シボレー・エルカミーノ ボディサイズの割に乗車定員は3名と、ある意味贅沢なクルマと言える…
  7. フォード F150 ラプター 本気でラプターが欲しいアナタに新旧&第3の選択肢を提案する
  8. CHEVROLET EXPRESS CUTAWAY マニアックなアメ車コレクターがゴキゲンなパーティーバスを製作

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×