シボレー

ブラック×ゴールドのサウススタイルで魅せる!シボレーアバランチ

DSC_7001

もっとアメ車で遊べ!
情熱のTRUCK
今注目のHOT MODELが大集結
2018年はトラックに乗る!
CHEVROLET AVALANCHE × CANDY GOLD

ワルそうな顔を一層際立たせる絶妙なカラーコーデが肝!

リフトアップかスラムドかの二択中心のトラッキンカスタムではあるが、車高を変更せずに強烈なインパクトを放つ個性派の登場。そのカラクリは巧みなカラーコーデにアリ!

DSC_7047

両極端な色を巧みに使いこなすセンス

完全着地やモンスタートラック並みのハイリフトが数多く存在し、アメ車の中でももっともハイレベルなジャンルと言えるトラッキンカスタムシーン。しかし、ベースがトラックだからとそのジャンルにこだわる必要などない。紹介するアバランチはまさにその代表例であり、ベースがなんだろうがお構いなくビッグリムをご機嫌に履きこなすことから始まったサウススタイルだ。マイアミが聖地とされるこの特殊なカスタムスタイルの発祥は、ローライダーからの延長戦だの、ラグジュアリーカスタムの名残りだのと噂されるが、どれも書き手の印象からくるもので、サウススタイルは独自のカスタムジャンルとして何かの延長戦ではなく、大口径をいかにセンス良く履きこなすかに徹するのが醍醐味。このアバランチはDUB SUAVE26インチのゴールドリムを履きこなすべく、グリルやドアノブ、エンブレムなどのクロームパーツをそれに合わせてキャンディーゴールドへと一新。ボウタイロゴはあえてブラック×ゴールドの縁で仕上げ、カラーバランスをセンス良く整えている。実はこのカラーバランスが特筆物。ゴールドはクロームに比べて個性が強すぎることから組み合わせが難しい色とされる。ベースカラーが漆黒のブラックとなれば一層ゴールドが際立ってしまうため、この配色をいかにしてセンス良く纏めるかは至難の技。ブラック×クロームだとラグジュアリー系の定番。オーソドックスなカスタムではなく、もっと個性的にアバランチを彩りたい! と果敢にチャレンジしたのがブラック×ゴールドだった。唯一残念だったのが撮影直前に水が入ってしまいスモークテールから既製品へ変更したこと。これはいずれインナー加工で改善予定との話だ。現状の26インチでも十分なインパクトではあるが、今後30インチか32インチをぶち込むのが目標と語る心さん。究極のサウススタイルを目指してぜひともチャレンジして欲しいものだ。

DSC_7001

フロント、サイド、リアと、どのアングルから見てもブラック×ゴールドのカラーバランスがセンス良くまとまるアバランチ。インナーブラックのイカリングヘッドライトによる悪そうなフェイス回りに合わせて、現状既製品のテールレンズのインナー塗装を検討中。

DSC_7061

OWNER Shinさん

DSC_7034

■Photo&Text:石井秋良

アメ車マガジン 2018年 4月号掲載


関連記事

  1. Nissan Titan、ニッサンタイタン 特殊塗料LINE-X を用いてタイタンをクールにアピール!
  2. 1998 CHEVROLET TAHOE、1999 CHEVROLET TAHOE レーストラック流の味付けで90年代モデルの魅力をブラッシュアップ…
  3. IMG_0861 人気上昇中の旧マスク・アストロを レトロポップに乗りこなす!【ピ…
  4. 2020 GMC SIERRA / 2019 CHEVROLET SILVERADO 強烈なインパクトを放つシエラとシルバラードをロックオン!
  5. 2011 TOYOTA SEQUOIA / 2013 JEEP WRANGLER UNLIMITED 本場流の最先端カスタムを地で行くセコイア&ラングラー・アンリミテ…
  6. _N6I3769 様々なアメ車を乗り継ぎ、シェビーバンでラットスタイルに到達!
  7. CHEVROLET CHEVELLE NOMAD、CHEVROLET SUBURBAN シンプルなシェベルとアメリカンなリフトアップサバーバン
  8. 1969 Chevrolet Camaro、1969 シボレー カマロ スタイリングを含め完成度の高い初代カマロ最終69年型

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×