ダッジ

圧倒的な走行性能を手に入れた図太い咆哮を放つ獰猛な雄羊 ダッジラムSRT-10【8282 STYLE cars】

DSC_6328

もっとアメ車で遊べ!
情熱のTRUCK
今注目のHOT MODELが大集結
2018年はトラックに乗る!
2005 DODGE RAM SRT-10 YELLOW FEVER

筆者が初めてラムSRT-10を目にしたのはセマショーの会場だった。「何て面白いクルマなんだ!!」という思いを抱いた、その数年後には現実となり、アメ車ファンを驚愕させた。だが、生産はわずか3年で終了してしまったため、存在は貴重である。

DSC_6408

バイパー譲りのモンスタートラック

現在は単独のブランドとして区分けされているが、ダッジのアイデンティティをしっかりと継承し、独特の存在感を醸し出すラムトラック。その中でも特筆すべきはやはりこのモデルだ。そう「ラムSRT‐10」。このクルマは、ダッジ・バイパーチームとモパー・パフォーマンスチームが手を組んで製作したハイパフォーマンストラック。500hpを発生する8.3ℓのV10ユニットは、あのバイパーに搭載されているエンジンと同じモノで、本物であるかことを証明するかのごとくヘッドカバーにはVIPERのロゴをあしらう。ボディバリエーションはレギュラーキャブとクワッドキャブの2タイプが用意されているが、レギュラーキャブは6速MT、クワッドキャブは4速ATということで、操るという点ではやはりレギュラーキャブを選択したい。さらにエクステリアは、SRT‐10専用のグランドエフェクトを纏うだけでなく、22インチホイールにブレンボ製ブレーキを装備するなど、ピックアップとは思えないほどマッスルな装い。一方インテリアは、赤いエンジンスターターボタンにサブメーター、バケットシート、ハースト製シフターが装備され、こちらもバイパー譲りの仕立てが施され、スポーツマインドを掻き立てる。ちなみにSRT‐10は2004年から2006年モデルまでの3年間しか製造されておらず、総生産台数は1万台以下。イエローフィーバーに限ってみれば、500台限定の内、レギュラーキャブが200台、クワッドキャブが300台で、撮影車両は200台の内の1台ということになり、まさに希少な、いや貴重なモデル。それだけに数年後にはプレミア価格で取引されるかもしれない。投資として所有するのも悪くない。

DSC_6607

SRT-10だけに纏うことの許されたエアダムは、圧倒的なパワーを生み出すエンジンを冷却するためのエアスクープ(両サイドは後付け)にグランドエフェクト、リアスポイラーを装備。マフラーは純正仕様でもデュアルタイプが装着されているのだが、撮影車両はマグナフローに交換されており、図太いサウンドを響かせる。

特筆すべき箇所はエンジンだけでなく足回りにもおよび、305/45R22の大径タイヤ&ホイールをセットするとともに、その奥にはブレンボ製ビッグキャリパーと380㎜のドリルドローターを忍ばせている。

ラムSRT-10の目玉というべきはこのエンジン。バイパーから移植されたユニットは、8.3ℓの水冷V型10気筒。5600回転で500hp、4200回転で72.6㎏-mを出力するというケタ違いのモンスター。赤く染まったヘッドカバーとVIPERのロゴが本物である証拠だ。

DSC_6286

ピックアップトラック、しかもレギュラーキャブということでベンチタイプであるが、そこはやはりSRT-10だけにバケットシートを採用。ヘッドレストにはSRT-10のロゴが刺繍され、ホールド性もバッチリ。

ハースト製のシフトレバーに追加メーター(油温計)、それに赤いエンジンスターターボタン、これらはSRT-10だけに特設された装備で、インテリアはスポーツマインド溢れる作りとなっている。また、撮影車両は500台限定モデルのイエローフィーバーということで、センターパネル下部のプレートにナンバーを刻む。

DSC_6269

DSC_6487

SHOP INFO

8282 STYLE cars【8282スタイルカーズ】
●所在地/埼玉県飯能市双柳1353
●TEL/04-2970-1005
●URL/http://8282style.com

■Model:葵井 えりか

■Text & Photos|アメ車MAGAZINE

アメ車マガジン 2018年 4月号掲載


関連記事

  1. 2018ダッジデュランゴSRT、2018 DODGE DURANGO SRT 2018年型ダッジ・デュランゴは3列シートを備えた世界最速モデル…
  2. 2013y DODGE CHALLENGER SRT8 HPE600、ダッジチャレンジャーSRT8 マッスルというよりも「スポコン」的な要素を入れた独自路線を突き進…
  3. Nissan Titan、日産タイタン コンフィデントが手掛けたニッサン・タイタン。オールシーズンで楽し…
  4. 2019 Ram 1500 Rebel GM・FORD・RAMの最新動向は?今注目のHOT MODELが…
  5. 2004y FORD F150 LARIAT 4WD どうせ乗るならトラック4×4、アメリカントラック代表格のひとつが…
  6. 735 900hpを超えた超モンスター SRTヘルキャットチューニング【…
  7. AM3I0151 チャレンジャー愛が溢れる、注目の2人が初対談!!【LUXZ 代表…
  8. ラグジ、立花未来 立花未来チャレンジャーカスタム計画 プロデュース by LUXZ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP